【インド株】4/13午前の株式、続落:様子見気分強まる / 2010年04月15日(木)
 ボンベイ証券取引所(BSE)のSENSEX指数は4月13日13時57分現在、12日の終値比48.56ポイント安の17,804.45ポイント、率にして0.27%の続落となっている。

 この日のアジア主要国株式市場での利益確定の動き活発化を受けて軟調な展開となっている。発表が開始された09年度企業業績の動向を見極めたい向きも多く、様子見気分強まり買いが手控えられている。

 12日の同指数終値は9日の終値比80.14ポイント安の17,853.00ポイント、率にして0.45%の反落となった。指数構成30銘柄のうち、値上がりが12銘柄、値下がりが18銘柄だった。

 個別銘柄では、ヒーローホンダの1.47%上昇、サン・ファーマシューティカルの1.27%上昇、ヒンドゥスタン・ユニリーバの1.11%上昇、ITCの0.95%上昇、タタ・スチールの0.82%上昇などが目立った。 一方、下落銘柄ではタタ・モーターズの3.24%下落、ラーセン・アンド・トゥブロの2.03%下落、マヒンドラ・アンド・マヒンドラ2.00%下落、スターライト・インダストリーズの1.88%下落、国家火力発電公社(NTPC)の1.65%下落などが目立った。

 投資主体別に見ると、外国機関投資家(FII)は1億4,410万ルピーの買い越しを継続し、国内機関投資家(DII)は19億2,640万ルピーの売り越しを継続した。(ボンベイ証券取引所=BSE取引記録などから)

04/13/2010 4月14日8時1分配信 インド新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000004-indonews-int
 
   
Posted at 03:50/ この記事のURL
普天間5月決着「絶望的」 ささやかれ始めた鳩山首相の「次」 / 2010年04月15日(木)
 鳩山首相が、いよいよ追い込まれてきた。核安全保障サミットに出席するためにワシントンを訪れた鳩山首相は、夕食会の場で設けられたオバマ米大統領との非公式な会談で、米軍普天間基地の移設先について改めて5月決着の方針を表明し協力を求めたが、進展はなかった。

 普天間問題の5月決着が「無理」な情勢が強まったことで、民主党内でも「ポスト鳩山」がささやかれ始めた。

■新聞各紙「移設困難」と報じる

 2010年4月14日付の新聞各紙は朝刊で、「日米会談」が非公式とはいえ、わずか10分で終わり、普天間問題に進展がなかったことを一斉に報じた。

 読売新聞は、社説で「5月決着は実現できるのか」と題し、普天間の米軍基地の移設が「極めて困難な状況」と伝えた。

 朝日新聞の1面には「普天間5月決着 絶望的」の見出しが躍り、毎日新聞は「5月決着 できるのか」と題する社説で「移設は極めて厳しい情勢になっている」としている。日本経済新聞は2面で「日本の決着シナリオ崩壊」と表現した。社説では、「はっきりしているのは、首相が大統領との会談を望んだにもかかわらず、実現しなかったという事実である」と、ギクシャクした日米関係を憂いでいる。

 産経新聞はすでに4月9日付1面で、「5月決着困難に」と第一報を報じた。政府関係者への取材で、政府がホワイトビーチ移設案を断念したことがわかったとしている。14日1面でも「進展なし」を伝えた。会談の内容について米国側は普天間問題にふれておらず、いかに米国の態度が冷ややかだったかがうかがえる。

 どのメディアも、ワシントンでの鳩山首相の「直談判」が不発に終わったと伝えていて、普天間問題の5月決着は「無理」とみている。

 普天間基地をめぐっては、徳之島とキャンプ・シュワブ陸上部への移設案があがっているが、徳之島や奄美群島の12自治体の議会、鹿児島県も猛反対。鳩山首相は基地の移設について、「地元の合意なしに話を進めない」ことを明言しており、また米国側も地元の同意があることが協議に入る「条件」にしていることから、5月末までに、米国と移設先の両方の合意を得るのは現実的にも「絶望的」だ。

