厳島神社、聖徳太子

March 31 [Sun], 2013, 0:52

広島 厳島神社 1168年頃に造営 平清盛

西域の胡人(ペルシャ)の舞
平安時代の神殿作り


御柱
 市杵島姫命(いちきしまひめのみこと
 田心姫命(たごりひめのみこと
 湍津姫命(たぎつひめのみこと



西暦593年に 推古天皇・聖徳太子の時代、もう一柱 ご祭神が祀られていた


大願寺の弁財天
 古くはペルシャ地方の古い神話に起源を求めることができる。
 古代ペルシャの女神アナーヒター ゾロアスター教の海の女神



ゾロアスター教 
 紀元前1400年〜1200年ごろに、預言者ゾロアスターによって始められた
 日本では拝火教の名で知られる。



 イランに残るゾロアスター教の神殿は水の近くに建てられている。
 舞楽 抜頭(ばとう
  一子相伝の舞
 1年に1回 元日の日の出から3時間にわたり舞う


平家はペルシャ人の子孫?
 平清盛が大阪の四天王寺の舞楽を伝えたと言われている





593年 四天王寺 元々は海の近くに建てられていた
 聖霊会という法要があり、聖徳太子の御霊をお慰めするため命日に行なう法要。
 
 秦河勝・・・秦の子孫の人たちが舞楽を行ってた
       交易で得た富で大和朝廷では重要な地位につく
       聖徳太子の厚い信頼を得ていた

秦氏は渡来人。




木嶋神社
正式名:木嶋坐天照御魂神社(このしまみますあまてるみたま
通称:蚕の社
秦氏が創建。水の神を祀った。

日本で唯一御柱鳥居


聖徳太子の母
 穴穂部間人(あなほべのはしひと

はし・・とは
 「は」は漢音「パル」
 「し」は漢音「シーグ」
 ペルシャ人のことを「パルシーグ」


祇園祭の「ぎおん」
ペルシャ語の魂を表す「ギヤーン」



ペルシャの首都 ペルセポリス
都市全体が北西に傾いている。

ゾロアスター教
 冬至の太陽は復活を意味する





蜂子皇子