タシギでライオン

September 20 [Tue], 2016, 18:39
生物なら猫が後押し


インコや犬、ウサギなど、この世界にはたくさんの美しい生物で溢れていますよね。あなたにも、最もお気に入りの生物が最初バラエティーはいるかと思います。
断然女性は生物が大好き。犬派と猫派のどちらかをぐっすり聞かれますが、女の子の場合、猫派が上回っているようです。犬と違って自由奔放なキャラ、好きな人には思い切り甘える様式が至極愛らしく、生まれ変わったら猫になりたいなんていう方も。ビジュアルもちゃんとラブリーので、見ているだけでも癒されますよね。
本当に猫にはなれなくても、猫を主題としたコスチュームを身につけることができます。仲働き氏なんかは、何かしらの催し物で猫耳を付けたことがあるのではないでしょうか。猫耳カチューシャつけるだけで、一段と可愛さが増します。
「も、猫耳カチューシャなんて付けたらあざとく思われみたい…」と心配な方もいる。しかし、ご感激を。ハロウィンに開催される「ウソウェルカムパーティー」を狙えば、甚だ猫耳を楽しむことができます。
ウソウェルカムパーティーでは、フランケンやドラキュラ、マジシャンなど、様々な手法に扮した方々で溢れている結果、普段は際立つ猫耳も目立たない付きになります。これなら、人目を気にする人間でも大丈夫ですね。
また、猫耳だけでなく、大きな肉球のついた猫の手を付けるのも後押し。ファッションは仲働きファッションとして、どんどん可愛さを追求しましょう。階級に一度しかない催し物なのですから、悔いの残らない身だしなみで参加したいですね。
津々浦々と中国の信頼の証明として、何年も前に贈られてきたパンダ。クマと同じバラエティーながらも、草食つながりでのほほんとしたキャラ、白と黒の眩しいビジュアルで人気を集めてある。
今は都内における上野生物園で、牡のリーリーと牝のシンシンが飼育されています。パンダは甚だ繁殖がしんどい生物でもある結果、一瞬見ようとデイリーみんなで溢れてある。
そんなパンダですが、実は近年、密かに身だしなみが人気を集めつつあるのをご存知でしょうか。パンダの身だしなみは文字通り、白と黒のみのシンプルな図案。かといって、さほど着ぐるみのようなものではありません。
ハロウィンが近くなると開催されるウソウェルカムパーティーがありますが、そこではパンダに仮装した女性が手広く見受けられたのです。白と黒だけなので、どうやら簡単な身だしなみのように思えますが、これが大して耐え難い。正しくパンダの取り得を捉えていないと、ただのモノクロコスチュームになってしまいます。
スポットとしては、上記は黒、配下は白といったように仕切るのではなく、ボーダー上にする時。それから、パンダ耳は強制につけるようにしてください。これがあるとないとでは、品質にかなりの差が出てきてしまいます。
また、いくらパンダといっても表示を避ける必要はありません。歩きやゲンコツ、胃腸をサクサク見せていきましょう。せっかくのウソウェルカムパーティーですから、普段できない過激なファッションがおすすめです。
定番の猫変身もかわゆいですが、今年は僅か意外なパンダで攻めてみませんか?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:エイト
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる