バトラーと藤村

April 25 [Mon], 2016, 10:38
一番多い肌トラブルはカサつきではないでしょうか。



水分不足はとてもやっかいで、それに起因して小じわが出来てしまったり、肌荒れを起こすようになります。そこでお試しいただきたいのが、化粧水をお風呂上がりにすぐつける事です。肌が最も乾燥しやすいのはお風呂上りですので、なるべく10秒以内で化粧水をつけるのがお勧めです。
敏感肌に対するスキンケアを行う場合には、肌の乾燥を予防するため、十分な保水が望まれます。



実際、保湿するためには様々なやり方があります。



保湿に特化した化粧水やクリーム等が豊富に揃っていますし、化粧品にも保湿効果の高いものがあります。保湿に適したセラミドが入っているスキンケア商品を使うのもいいはずです。


世間には、スキンケアは必要無いという人がいます。
スキンケアは全く行わず肌から湧き上がる保湿力を失わないようにするという原理です。



でも、メイク後には、メイクを落とすためにクレンジングが必要になります。クレンジングをして、そのまま放置すれば肌の乾燥が加速します。肌断食をたまに経験させるのもいいですが、足りないと感じたときは、スキンケアを行った方がよいかもしれません。

朝の洗顔の際に、私の母は、洗顔フォーム類は使用しません。母は顔を洗う時には水だけで洗います。

母が言うのには、石鹸や洗顔フォームで洗顔すると、大事な皮脂が全部落ちてしまってお肌にとっていいことではないから水だけでじゅうぶんと、石鹸いらない説をよく教えてくれます。そんな母はですが、65歳という年齢を感じさせずすべすべしています。



潤いがなくなると肌荒れしやすくなるので、ご注意ください。


では、水分量を高めるためには、どんな肌のお手入れを行うのが良いのでしょうか?保水、保湿に効果的な肌のお手入れは、血流を促進する、美容に効果的な成分を多く含んだスキンケア商品を使用する、顔の洗い方に気を付けるという3つです。

敏感肌のスキンケア用の化粧水には、余分なものがないシンプルなものを選ぶようにすることが大切です。界面活性剤などが入っていると、肌が突っ張ってしまい肌にとって良くない事が起こったりします。だから、安めの化粧水でもいいので、肌に十分しみこませて、保湿を行うことが重要です。ほうれい線を消すには、ビタミンCが配合された化粧品を使用してみましょう。ビタミンC誘導体には、細胞を更に活発化させる働きがあると評価され、コラーゲンの繊維を増加させるということでよく知られています。
合わせて、美顔ローラーでお肌をコロコロすると、よりいっそう効果が期待できます。スキンケアでいちばん大切にしなければならないことは、正しい方法で洗顔することです。
洗顔のやりかたを間違っていると、肌を痛めることになって、保水力の低下を招く原因となるのです。


ゴシゴシ洗わずに弱い力で洗う、漱ぎを時間をかけて行うということを忘れることなく、洗顔をすべきです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ルナ
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wbaadolsolyolt/index1_0.rdf