■民主党内に漏れる「ポスト鳩山」の名前

 普天間問題の5月決着がむずかしくなったことで、日本経済新聞(4月14日付2面)は「民主 5月政局の足音」と、民主党内でささやかれ始めた「ポスト鳩山」のゆくえを伝えている。

 普天間問題の5月決着が不透明ななかで、民主党支持率の下落が止まらないこともあり、民主党内では夏の参院選への影響を心配する声が日に日に高まっている。

 普天間問題の5月決着が「無理」な場合、自民党が鳩山首相の進退を迫り、攻勢をかけてくるのは必至だ。「普天間解散」を示唆する報道もあって、衆参同日選の可能性も浮上する。「鳩山首相では、参院選を乗り切れない」との声が広がっても不思議ではない。

 そうした中で、「ポスト鳩山」として名前があがるのは、菅直人副総理や仙石由人国家戦略相だ。

 ちなみに、最近の世論調査では自民党の舛添要一元厚労相がトップだ。


■4月14日20時12分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000005-jct-soci
 
   
Posted at 03:48/ この記事のURL
日本HP、10万円でデジタル3波チューナー搭載の一体型デスクトップ発表 / 2010年04月15日(木)
 日本ヒューレット・パッカードは2010年4月12日、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを内蔵した一体型デスクトップ「HP All-in-One PC 200」を4月20日に発売すると発表した。フルハイビジョン解像度の21.5型ワイド液晶を備えながら、直販モデルは10万円を切る安さが特徴だ。

【詳細画像または表】

 同社の液晶ディスプレイと同じ「HPエアロスタンド」機構を採用し、マイナス5度からプラス30度まで画面の角度が調整できる。本体の厚さは約6.5cm、奥行き約22cmとスリムだ。ディスプレイは1920×1080ドット表示対応の21.5型ワイド。長時間テレビを視聴しても疲れにくい非光沢タイプを採用した。

 テレビ機能は、「Windows Media Center Edition」を使ったもので、「ダビング10」などに対応する。リモコンも付く。動作音は26.8dB(都内の第3者機関で測定)。

 直販モデルの仕様は、CPUがPentium E5400(2.70GHz)、2GBのメモリー、HDDが500GBとなる。価格は9万9800円。店頭販売モデルの方が高性能となり、CPUがCore 2 Duo E7500(2.93GHz)、4GBのメモリー、HDDが750GB。予想実売価格は11万9800円前後。光学ドライブはどちらもDVDスーパーマルチ、OSはWindows 7 Home Premiumを採用する。IEEE802.11b/g/n対応の無線LANなども内蔵する。

(文/三浦善弘=日経トレンディネット)

【4月13日4時23分配信 nikkei TRENDYnet
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000003-nkbp_tren-sci
 
   
Posted at 03:47/ この記事のURL
富士通、「クラウド製品の決め手は機能と“SI力”」 / 2010年04月15日(木)
 富士通は4月14日、プライベートクラウドの構築を実現する5製品を発表した。SIサービスとともに提供することで、業務要件の確認、ITインフラの現状把握から着手し、仮想化、標準化、自動化というプライベートクラウド実現に向けた段階的な取り組みを総合的に支援するという。
●仮想化技術をコアに、運用の標準化、自動化を実現 
 ユーザー部門からの要望に応じて個別にシステムを開発する“部分最適”のスタイルを続けてきた結果、システムのサイロ化やそれに伴うITリソース、コストの無駄に悩む企業は多い。これを受けて、富士通ではサーバ統合によるコスト削減、グループ子会社も含めた全社単位でのITインフラの標準化とガバナンスの徹底、定型作業の自動化による効率化などに焦点を当て、5製品の発表に踏み切ったという。


