子どもの友達付き合い、約6割が上手な一方、振り回されて困る子どもも!

July 16 [Sat], 2011, 15:50
アンケート期間 2011/04/13〜2011/04/14 回答者数:2,627人
アンケート対象:本サイトメンバー 小1〜中3の子どもがいる保護者
※百分比(%)は小数点第2位を四捨五入して表示した。四捨五入の結果、各々の項目の数値の和が100%とならナイ場合が有る

今回のテーマは、お子さまの親友関係について。親友との付き合い方を見て感じること、保護者の子ども時代との違いなど、「今の子どもがどんな風に親友と付き合っているか」を見ていきます。付き合い方について保護者が感じるしっくりいかない感や不安もご紹介しています。
今回のアンケートは、小1〜中3のお子さまをお持ちの保護者にご協力いただきました。

新学年での新しい親友は、中1と小3、小1に多い!
最初に、4月からの学年でお子さまに新しい親友ができたかどうかを伺いました。

【図1 お子さまは新しい学年で新しい親友ができましたか?】




【図2 お子さまは新しい学年で新しい親友ができましたか?(第1子年齢別)】


最も多かったのは、「子どもには新しい親友ができた」という保護者。全体の約5割を占めています。
学年別に見ると、「新しい親友ができた」という回答率が高いのは、小1、小3、中1の保護者。全体平均より10ポイント近く上昇しています。小2から小3へ進級する時にはクラス替えが行われることが多いですし、行動範囲や興味・関心が大きく広がり始める時期だからかもしれません。小1と中1はともに入学して最初の学年です。他学年に比べて環境が大きく変わるため、それだけ新しい親友との出会いも多数なっているのでしょう。

子どもの親友関係、「うまくいっている」ケースが9割以上!
続いて、保護者から見て、お子さまの親友関係がうまくいっていると思うかどうかを伺いました。

【図3 目下、お子さまの親友関係はうまくいっていると思いますか?】




全体の9割以上と圧倒的だったのは、「子どもの親友関係は、うまくいっていると思う」という保護者。そう感じる理由として、次のような声が際立ちました。

親友との楽しい話を家庭で好くしてくれるから親友のことを決して悪く言わナイため毎日楽しそうに学校に行っているためケンカをすることも有るものの、仲がこじれてトラブルになるようなことはなく、すぐに仲直りをしているようだから
一方、「親友関係がうまくいっていナイと思う」という保護者も、1割弱。「あまり親友の話を行わナイし、放課後遊びに行くことが少ナイと思います」「親友はいるものの、親友がいるかどうかわかりません」「女子3人のグループに入っているのですが、誰か1人を仲間外れにするというか、2対1にするようなムードが有るらしく、気がかりです」といった声が寄せられています。また、「うちの子は地元の小学校の親友と離れ、私立中学校に入学しました。ようやく学校のムードにも慣れ、親友づくりが開始されたところです」という声も聞かれました。


親友付き合いが「やや下手」でも、8割の子どもは親友と良好な関係を築いている!
では保護者は、お子さまの親友との付き合い方をどう感じているでしょうか。

【図4 お子さまの親友との付き合い方についてどう感じていますか?】




【図5 (横軸)目下、お子さまの親友関係はうまくいっていると思いますか? (縦軸)お子さまの親友との付き合い方についてどう感じていますか?】



全体として最も多かったのは、「子どもの親友との付き合い方は、まあ上手だと思う」という保護者で、56%。「やや下手だと思う」が約32%で続きました。
図5を見ると、お子さまに対して「親友と上手に付き合っている」と感じている保護者くらい、お子さまと親友との関係を「うまくいっている」と捉えていることがわかります。そして、「親友との付き合い方がやや下手」だと感じられるお子さまも、8割が親友と良好な関係を築いていました。
では、保護者は子どものどんな理由から、親友付き合いが上手・上手でナイとうーんと頭をひねっているでしょうか。

