別荘の歴史 

February 10 [Sun], 2013, 16:49
かつては下層武士や町人であったが、維新に功が認められ明治17年の制令により華族と化した政府高官や新興財閥たちによって、これら前近代における格式の高い形式が、近代に入って自らのステイタスとして採り入れられたのである。

また、彼らは数寄者と呼ばれ、茶の湯をはじめとした伝統文化の新しい担い手ともなっていく。

江戸期の大名の別荘ライフを踏襲し、伝統的な芸道である茶、詩歌などを嗜む交流の場として数寄屋造りの和館がつくられた。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:へこた
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる