Webディレクターの役割

June 22 [Mon], 2009, 15:10
@Webディレクターの役割

制作現場監督としてのWebディレクター

はじめに断わっておくが、Webディレクターという職種を定義するのがこの記事の目的ではない。Web業界にはWebディレクター以外にも”Webプロデューサー”や”Webクリエーター”などさまざまな肩書が存在するが、いずれも業界として明確な定義があるわけではなく、定義づけること自体あまり意味がないだろう。では、Webディレクターとはいったい何であろうか?

まず、ディレクター本来の意味からすれば”制作現場における監督”と考えるのが一般的だろう。Webをステージとした何らかのプロジェクトが発生し、Webサイトやコンテンツのクリエイティブワークが必要とされる。その際、そのクリエイティブのコンセプトづくりから仕上がりまでをトータルに管理し、クリエイティブの方向性がブレないように適性な指揮監督を行うのがWebディレクターである。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:web-tool
読者になる
2009年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる