2012年12月14日 ふたご座流星群が極大です。

December 06 [Thu], 2012, 18:09
皆さんは凍てつく冬の夜空を貫く光の矢を見た事はありますか12月でしたらそれは、ふたご座流星群の流星だったかもしれませんよ。
ふたご座流星群は毎年早い時間から多くの流星を見せてくれますが、今年は新月が13日なので月明かりの影響もなく楽しめそうですね。
ふたご座流星群3大流星群期間12月5日12月20日極大12月14日金08時頃HR50放射唐フ出東京17時54分大阪18時14分福岡18時39分放射唐フ南中東京1時43分大阪1時59分福岡2時20分月齢08速度35qs母天体ファエトンA3200※極大が夜明後なのが残念ですが、14日の未明から明け方は沢山の流れ星が見えるはずです。
ふたご座流星群を観察するには何日の何時ごろ見ればよいのか流星群は12月11日頃から16日頃にかけて活動します。
中でも12月13日から14日にかけての夜は、流星が最も活発に出現すると考えられます。
20時頃から流星が出現し始め、真夜中過ぎから明け方にかけて多くの流星が出現しそうです。
ただし、予想は確実なものではありません。
なるべく長い時間、そして長い期間、実際に観察をして下さい。
どの方向を見ればいいのか見る方向を気にする必要はありません。
流星はあらゆる方向に出現します。
ふたご座の方向だけに出現する訳ではないですどんな場所で見ればよいのか日本全国どこででも見れます。
できるだけ安全な、街灯などのない暗い場所で見手下さい。
何か道具は必要なのか肉眼で観察しましょう。
望遠鏡双眼鏡などは不要です。
記録される人は画板紙、鉛筆懐中電灯、放射唐フ位置を確認するための星座早見盤があればベストです。
ふたご座流星群の特徴はふたご座流星群は、毎年12月13日から14日頃を中心に活動している流星群です。
ふたご座流星群の活動は11日頃から16日頃まで続くため、その期間は流星の出現が期待できます。
ふたご座流星群は、流星を初めて見てみようという人にもお勧めです。
その理由のひとつは、流星数が多いことです。
毎年、ほぼ決まって、たくさんの流星が出現します。
1月のしぶんぎ座流星群8月のペルセウス座流星群と並んで三大流星群と呼ばれています。
4等星まで見えるような平均的な空で晴天に恵まれれば、1時間に1520個の流星を見ることができます。
暗ければ暗いほど、より多くの流星を見るチャンスがあります。
もうひとつの理由は真夜中前にも流星が出現することです。
三大流星群のうちペルセウス座流星群やしぶんぎ座流星群は、どちらも深夜から明け方の時間帯を中心に流星が出現します。
しかし、20時頃という早い時刻から出現するふたおしゃぶりご座流星群は、お子さんにとっても観察しやすい流星群と言えます。
今年は願ってもないチャンスです。
是非騙されたと思って見て下さい。
1個でも見たら何とも言えない素敵な気持ちになることまちがいなしです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wb4l03w8m7
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wb4l03w8m7/index1_0.rdf