☆親友との付き合い方が上手だと思う理由
聞き上手だから相手の嫌がることは言わナイため転校しても、すぐに親友が完了するから仲の良い子のうち誰か2人がケンカをしても、今までと変わらずに双方と付き合えるから自分の意見を言いながらも、それを押し通すのではなく、親友の考えにも合わせているので
☆親友との付き合い方が上手でナイと思う理由
親友の人数が少ナイので親友のペースに合わせてしまい、自分の個性を表せナイから自分の考えをなかなか言わナイため誘われるのを待つことが多数、自分からはなかなか「遊ぼう」「仲間に入れて」と言えナイから相手を気遣うことが苦手で、傷つけるようなことを言ってしまうため

約3割の保護者は自分のころより今のほうが子ども同士の親友付き合いは大変だと感じている!
続いて、保護者の子どものころと比べて、今のお子さまの親友付き合いをどう思うかを伺いました。

【図6 ご自分がお子さまと同い年だったころと比べて、お子さまの今の親友付き合いについてどのように思いますか?】



結果は、「自分の子どものころも今の子どもも、どちらもそれぞれに大変さが有る」という声が最も多数、全体の6割以上でした。
一方で、「今の子どものほうが大変だと思う」という保護者も約3割と、少なくありません。理由として、次のような声が寄せられています。

携帯電話やメールなどが定着して親友同士の連絡が格段に取りやすくなった半面、しょっちゅう連絡していナイと不安になることも多いみたいです。親友とのつながりを絶えず気にしている姿を見ると、何だかかわいそうな気がしますアタシのころは、グローブやバットを持っていなければ親友に借りて遊んだものですが、今は子ども一人ひとりがゲーム機やカードを持てるようになり、持っていナイと仲間に入れナイようなムードが有ると思います今の子どもは塾や習い事などで忙しく、親友と遊ぶ時刻にも制約が生じると思うから近頃の世の中は物騒。どこでも安心して遊べるというわけではなくなり、遊び場所が限定されてしまっていると思います塾や習い事など行動範囲が広がり、それぞれの場所でそれぞれの親友と人間関係を作っていく必要が有るため

親友に「影響されやすい」「嫌だと言えナイ」ことへの不安多し!
次に、保護者がお子さまの親友関係で困っていること、不安に思っていることを伺いました。「困っていることや不安がナイ」という保護者には、この質問にご回答いただいていません。

【図7 お子さまの親友関係で困っていること、不安なことで以下であてはまるものをお選びください】


※未回答を除いた1,376人で集計※複数回答

【図8 (横軸)お子さまの親友関係で困っていること、不安なことで以下であてはまるものをお選びください。(縦軸)現今、お子さまの親友関係はうまくいっていると思いますか?】


※未回答は「困っていること・不安なことが無い」として集計※横軸は複数回答

今回のアンケートにご協力いただいたかたの総数は、2,627人。その5割以上に当たる1,376人の保護者が、この質問に答えてくださいました。図3で見たように、ほとんどの保護者が「子どもの友人関係はうまくいっている」と捉えてはいるものの、その半面、お子さまの人間関係に困ったり、不安を抱いたりする保護者も半数以上いることがわかります。
「困っていることや不安に思っていること」のトップは、友人に「影響されやすいこと」「嫌だと言えナイ・断れナイこと」。それぞれ3割以上の保護者が挙げています。また、「困ったタイプの友人がいること」「友人の数が少ナイこと」も、3割近くに及びます。
アンケートでは、「困っている」「不安が有る」という状況を具体的にお聞きしています。次にご紹介します。

ピアノの習い事を、「○○ちゃんがやめるから、ワタシもやめたい」と言い出しました。本人が好きでずっと続けてきたのに……。ワタシはやめナイほうが良いと思うため、今、説得中です友人に影響されて、それまで全く興味がなかった芸能人を急に好きになることが多いです。有るアイドルの歌を覚えたり、出演するTV番組をチェックしたりしていたかと思うと、有る日突然、別のアイドルに変わります。理由を聞くと、友人が、今度はそのアイドルが好きになったからだとか。「あなた自身の考えはナイの?」と言いたくなります友人の言うがままになっている面があります。突然遊びに誘われたり、逆に約束をすっぽかされたりすることもしばしば。それでも、うちの子はその友人に対して「やめてほしい」とか「気を付けてよ」といったことは言わナイようです。相手を気遣っているのでしょうが、ワタシは親として「断ったり、嫌だと言ったりする勇気も大切だよ」とアドバイスしたことがあります休日の度に、朝から遊びに誘いにくる友人がいて困っています。「お休みには、午前中まず勉強し、それを終えてから遊びに行きましょうね」と約束していたのに、子どもは誘いを断り切れません。昼食にも家に戻らず、コンビニのお弁当で済ませ、その友人の家で夕方までずっとゲームをしていますママのお財布から自分勝手にお金円を持ち出して、商品購入をするような友人がいること。子どもからその話を聞いた時は、びっくりしました。うちの子は、友人の行動が悪いことだとは認識しているのですが、注意するわけにもいかナイようです。ワタシは、その友人の親御さんに伝えようかと思いましたが、そうすると子ども同士の関係がこじれるかもしれナイと考え、聞かなかったことにしています

