運転する人の目につかないところに

March 08 [Wed], 2017, 18:39
運転する人の目につかないところにGPS端末を忍ばせ、常時、移動の内容を監視し続け、今いる場所をモニターしたり、記録されたデータを後で読み出し行動を確認することができるのです。あまり、車を運転しない人の場合は、普段、持ち歩くカバンなどにGPS端末を隠しておくこともできます。それによって、相手が行った場所や何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。



ケータイの通話履歴から浮気の証拠がつかめますね。なぜなら、ケータイを浮気相手との連絡手段に当たり前のように使われるからです。
近年、メールやラインで連絡をことも多くなったとはいえ、やはり好きな人の声を聴きたいと思うことは安易に予想できるのです。
そのため、何気なく電話することは十分考えられますね。



プロの探偵に浮気調査を依頼して浮気の証拠を掴んだところで離婚しないままの方がよい事もあります。



特にお子さんがいらっしゃる場合、浮気をした、されたといって離婚とは、そう簡単にすることができないものです。養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、支払わずに音信不通、なんてこともありますから、一人で育てていくのは容易ではありません。男手一つで育てる場合にもまた同様でしごとをしながら両立指せることはそう簡単ではないでしょう。
浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、普通は3〜4日が目安です。

おぼえておいていただきたいのは、これはあくまでも平均がそれぐらいだという話です。パートナーがとても慎重な性格だとナカナカ証拠がつかめなくて、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあります。

一方で、浮気するだろうという日があらかじめ分かっているなら、たった1日で調査が完了してしまうこともありますのです。


結婚している相方が、浮気しているときでも夫婦生活を続けていきたいのであれば昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのは避けましょう。浮気の事実を突き止められると配偶者が浮気を正当化したり、逆上してしまい、別れなければいけなくなってしまう可能性を否定できません。しかも、浮気相手に直接関わった結果、精神的に、大聞く消耗することになります。配偶者の浮気を疑い、外部機関に調査を依頼する時には、支払う料金が低過ぎたり、 または高過ぎる料金であったりする業者ではなく、料金設定が細分化されていて、それ以上、料金がかからないような探偵事務所がお勧めです。その他、関係団体に届け出ているのか前もって確認しておきましょう。法を逸脱した調査をしている探偵社には依頼しない方が得策です。

相手に気づかれないで客観的に浮気の証拠となるものをつかむには、必要とされる技術および機材があります。浮気の現場をカメラにおさめても、露出が足りず、誰の顔かはっきり見分けられないのでは証拠とは認められません。



探偵なら浮気調査をする場合、非常にコンパクトなカメラを使って全く気づかれずにはっきり判別できる写真を撮ります。
浮気の調査をするときには、どれだけの人が調査に加わっているのかというと、調査の方法や時間などによって幅がありますが、多くの場合、調査は2人くらいでおこなうと言われています。しかし、まだ浮気が確定でない場合には、まず調査員が1人で浮気であるかどうかを浮気をしている証拠をつかんだら、再度考えて調査員の数などの詳細を決めていきます。


夫の浮気相手のところに妻が談判に行っておぞましい戦場になるシーンは、小説やドラマでしばしば目にします。ご主人の方が浮気の現場に踏み込んだら、相手を刺したり、殺してしまう脚本もしばしば書かれます。

浮気しているところを捕まえて問い詰めるのも選択肢の一つです。
離婚も辞さない覚悟なら、実行する余地はあるかもしれません。

動き方を書き留めておくことで浮気の証明をできることもあります。日々の人間の行動には、ほぼ決まりができるものです。しかしながら、浮気をしている人は、動きの法則性が変化してきます。時間帯や曜日に注目し、パターンが崩れたところを見つけることができたら、動き方をよく見ていると、浮気の根拠を示す目途がたちやすくなります。
探偵に依頼したしごとが浮気調査だった場合、歴然とした証拠が発見されれば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。パートナーが信用できなくなってしまうと一生供に生活することはそのストレスはすさまじくのものになりますから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。

あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料の請求をしておけば別れ指せることも難しくはありません。


法律上では、既婚者がパートナー以外の人と自分の方から性的関係になることを不倫とよびます。

すなわち、法律上では、性関係になければ、一緒に時間を過ごしていたとしても、不倫じゃないと言う事です。
個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、探偵や興信所の力を借りるということも考えてみてもいいかもしれません。
結婚相手が不倫をしているかを調べるのを探偵や調査員のようなプロに依頼する際は、一般的には、調査員の人数と浮気調査の期間を契約を交わす前に取り決めます。
1時間当たり1万円を超える人件費がかかるため、浮気調査をした時間が長ければ長いほど調査料金が高くなります。調べる人の事務所により、はたらかせる道具や調べる人の才能は異なりますので、インターネットでの評価なども参考にしたら良いでしょう。
探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は「実費」と「時間給」の2つに分けることができるのです。実費に含まれるのは、電車やバスなどの交通費、写真現像代やフィルム代といった費用になりますが、張り込み時の食事代が加算される場合もあるみたいです。時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で、費用を算出します。



調査にかかる期間が短くて済めば請求金額も少ないです。日頃、相手の行動の様子を目を配っておくのはだれにも頼まずにできることですが、浮気を認めざるを得ないような証拠を掴む場合には、やはり、しっかりノウハウを持ったプロの探偵に頼んだ方がミスありません。
そして、探偵に頼む場合、単に、浮気に関する証拠集めだけにとどまらず。
豊富な経験から、イロイロな助言を貰えるということも、貴重なのです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アオイ
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる