不妊治療 補助 病院 

January 16 [Sat], 2010, 4:16

「実はあなたは不妊症ではないんです。」



私がこのサイトを立ち上げた理由、それはとても単純です。



本当は不妊なんかじゃないのに



「自分は不妊だ」と思っている



あるいは情報や病院から思わされている人が多いから。



「でも、実際に赤ちゃんがなかなかできないんですが・・・」


と思われるかもしれませんが、それでも私はあなたのことを「不妊」だとは思わないのです。



なぜかって?


それは次にご紹介する、岡山県在住のT・Kさんのエピソードを知ればわかると思います。



⇒⇒ 【 コチラから 】





不妊に悩むあなたに朗報です・・



20年間13,000人妊娠成功の実績!



最短14日、平均180日で自然妊娠できる



自宅でできて、体にも経済的にも優しい方法




30代後半〜40代後半でも閉経さえしていなければ妊娠は可能です





赤ちゃんができにくい夫婦が元気な赤ちゃんを妊娠するためには



正しい方法と法則が存在します。



不妊症周期療法の第一人者である譚 定長(たん・さだなが)が



過去20年間で成功者13,000人以上の実績を出した



「健康な赤ちゃんを自然妊娠で授かる方法」



をあなたにお教えします。 





あなたも


●念願の自然妊娠がしやすくなります。


●30代後半〜40代の方でも妊娠しやすくなります。

※私が教える方法で妊娠ができなくなるリミットは年齢ではなく閉経です。

閉経さえしていなければ、
あなたの年齢に関係なく妊娠は可能といえます。)




しかも、自宅で時間とお金を掛ける事なくあなた自身の力でです。


「そんなこと信じられない!」と思うかもしれません。


しかし、私からすれば、それは何ら不思議なことではないのです。


では、彼女たちはいったい何をしたのか?その秘密を、これからお伝えしようと思います。





⇒⇒ 【 詳細はコチラ 】





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



かばいまくる民主党支持するマスコミ

... 不妊治療に関する情報提供、相談体制を強化するとともに ... 「一括交付金」化により、効率的に財源を活用できるようになるとともに補助金申請が不要 になるため、補助金に関わる経費と人件費を削減する。 28.国の出先機関、直轄事業に対 ...(続きを読む)


不妊治療とお金

... <請願項目> 1.特定不妊治療費助成事業より給付される補助金の更なる増額と制度(条件等)の見直しを求めます 2.不妊治療の保険適用範囲の拡大を求めます ★☆★8日に全国のART施設に「署名ご協力」の書類を発送いたしました。 ...(続きを読む)


がん対策については口腔がん、舌がんも

... 補助員をつけて、その費用は厚生労働省で措置する方向であり、できるだけ多くの郵便局で実施するようにしたい。 ... 子どもを持ちたくても持てない方について、不妊治療への支援が必要ではないか。 がん対策について、口腔がん ...(続きを読む)


イタリア南部の30歳女性、6つ子を出産

... ただ、妊娠29週目での出産のため、6人の体重は610─800gと小さく全員が呼吸補助装置を着けている。 医師団によると6つ子の妊娠は不妊治療によるものとみられ体外受精によるものではないという。 イタリアの法律では ...(続きを読む)


性別変えた夫の子、妻出産でも婚外子扱い(法務省見解)〜性 ...

... 生殖補助医療すべてにおいて当てはまるものであって、この場合のみ区別するのか根拠がありません。 ... 性同一性障害者に限らず夫の生殖能力に問題がある場合の不妊治療として戦後広く行われてきた。1万人以上の子が生まれ ...(続きを読む)



不妊治療の健康保険適用化は少子化対策に繋がるのか?

不妊治療の健康保険適用化は少子化対策に繋がるのか?「本当に少子化を考えているのなら不妊治療を保険適用化すれば、少子化対策になるのに!」 ということが世間で言われていますが、私はこれは少子化対策にはならないと思うのです。 理由 @「子どもが産める体であるが、経済的な理由で子どもを産まない、産む人数を制限する人」と「産む意思はあるが子どもを産みにくい体である人」では前者の方が圧倒的に対象者が多い。 なので前者をターゲットにして、不妊治療補助よりも子育てにかかる育児費用や学費補助を優先させる必要がある。 また、既に子どもがいるのなら、その子どもが事故や病気で亡くなったりしない限りは、普通は大人になって労働力となる(ニートなどは除く)。つまり成功率が高い。 しかし不妊治療はその治療自体が成功率が低く、高額な費用を費やしても結果が伴わない可能性も高い。 不妊治療の結果、子どもが産まれたとしても、元々父母が不妊症であるのだから二人目や三人目の出産を望むのは更に難しい。 そして、不妊治療を税金で補助した末に子どもが産まれたら、その後に、自然妊娠で産まれた子どもと同じように子育てにかかる育児費用や学費補助を税金で賄うこととなる。つまり、不妊治療費と子育て費の両方を二重に援助しなければならなくなる。 かといって不妊治療で出産した夫婦が自然妊娠で出産した夫婦よりも沢山の子どもを産むわけではなく、寧ろその可能性は低い。 また、その子どもも将来的に人並みはずれた納税をするわけでもない。 したがって @子どもが産める体であるが、経済的な理由で子どもを産まない、産む人数を制限する人への税金を使った援助 →対象者が多数派であり、成功率が高く、低コスト A産む意思はあるが子どもを産みにくい体である人への援助 →対象者が少数派であり、成功率が低い。不妊治療の末に子どもが産まれたらAに加えて@の援助も受けるのだから、コストが@+Aの高コスト となるため、医療費削減のご時世では、@もAもどちらも手がけることは無理と考えられる。だから@を優先せざるを得ない。 また、少子化とは別として、不妊症は病気や怪我ではないため命や健康や日常生活には別状が無い。だから新たな病気や怪我の保険適用化を進めていくことが優先されるのは仕方ない。 以上のことから、私は心情としては勿論不妊治療を保険適用化すればよいと思いますが、国の財政を考えると後回しになっても仕方ないと思うのですが・・・ どう思いますか?(続きを読む)



P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wbhblekg
読者になる
2010年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる