らんちゅう死因ランキング

April 28 [Sun], 2013, 20:44
らんちゅうが死ぬ原因として、外的要因以外で第一にあげられるのは病気です。

らんちゅうが掛かるすべての病気が、死にいたると言うわけではありません。

病気を発見してから、適切な処置をすれば治る病気もあります。
日頃から、らんちゅうをしっかり観察して、いつもと違うところがあれば、注意をする必要があるでしょう。早期発見が大切です。

死ぬ原因としてあげられる病気には、「白斑病」があります。

その名の通り、斑点が体に出来る病気です。

最初のうちは、尾にしか斑点はありませんが、徐々に体一面に斑点が出来てきます。口中に斑点が出来始めると、えらの呼吸機能を閉塞して死んでしまいます。この病気になったら、水を浅く張って、日光に充分当てます。

しかし、夕方にはふたをします。雨に当てないように注意します。夜も冷やさないようにして、風も当てないようにしましょう。餌は通常通りで大丈夫です。

このようにしておけば、次第に治ってきます。他にも「腹膨れ」があります。この病気は、産卵で産み残した卵がお腹の中で腐ってしまい、起こる病気です。餌をあげる前なのに、お腹が膨れていたら要注意です。

それでも餌は普通に食べるので、なかなか発見しづらい場合もあります。早期発見したときは、餌は与えずに、水替えをして糞を出すようにします。肛門を刺激して、糞を出してあげましょう。

発見が遅れ、肛門が血走ってくると2日ほどで死んでしまいます。大切ならんちゅうを、死なせないように、長生きさせてあげられるといいですね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wdell22c
読者になる
2013年04月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる