睡眠薬の選択のコツ

November 29 [Thu], 2012, 15:18
睡眠薬を利用すれば、手軽に不眠症を解消できます。
しかし、効果が期待できる反面、副作用があることも忘れてはいけません。
通常の薬と比べ、依存性が高いと言われているため、リスクを少しでも抑える服用法を取り入れましょう。

不眠症とひとことで言っても、その症状は多種多様です。
自身の症状に適した睡眠薬を使わないと、思うような効果が得られないでしょう。
最大限の効果を発揮するためには、体質や体調なども考慮して選ぶことです。
睡眠薬の副作用は、症状によっては睡眠を妨げるものです。
さらに不眠を促したり、精神状態を悪化させたりします。
精神状態が悪くなると、不眠症が促進することがあります。
精神疾患と不眠症は共通するところがあり、精神安定剤を不眠症の薬として使用することもあります。

睡眠薬を選択するときは、自身の不眠の状態を把握することが重要です。
布団に入っても眠るまでに時間がかかるのと、途中で目が覚める中途覚醒では用いる睡眠薬の種類も異なってきます。
これらは医師の診断を受けて処方してもらうぶんには心配はいりませんが、薬局で購入するときは注意しましょう。

自主的に購入する場合は、薬剤師に自身の睡眠の状態や体調などを伝えておきましょう。
副作用に関しては、病院の薬よりも弱くなっているため、安心感の点においては優れています。
ただ、効果においては病院の処方薬に劣るため、重度の不眠症や睡眠障害を解消するためには適していません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まさこ35ic
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wdq175sj/index1_0.rdf