美容外科の歴史

March 15 [Sat], 2014, 14:07
左右の口角がへの字型に下がっていると、皮膚の弛みはじわじわと酷くなります。明るく唇の両端を上げて笑顔を心がければ、たるみも防げるし、何より見た感じが素敵になりますよね。
よく美容の雑誌や本には、小顔や美肌、ダイエットにも効くし、デトックス作用、免疫力の向上などなど、リンパの流れを促進すればすべて叶えられる!という楽天的なフレーズが掲載されている。
特に就寝前の歯みがきは大切蓄積されたくすみを取り除くため、寝る前は丁寧に歯みがきをしましょう。ただし、歯磨きは何回も行えば良いわけではなく、1回のクオリティを上げることが肝心です。
明治末期に外国から帰ってきた女性たちが、洋風の髪、洋風の格好、洋風の新しい化粧品・美顔術などを日本に紹介して、これらをまとめた日本語のひとつとして、美容がけわいの後釜として使われ始めた。
本国の美容外科の歴史では、美容外科が「紛れもなく正当な医療」であるとの見解と地位を手中に収めるまでに、思いのほか長い月日を要した。



美容外科(Plastic Surgery)が欠損などのない健康な身体に外科的な処置をする医療行為だとはいえ、やはり安全性への意識が万全ではなかったことが大きな原因だと考えられているのだ。
夏、長時間にわたって紫外線を浴びたときにダメージを小さくする方法を3つ。1.日焼けして赤くなっているところを冷やす2.たくさんローションをつけて潤いを与える3.シミにならないように捲れてきた皮をむいては絶対に駄目
さらに日々の生活のストレスで、精神にも毒素は山ほど蓄積していき、同時に身体の不調も誘発する。この「心身ともに毒まみれ」という不安こそが、多くの人をデトックスに駆り立てているのだ。

http://by67ftu.at.webry.info/201403/article_1.html
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wef43kf
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wef43kf/index1_0.rdf