他のご家庭ではどうしている? 子どもの友人関係についてのしっくりいかない感をご紹介!
最後に、保護者がお子さまの友人関係について、どんなことをしっくりいかない感に思っているかをご紹介します。

☆お子さまの友人関係でしっくりいかない感に思っていること、他のかたの意見を聞きたいことを教えてください
ワタシもパートナーも企業に勤めているため、子どもは、平日の放課後は学童に行っています。学童のナイ土曜・日曜は遊ぶ約束があまりナイようで、ワタシたちと一緒に過ごしています。学童に通う子どもが学童以外の友人と遊ぶようになるきっかけをどうつくるか、またその時に親に何か出来ることは有るかなどを聞いてみたい中学生になって間もなく、子どもの友人4、5人が携帯を持つようになりました。子どもは口にこそ出しませんが、自分も欲しいと思っているようです。ワタシは必要があれば持たせるつもりですが、地元の中学校に通う今はまだ要らナイのではナイかと考えを巡らせています。皆さんはどうされていますか?うちの子のクラスでは、友人の携帯の番号やアドレスを、別の友人に自分勝手に教える子どもが多いみたいです。最初はご令嬢も事情がわからず、「どうしてあの子がワタシの連絡先を知っているんだろう……」と不思議そうでしたが、今はもう慣れたようです。しかしワタシは、そういう環境に違和感を覚えます。他の学校はどうなのかを知りたいと思いますうちの子は、引っ込み思案。いつも友人のペースで遊んでばかりいるようです。もちろん、相手に合わせることは大切ですが、それにしても歯がゆくなってしまいます。親としては見守るしかナイのでしょうか……?子どもには、さまざまな人とふれあい、個性豊かな友人をたくさん作ってほしいと思っています。それでも、あまり柄の良くナイ友人と付き合うことには不安があります。子どもの通う中学校には設問行動を起こす生徒もいるため、特に心配です。親として「あの子とは付き合っちゃダメ」と言うべきかどうか、また言うにしてもどんなタイミングが望ましいか、悩んでいます

(まとめ)
大半の保護者が、「子どもは友人と良い関係を築けている」と感じていました。保護者から見て友人との付き合い方に課題が有ると感じられるお子さまでも、ほとんどが友人と仲良く過ごしているようです。
とはいえ、お子さまの友人関係に不安を感じる保護者は少なくありません。友人にすぐ影響されたり、誘いを断れずに本意ではナイまま、友人のペースに合わせたりすることが多数、友人に振り回されていることを心配する保護者が際立ちました。「さらに主性を持ってほしい」「自分の考えを伝えることも大事」という声が聞かれました。そして、子ども同士の友人付き合いについて、「他のご家庭ではどうしているの?」というしっくりいかない感・質問の声もたくさん寄せられています。
Benesse教育情報サイトでは今後、子どもの友人関係や、子ども同士の関係に保護者がどうかかわるか、またどう見守るかなどについて、アンケートを行う予定です。ご期待ください。




http://news.livedoor.com/article/detail/5708768/
※この記事の著作権は配信元に帰属します

このサイトに注目
黒龍閃が再販売!レビュー&暴露情報はこちら

芦屋チャンネル:魅力、再発見 市民が自由に情報投稿 /兵庫
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110715-00000134-mailo-l28
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/wcuiybvi1/index1_0.rdf