【 更新情報 】

売れ筋チェック!
ウェグナーの北欧家具売れ筋一覧へ

ウェグナーの椅子人気は?

ウェグナーは500脚もの椅子をデザインしています。
ウェグナーの生み出す椅子は見るものを魅了するほどの美しさの中にも
職人としてとことんこだわった伝統的な技術と綿密に計算しつくした機能性とを
兼ね備えています。
Wegnerの椅子は世界中で高く評価され、最も有名な北欧家具デザイナーの1人です。


それではウェグナーの椅子はどういったものが売れているのでしょうか?
最も売れているのは、ナチュラルカラーのカールハンセン社のYチェア。
材質はビーチ材が最も売れています。
ビーチ材のYチェアは最も安いです。
ついで、メイプル材やアッシュ材が人気です。

濃い色のウェグナーの椅子では、チーク材が最も人気だったのですが、
安定した材料が獲られていないため、チーク材やマホガニー材の椅子は
PPモブラー社のザ チェア等をはじめとして、生産を中止しているメーカーもあるため、
チェリー材に人気が出ています。チェリー材はチーク材と近い特質をもっています。

最近のウェグナーの椅子は、カールハンセン社のYチェア等、ウォールナット材が
多く出てきています。ウォールナット材のYチェアは現在供給が安定しているため、
お勧めです。




ウェグナーの家具の特徴

ウェグナーはデンマークの代表的な家具デザイナーです。北欧家具は木質を
生かしたナチュラルなフォルムで世界的に評価されています。
北欧家具全盛期の1940~50年代に活躍したハンス・ウェグナーの家具は
アルネ・ヤコブセンやボーゲン・モーゲンセン、ニールセン・フィンジュールなどの
デザイナーの北欧家具とともに、世界中の人々に、こよなく愛されています。

ウェグナーの北欧家具の最大の特徴は、洗礼されたモダンなデザインの美しさと、
機能性を兼ね備えているところです。
Wegnerの椅子はとても丈夫でそして座り心地が抜群です。これは彼のデザインする
椅子は、デンマーク家具の伝統的な手法と家具職人としての妥協のないiこだわりにより、
細部まで配慮した上でデザインされているためです。

ウェグナーの代表的な家具には「Yチェア」「チャイニーズ・チェア」」「ザ・チェア」等があり、
いずれも 木質を生かした美しさ、が特徴です。木質を生かしたウェグナーの北欧家具
日本のインテリアにも良く似合います。

ウェグナーのYチェアの極上の座り心地の理由は?

ウェグナーのYチェア

Wagnerの椅子の中でも最も有名なのがYチェアです。

Yチェアは背もたれの部分がYの字になっているため、その名がついています。
中国の僧侶が用いる曲ろく(僧が法会の時に使う椅子の一種)から
ヒントを得てデザインされています。

Yチェアは見た目の美しさのみならず、座り心地の良さにもウェグナー
強いこだわりが反映されています。

Yチェアが座り心地が良い理由は、座枠を前後左右を段違いに設計
されているためです。
段違いにすることによって、脚との接合部がより強固となり、椅子の耐久性が
高まるとともに、段差がペーパーコードで手作業で編み上げられた座面を
よりなだらかな曲面に仕上げることを可能としているのです。


P R
カテゴリアーカイブ