  発表したのは、開発環境や業務システムをサービスとしてカタログ化するソフトウェア「Systemwalker Service Catalog Manager V14g」、業務システムごとのOS、ミドルウェア、アプリケーションの組み合わせをユーザーの要求に応じて自動配備する「Systemwalker Software Configration Manager V14g」、運用手順書に沿って定型業務を自動化する「Systemwalker Runbook Automation V14g」、サーバ、ストレージ、ネットワークを一元管理し仮想環境を迅速に配備する「ServerView Resource Orchestrator V2.2」、そしてパブリック/プライベートクラウドと既存の基幹システム間のデータ連携を、SOAを使うことでプログラミングなしで行える「Interstage Information Integrator V10.1」の5つだ。


 なお、これらはVMware、Hyper-V、Xenに対応している。同社 執行役員常務の山中明氏は次のように解説する。
 「今回、プライベートクラウドという言葉は『ユーザー企業のシステムの最適化』という意味で使っている。コスト削減や標準化に対するニーズが高まっている中、弊社の強みであるSIサービスと製品の両方を提供し、仮想化によるハードウェアの集約・統合、システムインフラ/アプリケーション/運用方法の標準化、少ない人員での運用を可能にするほか、人的ミスの防止、ガバナンスの徹底にも寄与する自動化――以上、3つのステップでユーザー企業のプライベートクラウド実現を支援していく」
●業務への配慮と、SIerとしての技術力が強み
 ただ、これらの5製品にはライバルも多い。特に、仮想化をコア技術としたクラウドコンピューティングへの関心の高まりを受けて、日立製作所や日本電気、IBM、ヒューレット・パッカードなども同様の機能を持つ製品群をリリースしている。
 この点について、同社では「(ITサービス管理を実行する際の業務プロセスと手法を体系的に標準化した)ITILに基づいた運用管理を支援する点にある」と解説。中でも、開発環境や業務システムをカタログ化、すなわち見える化して、「ユーザー部門からの要望に対して、迅速かつスムーズな対応を可能にするSystemwalker Service Catalog Manager V14gをそろえた点が1つの差別化ポイントだ」と解説した。
 また、「自社内で実際に検証したうえで各製品をリリースしている体制も強み」とし、今回の5製品についても国内外10拠点、計4700人の開発者が利用している沼津ソフトウェア開発センターのインフラで検証済みだという。その結果、仮想化技術により国内6拠点の1800サーバを900サーバに集約できたほか、348種類の開発環境から51パターンをカタログに掲載、開発環境の構築時間を従来の360分から10分に短縮するなど大幅な効率化を果たした。
 さらに、開発環境の貸し出し手順の自動化と、開発環境の稼働状況の見える化、社内課金状況の見える化なども行って無駄を排除したことで、現在、年間7億円の運用コスト削減が見込まれている。「この沼津ソフトウェア開発センターのインフラを、ユーザー企業のシステムのクラウド移行検証にも利用する考え」だという。


 山中氏は「5製品はこれで完成形ではなく、今後も継続的に進化させていく。また、SIサービスは弊社のペースで一方的に押し進めるのではなく、ユーザー企業と議論しながら、ともに進めていく。そのために、専門技術者である“クラウドアーキテクト”を、現在の250人から最終的には700名体制に拡大する」と、SIerとしての強みを最後にあらためて強調。
 「ビジネスとシステムの現状を把握し、要件を確認したうえで、何を仮想化すべきか、また、何をクラウド環境に移行すべきか、あるいはすべきではないのか――ユーザー企業の担当者とともに議論しながらシステムインフラを切り分けて、着実に標準化、自動化を支援したい」と力説した。販売目標は5製品合計で3年間で10万ライセンス、金額ベースでは100億円としている。 4月14日20時10分配信 @IT
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000001-zdn_ait-sci
 
   
Posted at 03:45/ この記事のURL
iPad、日本発売は5月末に延期 米国で「予想をはるかに上回る需要」 / 2010年04月15日(木)
 米Appleは4月14日、iPadの米国外での発売時期を当初の4月末から1カ月延期し、5月末にすると発表した。

 先日発売した米国で「予想をはるかに超える需要」があり、供給能力に限界があるためとしている。5月10日に米国外での価格を発表し、オンライン予約受け付けも始める。

 iPadは米国で3日に発売され、1週間で50万台以上を出荷。今後は米国ユーザーが実際にiPadを手にする機会が増え、「今後数週間にわたって供給能力を超える需要があるものと思われる」と予想。3Gモデルの4月末納期分についても多数の予約があるという。

