仁平が東山

February 27 [Sat], 2016, 19:07
高校に進むときに衛生看護科に進むと、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、看護師の資格を得るのが、一番早いでしょう。でも、在学中に進路を変更したくなっても変更するのは大変です。さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、試験までの期間が短いために勉強や実習に充てる絶対量が足りずに簡単には試験に合格できないという面もあるようです。看護師の勤務の形態は、他の職業に比べてかなり特殊な上に、職場によっても異なってきます。体制は一般的に、2交代制か3交代制のシフトで回しているという病院が大半です。2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制を導入している病院が多いのです。しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制の方が人気があります。看護師の働き先といえば、病院と想像するのがオーソドックスでしょう。しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にもいっぱいあります。保健所では、保健師と連携し、地域住民の健康上の様々な手助けをするのも看護師の務めです。また、福祉施設の中には医師が常駐しているところは少なく、医療行為の大半を看護師がやります。看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長い時間の勤務で、勤務中でも仮眠をとることが可能です。月に8回までと国の指針によって決められていますが、それを超えることが多いのが現状です。病院における看護師の勤務形態によっては、規則的な生活ができなくなったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、離職する看護師が多い理由の一部かもしれません。看護士の求人情報は豊富にありますが、希望と一致する条件の求人がある訳ではありません。看護師の資格を持つ人で就職できればいいと思っている方はあまりいないものです。できれば給料が高額で、職場環境が良く、夜勤がない病院などに勤務したいとほとんどの方が思っています。求める条件に合う転職先で働くためには、情報の収集が重要になります。看護師国家試験に受かるよりも、断然、看護学校を卒業する方が難しいことだという人もたくさんいます。看護学校はかなり厳しく、レポートが遅れてしまったり、試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年が決まってしまうようです。それほどに厳しい学校を卒業し、国家試験にも受かった人には、できることなら、看護師の仕事をしてもらいたいですね。看護師の転職で失敗しないためには、将来のことを思い描いて迅速に行動することが大切です。また、どんな点を重視するのかを決定しておいた方がいいでしょう。将来の自分の姿を明確にして、その希望に合った転職先の情報をちょっとずつ集めてください。給与額に職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件も数え上げておきましょう。看護師の国家試験は、年に1度あります。看護師不足が深刻になっている日本のためには喜ばしいことに、ここ数年における看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準を示し続けています。看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定の水準をパスできればパスできる試験です。産業看護師は、そこで働く人の健康が保てるように保健指導をしたり、メンタルケアもして、うつ病の防止に努めます。産業看護師は求人の公開が一般にされていませんから、ハローワーク等で見つけるのは無理かもしれません。興味がある人は看護師専用の転職サイトをチェックしてみてください。転職サイトでは産業看護師の募集もたくさん掲載されています。看護士になりたい動機は本当にどんなことをきっかけにして看護師になろうと思ったのかを入れたら印象が良くなるはずです。転職の理由はこれまでに経験したことを活かしたい今以上に、人の役に立つ技術を取得したいなど、ポジティブなイメージを持たせられるようにしてください。今までの勤務先についての良くないことは口にしないほうがいいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Souta
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wcleyoneupylil/index1_0.rdf