1日30分の勉強で宅建合格をつかもう 

July 29 [Fri], 2011, 14:45
宅建合格って、受かりやすい資格だと聞いたことありますよね。

でも、いざ、試験に向けて、勉強をしだすと、難しいんです。本当に受かりやすいの?

なんて、疑問に思ったこともあるかと思います。

そして、会社から資格を取れ!取れ!なんて、言われている人も中には、いるかもしれません。

ですが、仕事が終わり、家へ帰ってから、机に向かい、2〜3時間勉強することは、かなりの

強い意志がないと続かないものです。
そこで、ウソのような宅建合格への近道があるんです。

中経出版の「宅建合格塾」で知られる藤本修さんがついに作ってくれたんです。

それは、「1日わずか30分宅建合格マニュアル」です。

藤本修さんの1日わずか30分宅建合格マニュアルなら、2010年度 合格者続出!

合格 できなければ全額返金保証付きです。

専門学校で多くの受験生を 合格させてこられた藤本 修さんからのお知らせですから、1日 30分 時間を確保してあなたも宅建合格を勝ち取ってください。

国内株式型のファンドタイプ 

August 08 [Fri], 2008, 17:17
投資信託の中で、国内株式型のファンドタイプは、東証1部、東証2部、店頭市場など、日本国内にいくつかある株式市場で取引されている株式に投資して、その値上がり益を追及しようとする事を目的としたファンドです。

組み入れる株式の中には、複数の市場に幅広く投資する商品もあれば、特定の市場や業種に絞ったものもあり、それぞれリスクとリターンの度合いも少々異なってきます。
株式型のファンドは、個々の商品の運用方針や投資する対象、組み入れ銘柄をきちんと把握したうえで選ぶのが賢明といえるでしょう。

株式は市場全体の動向や個々の企業の業績などの影響を受ける為、短期的に考えると大きな値上がりが期待できますが、大幅に値下がりするリスクもあります。
しかし長期保有を考えれば株式のリターンも安定化する傾向があるので、一時的な値動きに動じる事なく時間をかけて運用する事が重要です。

商品によっては、ハイリスク・ハイリターンのものもある事から国内株式型の投資信託は、ある程度資金に余裕のある人に向いているのではないかと思われます。

そして最低5年以上保有する事が理想です。
一般的に投資信託は長期で継続的な投資が有利といわれています。

若いうちから老後に向けて蓄えを始めようと考えている人や5年位先にマイホーム等の高い買い物を購入しようとお金を貯めている人には特に向いています。

まとまった資金がなければ、少しずつ積立投資する方法も考えられます。

主婦の在宅ワーク パソコン

FX(外国為替証拠金取引)とはじめ方

転職 転職成功者から学ぶべきポイント


株式公開と企業間競争 

August 07 [Thu], 2008, 17:11
日本の株式会社といっても、非公開会社が、ほとんどです。

「いずれは株式を公開(証券取引所に上場)してやるぞ!」というように、社長さんで株式上場を狙っている人は多いです。
株式を公開するためには会社の業績が良くなければなりません。

それは、たしかに、そうです。
借金だらけの債務超過の会社が上場したら、株主が寄り付いて来ませんし、証券会社も銀行も、うまみが無いです。というか、むしろ時間の無駄です。

ということは、株式上場するためには、厳しい数種の基準をクリアしなければならないというわけです。

逆に言えば、東証一部上場会社です!ということになると、会社の信用もグッと高まります。
厳しい基準をいちおうはクリアして上場できたという「お墨付き」を得たということですから。

しかし、上場後は、その会社をしっかり観察しておかないと、倒産でもしようものなら、株は単なる紙くず・ゴミクズに変貌してしまいます。

この点は投資家は常に目を光らせておかねばなりません。
とにもかくにも、社長さんたちは上場させたがります。

というのは、上記のような信用アップのメリットの他にも、多くの利点が有るからです。
株式を公開することで、会社(企業)は証券市場における流動的な資本を調達することが可能になります。
その会社の株を買う人が沢山出てくれば、需要と供給の関係によって、その会社の株式価格が上昇し、会社持ち株の含み資産が増えて、それを担保に銀行から金を借りて、その金で自分の会社の設備投資を実行しやすくなります。

事業運営または事業拡大のための資金調達がしやすくなるというわけです。

「競争力の強化は、消費者へのサービス競争の強化である」という側面が有ります。その競争の中で、より良いモノだけが生き残ります。

消費者が企業間競争の結果として、より良いものを享受できるようになるというメリットです。

結局、株式の公開は、上場企業にとっての勲章でもゴールでもありません。

株式公開は、厳しい資本主義の競争社会へ本格的に参加するための第一歩と言えます。

JAマイカーローンの金利優遇制度

おしゃべり翻訳機 エスプリライン

金券買い取り価格 金券ショップ案内

FX の投資資金ですが・・・ 

August 05 [Tue], 2008, 9:50
直近で使う予定のある資金をFX の投資資金にする「1〜2 ヶ月で2 倍にしたい」なんていうスタイルは言語道断だと思いますが、1〜5年で使う予定のある資金もFX などハイリスク・ハイリターンだと考えられる金融商品に投入するのは、ちょっと考えたほうがいいかもしれません。

ここには年齢的な要素もかかわってきますし、人生に対する価値観なども深く影響すると考えられるので、一概に「○年以内に使うお金はやめてください」とは言えません。

FX に投入予定の資金は確実に「余裕」資金と言い切れるお金にすることをおすすめします。

レバレッジをきかせる以上、何がおこるかわかりません。

ゼロになる可能性はことを知った上ではじめるべきです。

おしゃべり翻訳機 エスプリライン

金券買い取り価格 金券ショップ案内

自己PR書き方

フルオート・トレーディング・システム 

August 04 [Mon], 2008, 20:42
フルオート・トレーディング・システムって聴いたことありますか?

フルオートとは、「全自動」の意味です。
証券会社の口座を持っていれば、ソフトをPCにインストールして、後は起動させるだけ。

勝手に数千銘柄から最適銘柄を選択し、資金管理、株式の買いと売りまで全自動でやってくれます。

つまり、ホッタラカシの株式投資法です。

最近は、株式だけでなく、日経225先物などでもフルオート・システムが出来ているようです。

どうして、フルオートなのでしょうか?

投資家は自分で株を買ったり売ったりするのが普通です。
投資顧問と契約し、銘柄候補を教えてもらったりすると、高額の手数料取られるし、利益の20%くらいは成功報酬として取られます。

その反面、損をしたとしても損失補填はありません。

株式投資や先物の世界は、プロがアマをカモる市場だということをご存知ですか?

個人投資家の90%以上は利益を出せません。それどころか、資金を大半失って退場したり、酷くなると多額の借金まで作って破産する人まで居ます。

ですから、プロのノウハウを組み込んだ、全自動の投資ソフト、フルオート・トレーディング・システムが非常に優れている訳です。

ネット検索で調べてみると出てくると思います。
プロの市場でカモられないように、プロのノウハウを自分の物にしてしまいましょう。

それが着実な投資への道です。

すみしん 不動産

在宅仕事

おしゃべり翻訳機 エスプリライン