 「驚くべき米国内での強い需要に直面」した結果、米国外での発売を1カ月延長する「困難な決断」をしたという。同社は「米国外の多くのお客様にはこのニュースに失望されることと思いますが、iPadがかくも米国で大成功を収めているという発売延期の理由を聞いて、ご了解いただけることを希望いたします」としている。 4月15日1時0分配信 ITmedia News
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100415-00000005-zdn_n-sci
 
   
Posted at 03:43/ この記事のURL
【ムエローク】ヨードムエ杯、2007年MVPの相手は、ラジャダムナン現役王者に決定! / 2010年04月15日(木)
 4月25日(日)東京・ディファ有明で開催されるDEEK総合企画『MUAY2010 2nd〜ムエロークプレステージ〜』の追加対戦カードが発表された。

 ヨードムエ チャンピオンズカップ 51Kg級一回戦の出場が決定していた2007年ムエタイ最優秀選手、現タイ国プロムエタイ王者ノラシンの対戦相手が決定。

 ノラシンは、ヨードムエ杯51kg級、現ラジャダムナン ライトフライ級王者、17歳の新星ヨードトンタイ(ワンソンチャイ プロモーション/ポーテラクンジム)と対戦する。

 ラジャとルンピニー、両スタジアムのプライドをかけて激突するこの試合は、ムエカオ(ヨードトンタイ)VSムエマッド(ノラシン)、フライ級最高峰の対戦となる。スタジアム、プロモーションの違う二人の対戦はもちろん初顔合わせ。

 ヨードトンタイは、ムエタイで最も有名なワンソンチャイ プロモーションの選手。現在は以前のような大きな興行を行わなくなったワンソンチャイだが、かかえる選手の実力は相変わらず高く、先日も、ヨードトンタイの先輩シントンノーイがラジャの看板スター、ジョムトーンに圧勝している。そして、ヨードトンタイは、4・5にラジャダムナン ライトフライ級のタイトルを防衛したばかりで絶好調だ。

「ヨードトンタイは強い。ノラシンが前半でKOできなければ、ヨードトンタイがノラシンを逆転で敗る可能性が高い。後半はとくに激しい試合になるだろう。」と、ブアカーオやナムサックノーイを育てた名トレーナーのジュード氏は語る。

「一階級上で、実績のあるノラシンと戦うのはまだ時期早々だ。」と、ノラシンとの対戦に難色をしめしていたソンチャイ氏だが、「ムエタイのトップが海外で戦う事は素晴らしい事。ムエタイの強さ、面白さを世界にアピールするのは、私のライフワークだ。ラジャダムナン、ワンソンチャイの名に恥じない試合をしてくれるだろう。」と、最終的にGOサインをだした。

 実際、超攻撃的で1ラウンドからKO狙いでアグレッシブに攻めるノラシンの弱点はスタミナ。過去にも、ムエカオ(膝の選手。スタミナがある。)との対戦では、後半、逆転負けするパターンが多い。

 獰猛なノラシンがパンチ、ハイキックでしとめるか、17歳の若獅子ヨードトンタイがヒザ、ヒジでノラシンを壊すか、ムエタイならではの危険な戦いがみられそうだ。

(情報提供/ムエタイインフォ)


DEEK総合企画
「MUAY2010 2nd〜ムエロークプレステージ」
2010年4月25日(日)東京・ディファ有明
開場14:00 開始14:30
※5回戦マッチは開始18:00

<追加決定カード>

ノラシン・ルークバンヤイ(タイ/ルンピニーライトフライ&フライ級王者、ラジャダムナンライトフライ級王者、2007年ムエタイMVP)
VS
ヨードトンタイ・ポーテラクン(タイ/ラジャダムナン ライトフライ級王者)

