高嶋が村尾

April 12 [Thu], 2018, 22:57
全国の看護師年収は平均して437万円くらいです。

しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員勤務のため、年収は平均して593万円ほどになります。公務員看護師は給料UP率も民間病院より高くて、福利厚生も充実しているのです。


準看護師の場合、看護師より、平均年収が70万円ほど低いです。人口異常化が進んでいる日本で注目され続けているのが医療スタッフの不足です。

社会的にも深刻な問題として注目されることが増えています。
ナースに憧れて努力して、国家資格を手にすることができたのに、辞職する人が後を絶ちません。その理由は、理想と現実との差が思っていたよりも大きかったということがあるのでしょう。

休みを自由にとれて、したい仕事を選べたりもする、等々があえて派遣で働くということを選んだ看護師にとっての、主なメリットでしょう。

勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、長期で働ける方歓迎、というものもあってこちらに都合の良い派遣先を、ある程度選べる訳ですから、仕事を探しているけれど、条件にぴったりくるものがなさそうな場合は望めば派遣で働くこともできる、ということも考慮に入れて仕事を探すと、選択肢がとても増えます。


日本の看護師の年収は平均して437万円程度です。しかし、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員として勤めているため、年収は平均593万円くらいになります。

公務員として勤務している看護師は給与の上がる率も民間の病院に比べて高く、福利厚生も満足いくものになっています。准看護師として働いている場合は、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いです。

全国の病院等の現場では、長い期間ずっと看護師が不足している状況が継続中です。そのため、就職と転職に際して看護師はカンペキに売り手市場だと説明できます。


看護師資格を所持していれば、希望や適性にかなう職場を割と簡単に選択することができます。



看護師の国家試験に合格することよりも、断然、看護学校を卒業する方が困難という人も多いです。看護学校はかなり厳しく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、テストに通らなかったといったちょっとしたことで留年してしまうようです。


それほど厳しい学校を卒業し、看護師国家試験にも合格した人は、ぜひ看護師として、現場に出て欲しいですね。昔読んだ本の影響で、看護師になりたいと思っていました。しかし、事情があって就職を選んで会社員として働くことになりました。

ですが、やはり看護師になりたいという夢を諦められなかったです。
資格を持たなくても就ける看護の仕事に転職することも考えましたが、やはり看護師の資格が欲しいと悩んでいたところ、医療の現場で看護助手としての仕事をしながら看護師の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。

子供のころからの夢を叶えるために、頑張りたいと思います。


私が看護師の仕事に身を投じたいと思ったきっかけは、病院内であらゆる病気、怪我、体調不良などと戦っている患者さんの支援を行う、仕事の喜びを感じたためです。

私自身も過去に入院したときに、お医者さんや看護師さんに申し訳ないほどお世話になり、これからは私が看護師として、患者さんに支援をしたいと思っています。一般に、看護師の平均給与額は、あれほどの激務にもかかわらず、それほど高額ではないのが事実であるようです。

そのため、いつもよりよい賃金を支給してくれる勤務先を希望して転職活動中の人がいます。賃金が高い病院は、とても人気があり空きが出ないため、看護師専用の転職サイトなどを駆使して、転職活動をしている人もいるようです。
働く看護師にとって頭が痛い問題といえば、対人関係の問題や夜勤などの勤務形態に体が合わないといった問題があります。



一般的に看護師の多くが女性なので、複雑な人間関係がつくられているところも少なくないのです。夜勤など不規則な勤務時間によって、育児といった家庭と仕事を両立できない事も問題です。



あまりにも問題の多い職場ならば、心機一転で転職し、環境の整った職場へ移るのもひとつの選択として、覚えておきましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ソウ
読者になる
2018年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる