お気に入りのwebsiteに対する感想です。駄文なのであまり真剣に読まないで下さい。

2004年08月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:web_sozoro
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
移転することにしました。 / 2004年08月08日(日)
とりあえず引越し先の雛形らしきものができましたので、引っ越します。

引越し先は下記になります。

http://p51.aaacafe.ne.jp/~sozoro/

ここの文章を手直しして新サイトに引き継いだら、ここは閉じます。

 
   
Posted at 20:08/ この記事のURL
移転しようかな / 2004年08月07日(土)
う〜ん。やっぱり使いづらいです。2,000文字の制限をクリアーする文才がないです。デザインのことをそれほど考えなくても良いからBlogっていいなーと思ったんですが。

今日中に仮サイトを作ってそっちに移転しようかな。。。。。
 
   
Posted at 09:34/ この記事のURL
公開掲示板の参加者(その3) / 2004年07月25日(日)
 このようなケースで、間違っている内容を含んだ回答の修正・訂正がすみやかに行われるためには、その本人以外の第三者、つまり、そのスレッドのやりとりを閲覧している他のユーザーが、その間違いを含んだ回答を「それは〜という理由で間違っていますよ」と指摘することが重要かつ必要だと考えます。

この閲覧者の指摘を通じて、その投稿の間違いが修正・訂正されることつながる点を考慮すれば、間違いを含んだ回答を修正・訂正を促す役割の一端は、閲覧者が担っていると言って良いでしょうから、そのような有用な役割を担っている閲覧者もまた「公開掲示板の参加者」に含める意義は十分にあると思います。
 
   
Posted at 02:40 / 公開掲示板の参加者 / この記事のURL
公開掲示板の参加者(その2) / 2004年07月25日(日)
(1)チェック機能を閲覧者が担っている。

 公開質問掲示板における回答者は、多くの場合、ボランティアが、その担い手になります。そこでは自分の分かる範囲でレスがつけられているわけですが、人間ですから時として間違った内容のレスを回答として投稿してしまう場合もあるわけです。

 しかし、"人間誰しも間違いがある"からといって、このような間違った内容を含んだ回答を放置しておくわけにはいきません。なぜなら、このような間違った内容を含んだ回答を質問者もまた正解として信じてしまう(*1)ことによって、質問者は自分の抱えている問題を解消したいという当初の目的を達成することができなくなってしまうからです(*2)

   (*1)ちなみに答えてねっとの質問者は初心者ユーザーが多いため、
      そのような初心者の質問者が誤回答を正解であると信じてしまう
      危険は、他の掲示板よりも高いと言えます。


   (*2)他にも、「間違った知識が閲覧者に共有されてしまうという危険」、
      「間違った内容を含む投稿が頻繁になされることによって、その掲示
      板自体の評判が低下するということのみならず、WEB情報の信頼性
      の低下をもたらすという危険」、「参加者のモラルおよびモラール低下
      をもたらすという危険」があります。


 そのため、このような間違った内容を含んだ回答はすみやかに修正・訂正される必要があります。ただし、間違った内容を投稿してしまった本人は、自分の投稿が間違っていることに気が付いていないからこそ投稿したという点には注意を要します。それゆえ、その本人に修正・訂正の義務があるとしても、その本人が間違いに気が付くまで待っていたのでは、速やかな修正・訂正などは期待できるはずもありません。また、修正・訂正されるまでの間は、質問者の危険(*3)は継続することになります。

    (*3)質問者の危険=初心者の質問者が誤回答を正解である
       と信じてしまうことによって、自分の抱えている問題を解消
       できない危険やさらなるトラブルを抱えてしまう危険


 
   
Posted at 02:19 / 公開掲示板の参加者 / この記事のURL
公開掲示板の参加者(その1) / 2004年07月25日(日)
■公開掲示板の参加者とは?

「公開掲示板の参加者」とは、狭い意味では「実際にコミュニケーションを行う質問者と回答者(すなわち当事者)」ということになるのでしょうが、掲示板がWEBに公開されている特徴を考えれば、「そのコミュニケーションには実際には参加しないが、そのコミュニケーションを閲覧した・閲覧しようとするユーザー」もまた間接的な参加者として「公開掲示板の参加者」の中に含めるべきだと思います。

実際に質問したり回答をするユーザー以外の閲覧者も「公開掲示板の参加者」に含める意義は、少なくとも2点ほど考えられるのではないかと思います。

(1)チェック機能を閲覧者が担っている。

(2)知識共有を通じて情報コストを低減する。
 
   
Posted at 02:10 / 公開掲示板の参加者 / この記事のURL
初心者にやさしいサイト(その1) / 2004年07月08日(木)
■ "答えてねっと" は "初心者にやさしいサイト" です。

(1)掲示板は公共の場---投稿上のルールの守りましょう

 PC歴のきわめて浅いユーザーは、経験や知識が乏しいために、PCの操作方法が分からなくなって困ったりトラブルに陥ったりすることがあります。このような困った状況に遭遇してしまった場合、自分でヘルプファイルを見たり、書籍を購入して勉強したり、人によっては有料のサポートを受けながら、その問題を解決することもあるでしょう。上記のような方法以外にもWEBに公開されている掲示板に自分の抱かえている問題を質問スレッドとして建ち上げてみるという方法があります。

 WEBに公開されている掲示板は、不特定多数のユーザーが集う場所であるため一種の公共の場です。公共の場である以上、どのような投稿をしてもいいわけではありません。投稿上のルールを守って質問したり回答したりすることが---初心者・上級者の区別なく---参加者全員に求められます。特に、自分の都合ばかりを優先させたり、自分の思うままに振舞おうとする投稿は、忌み嫌われます。たいていの掲示板では、このような公共の場にふさわしくない行為のうち特にひどいものに関しては投稿上のルールに"禁止行為"として規定されていてます。

 
   
Posted at 22:17 / 初心者にやさしいサイト / この記事のURL
ごあいさつ / 2004年07月08日(木)
いろいろとためになるサイトを紹介できたらいいな....と思っています。

記事は古い順になっています。

■お気に入りのサイト

答えてねっと
 
   
Posted at 19:46 / はじめに / この記事のURL
P R
月別アーカイブ
 
 
Global Media Online INC.