<決定対戦カード>

オロノー・ウォーペットブーン(タイ/元ルンピニー&プロムエタイ協会スーパーフェザー級王者、第二回レンヨー杯王者)
VS
トライジャック・シットジョームトライ(タイ/元プロムエタイ協会フェザー級王者/トヨタ杯トーナメント王者)

クンタップ・ウィラサクレック(WSRフェアテックス/M-1スーパーウェルター級チャンピオン)
VS
ジョバーニ・コンバット(イタリア)

玲央(フォルティス渋谷)
VS
マシアス・コンバット(イタリア)

▼68kg契約 3分3R
メリケン雄人(契明)
VS
クンスック・アラビアジム(アラビアムエタイ)

▼75kg契約 3分3R
入月健二(S.V.G)
VS
影・センチャイジム(センチャイムエタイ)

▼ウェルター級 3分3R
左 禅丸(レグルス池袋)
VS
杉内 勇(チームROKEN)

▼60kg契約 3分3R
川崎 亮(尚武会)
VS
田口真也(名古屋JKファクトリー)

▼ウェルター級 3分3R
中村貴之(レグルス池袋)
VS
三縄良太(尚武会/超人クラブ)

▼63.5kg契約 3分3R
GOEMON(新宿)
VS
青木 宏樹(GT)

▼ムエロークジュニアトーナメント1回戦
伊藤紗弥(尚武会)
VS
齋藤絋也(ドラゴン)

▼ムエロークジュニアトーナメント1回戦
名倉彗吾(堀切KMC桜)
VS
徳田紗帆(闘神塾) 4月14日22時1分配信 格闘技ウェブマガジンGBR
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000005-gbr-fight
 
   
Posted at 03:41/ この記事のURL
エヴァンゲリオンRT初号機、富士でSUPER GTにデビューへ / 2010年04月15日(木)
「エヴァンゲリオンRT初号機 apr カローラ」がSUPER GT(スーパーGT)のGT300クラスに参戦する。カーナンバーは31、搭乗するのは嵯峨宏紀と松浦孝亮の2人だ。

[写真:トイ・ストーリーやカーズともシンクロ]

ラナエンタテインメントは15日、庵野秀明のアニメーション作品『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とプロモーションタイアップを実現、「エヴァンゲリオンレーシング」を結成したと発表した。コンストラクターのaprと組み、SUPER GTに第3戦富士スピードウェイ(5月2日決勝)から参戦する。車両はトヨタ『カローラアクシオ』。

多難の時代を迎えている自動車業界、日本が誇るべきアニメ文化の代表的作品『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』と、日本が誇るべき産業である「自動車業界」をシンクロさせて、自動車業界の発展、またアニメ業界の開拓に少しでも貢献したい、とは関係者の弁だ。

ラナがaprと組むのは2006、07年のトイ・ストーリーレーシング、08年のカーズレーシング、そして今回と、4シーズン目になる。10年シーズン、apr 31号車は2戦を終えて獲得9ポイント、ランキング10位。

現在SUPER GTでは、エヴァンゲリオンレーシングと同じGT300クラスで「初音ミク × GSRポルシェ」(GOODSMILERACING with COX)が人気で、エヴァンゲリオンレーシングが参戦すると、人気の面で強力なライバルになると思われる。

《レスポンス 高木啓》

【4月15日0時0分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100415-00000000-rps-moto
 
   
Posted at 03:39/ この記事のURL
【華流】恋愛したいジョリン・ツァイ、芸能界入りを後悔!? / 2010年04月15日(木)
 香港メディアの報道によると、台湾の歌姫・蔡依林(ジョリン・ツァイ)が最近弱気な様子。体の不調を訴え、仕事や人生についていろいろと悩んでいるという。

 インタビューに応じたジョリンは、「芸能界に入って教えられたことは、すでに出来ているレールに乗って進めということ。何も考えないで楽しく過ごす日がほしいし、普通の女の子のような恋愛ができないことがとにかく悲しい」と嘆いたという。「レストランで幸せそうに食事をしているカップルを見ると、うらやましくて仕方ない」そうだ。

 「芸能人になったことを後悔する時もある」というジョリンは、「恋人ができたら駆け落ちして、1か月くらい誰にも見つからない場所に行きたい」と願望を語ったという。

 だが実際には恋愛にのめり込むよりも、仕事をしている時の方が落ち着くというジョリン。「仕事を通して、自分の存在を確かめることができます。恋愛は人を惑わせるだけ。自分を失うのが怖いので、恋人のためだけに生きるという人生は私には無理かもしれない」と不安そうな表情で、本音をこぼしていたそうだ。(編集担当:饒波貴子・黄珮君)

【4月14日20時58分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000101-scn-ent
 
   
Posted at 03:38/ この記事のURL
淡路島でゆるキャラと遠足 4月17日 / 2010年04月15日(木)
JB本四高速は4月17日に、神戸淡路鳴門自動車道・淡路SAが、「恋人の聖地」に認定されたことを記念し、ゆるキャラさみっと協会、夢舞台、たこフェリーとの共催による記念イベント「ゆるキャラ遠足in淡路島 - 花みどりフェアを行く - 』を開催する。

恋人の聖地は、NPO法人地域活性化支援センターが各地域を代表する観光施設や地域を「恋人の聖地」として認定する地域活性化、少子化対策プロジェクト。今回、淡路SAが認定されたことを記念し、また「淡路花博2010・花みどりフェア」への誘客キャンペーンとして、全国各地のオリジナリティ溢れる「ゆるキャラ」を招聘し、淡路島をはじめ各地域のPRを行う。

イベントには、本州四国連絡橋のキャラクター「わたる」をはじめ、淡路島の「あわじい」、たこフェリーの「ババたこ」、彦根・四番町スクエアの「やちにゃん」など人気のゆるキャラが10キャラクターが橋の科学館に登場。ゆるキャラ達が縁で結婚することになった二人と一緒に淡路島に遠足に出かけ、二人の幸せを祝う。

「橋の科学館」からバスに乗車して明石海峡大橋を渡り「『恋人の聖地』淡路SA」「淡路夢舞台『花みどりフェア』芝生広場」を周遊した後、「たこフェリー『あさしお丸』」でのクルージングを行う。来場者は各スポットでゆるキャラ達との記念撮影ができるほか、恋人の聖地認定記念品のプレゼントなどを実施する。


■ゆるキャラ遠足in淡路島 - 花みどりフェアを行く -
日程:2010年4月17日
時間:9時30分 - 17時30分
※雨天決行、兵庫県南部に警報発令の場合は中止
場所:(1)橋の科学館
(2)淡路SA
(3)淡路夢舞台「花みどりフェア」芝生広場
(4)たこフェリー「ゆるキャラクルージング」

《レスポンス 編集部》

【4月14日13時17分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000016-rps-ent
 
   
Posted at 03:36/ この記事のURL
UPDATE:トヨタ創業家と歴代社長との深まる反目―リコール問題で激化 / 2010年04月15日(木)
 【豊田(愛知県)】トヨタ自動車の品質危機が、長年社内にくすぶっていた派閥抗争を顕在化させ、なおかつ悪化させている。創業一族の豊田家と非創 業家メンバーのマネジャーらが、トヨタが抱える問題をめぐって非難の応酬を続けているのだ。

 舞台裏の小競り合いは、特にこの数週間で激しさを増している。創業者の孫、豊田章男社長(53)は、創業家出身でない幹部の一人を排除しようとした。トヨタの前社長で現在は副会長の渡辺捷昭氏だ。

 今年1月の最初の大規模リコールからほどなくして、豊田氏は仲介者を通じて渡辺氏に対し、トヨタ本体からの離職と系列会社の経営を打診した。豊田氏からこの人事を聞いたとする、ある幹部が明らかにしたものだ。渡辺氏はこの打診を拒んだ。

 かつて報じられたことのないこうした動きは、継続中の危機を きっかけに、長く抑え込まれてきた分裂が、今や表面化しつつあることを示す劇的な一例だ。トヨタの75年の歴史で前例のない危機からの立て直しに幹部があえぐなか、内部抗争が経営分裂を招きつつある。

 豊田氏と側近は、高い成長率や厚いマージンと引き換えに品質を犠牲にした非創業家メンバーの社長らによって弱体化した企業を同氏は引き継いだ、と公言している。

 豊田氏は3月、北京での記者会見で、一部の関係者が利益を過度に重視した結果、問題は発生したと指摘。社外の「過大な評価」を集め、「会社の中の一部には(中略)褒められすぎて収益中心に考えた者がいた」と説明した。ただ、誤りの最終的な責任は自身にあると認めた。

 その1週間前、米国トヨタのかつての重役で、現在は競合他社に移っているジム・プレス氏は 「創業家に対して反発する金儲け主義の人々によって、会社が数年前に乗っ取られたことに問題の根本的な原因がある」との声明を出した。その上で、プレス氏はこれら幹部は「顧客第一主義を維持する姿勢を持ち合わせていなかったが、豊田氏は違う」とした。

 トヨタの広報担当者は内部対立についてコメントを控えるとし「人事異動は正式決定まで話すことはない」と述べた。担当者は、豊田氏とプレス氏の発言についてもコメントせず、渡辺氏の発言を求める要請を拒んだ。

 非創業家メンバーのマネジャーらは独自のキャンペーンを展開しており、トヨタが米ゼネラル・モーターズ(GM)を抜き去り世界最大の自動車メーカーになったことを賞賛された時期、成長率を重視する戦略をめぐり豊田氏が直接反論することはなかった、としている。

  これらのマネジャーは、トヨタが現在、直面する問題は、品質危機というよりむしろ豊田氏の経営手腕と広報活動に関連する危機であり、そこには豊田氏は世界企業のトップに立つ準備ができていない、とのマネジャーらの長年の主張が反映されている、と指摘する。

 渡辺氏の側近の一人は、創業家のメンバーの言動について、「だいぶ前からあんなものの言い方はみっともないぞ、と(周りには)言っている」と語り、「これは世襲批判をかわすためにやっているのか。あるいは自分の存在感を出して正当化したいのか」と語気を強めた。

 さらに、「これだけグローバルに人員をかかえるとトヨタは社会の公器」だとし、「そうなったときにものすごく 大切な仕事は利益出して、税金を納めることでしょう。それができないで、なにを言っても社会の責任を果たさない。だから、きちっと利益を出して、世界各国で税金を納めている。そのこと自体を批判するということはまったくナンセンスだと思う」と語った。

 1995年から99年まで社長を務めた非創業家メンバーの奥田碩相談役(77)は、トヨタ車の急加速に関する問題が深刻化して以来、同僚2人に対し、「章男は辞めるべき」と述べている。昨年、取締役から外れた奥田氏は、現在でも長老格として影響力を誇っている。トヨタは奥田氏のコメントを求める本紙の要請を拒んだ。

  トヨタ関連の著作の多い東京大学の藤本隆宏教授(専門は技術・生産管理)は、問題を公に指摘することはトヨタ式「カイゼン」の特徴、としながらも、名指しの非難や、攻撃の対象が容易に特定できる非難は極めて異例、と指摘している。

 内部抗争のルーツは、章男氏の叔父の豊田達郎氏が病気療養のために社長を辞任した95年にさかのぼる。社長職が創業家の手を離れたのは、創立者の豊田喜一郎氏の従兄弟である豊田英二氏が67年に社長に就任した後では初めての ことだ。トヨタは95年まで市場シェアを減らし、1950年以来の赤字計上の危機に直面していた。 日本経済の低迷に加え、米国との貿易摩擦、円高などがトヨタの経営を圧迫していた。

 95年以降、奥田氏を筆頭に複数の非創業家メンバーが社長に就任した。それは09年に退任した渡辺氏まで続いた。この間、トヨタの財務は改善し、世界で最も尊敬され、かつ研究される企業への変貌を遂げつつあった。

【4月14日21時27分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000306-wsj-bus_all
 
   
Posted at 03:34/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!