湯浅で真崎

November 10 [Thu], 2016, 6:38
せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口の臭いが気になるようになったケースが一部で見られます。

これはなぜでしょうか。

一つには、義歯と歯茎の間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているケースもあり得るのです。そのようなケースでは、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。費用や手間の面から考えても、インプラント治療はブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方にすすめられる治療なのです。クラウンやブリッジの支えになる歯がない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどで必然的にインプラント治療になるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。技術の進歩した今では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、歯がグラついて違和感を覚えるなど、問題となる不具合が報告されています。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足が要因となっています。インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ソウタ
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wdcsa0oo2ntmoh/index1_0.rdf