ニッポンに行きたい人応援団のタミヤ回が凄い

April 18 [Wed], 2018, 19:52
16日にテレビ東京で放送された「ニッポンに行きたい人応援団」を見た人いますか?

いつもならばその時間は仕事中でテレビを見ることはないのですが、プロモデラーの長谷川迷人のツイッターで知って、録画したものを後から見ました。
世界トップのプラモデルメーカー「タミヤ」を愛するアルゼンチン在住のディエゴさんのお話。

6歳の時に祖父から送られた1/6ホンダゴリラのプラモデルを作った事がきっかけでタミヤを知った彼は、将来タミヤで働くという夢を描くのでした。
そのために工業系の学校に通い勉強をしていたのですが、祖父が興した家業を継ぐはずだった父が急逝。
彼は学校を辞め家業を継がなければならなくなり、夢を諦めざるを得ませんでした。

しかし彼の「タミヤ愛」は決して失われることはありません。


部屋には沢山のタミヤの箱が、しかしほとんどが手付かずの状態だ。
彼は言う「未熟な自分が作ることで、タミヤが完璧でなくなってしまうのです」
「組み立てるのはいつか日本で学んでから」と。
きっと家業が忙しくて、作る時間もなかったのだろう。
ん〜、わかるよぉ〜。

日本に招待され、ついに聖地、タミヤ本社を訪れるディエゴさん。
熱いタミヤ愛と、それを出迎えるタミヤの粋な計らい。
彼が涙するたびに、ワタシの目にも涙が・・・
まぁ〜、とにかく感動の1時間でしたよぉ〜。

ひとりの男が持つ熱い思いが、沢山の人の心を動かした。
それは偶然だったのかもしれないが、必然だったと思ったほうがきっと幸せだ。
だからもう一度、「宝くじは買わなければ当たらない」って言いたい。


Youtubeに上がっていたので貼っておきます。
いつ消えちゃうかわからないから、早めに見ておきましょう。
絶対、感動するよ!
特にモデラーなら号泣間違いなし!

クラス会

April 16 [Mon], 2018, 19:44
先週末は小学校のクラス会に参加しました。

卒業以来、会っていなかった人だと43年ぶり!
「誰だかわかる?」 って聞かれてもわからない人もいました。
女の子はすぐにわかったのですが、男だと見た目の変化が激しすぎて・・・
特に頭が(笑)

最初は 「40年ぶりに会う人達と何の話をすればいいのかなぁ」 なんて思っていましたが、何の心配もありませんでした。
みんな3時間も喋りっぱなし。
それでも話足りない状態で2次会に向かいました。
残念ながらワタシは体力の限界が来たようで、離脱して家路に着いたのでした。


最近気分がすぐれなくてあまり外出もしなかったけれど、やっぱり楽しいことは外にあるんだなぁ〜。
今年は絶対Elefantagのオフミに参加しなくっちゃ!

まあ、どうでもいいけれど・・・

April 12 [Thu], 2018, 23:01
昔、「歯が抜ける夢を見た」 って話したら色々と分析してくれた人がいたけれど、はなし半分で聞いていたので覚えていない。

今日、歯の詰め物が取れた夢を見たのだけれど、この場合の分析結果がどうなるのかが今はなぜかとても気になる。

ストライクゾーンの拡大

April 08 [Sun], 2018, 23:24
ある程度歳を取ると、活躍中のスポーツ選手が自分より年下だってことに気が付いて、ちょっぴり驚くよね。

50も半ばになったワタシ。
熟女モノのAV女優さんが自分よりはるかに年下だってことに、今更ながら気が付いた今日この頃なのであります。

いつの間にか自分の 「若いおねえちゃん」 の定義に40代も含まれていました。

不可逆

April 07 [Sat], 2018, 20:44
2ヶ月ぶりに大学病院での検査と診察。
昨日は明け方まで眠れなかったので、午前中に病院へ行くのはとても辛い。
いつもなら寝ている時間だからね。
去年の前半くらいまでは 「徹夜上等!」 って感じで仕事もしてきたけれど、もうそんな力も無くなってきたなぁ〜。
もう数十メートル歩くのも杖が必要だしね。
時計の短針のように、気が付かないけれど確実に進んでいるんだなぁ〜。病状は。

それを一番感じるのは、主治医の言葉が優しくなって来ていることかも(笑)

気分ダウン中

April 01 [Sun], 2018, 17:33
もう4月かぁ~。

今年中に仕事を辞めて工場を返さなきゃならないのに、どこから手を付けていいのやら。
去年、養育費を払い終えてから考え続けてはいるのだけれど、なかなかまとまらない。

「現状から逃げている」 見たいな事を言う人もいるけれど、事情を詳しく話してから 「じゃ、どうすればいいと思う?」 って聞くと黙ってしまう。
ワタシの脳みそなんてたかが知れているから、これぞという意見があればホイホイ受け入れちゃうんだけどね。
とりあえず、病名がわかった頃に仕事先のスタッフに言われた 「とにかく福祉事務所に相談しなさい」 が、一番参考になったかなぁ。

結局、恋の悩みなんかと違って誰でも経験する悩みじゃないから、プロに相談するのが一番なのかもね。

あ〜あ、宝くじでも当たんないかなぁ〜。

諦めなければ夢は叶う

March 19 [Mon], 2018, 18:22
夢が叶っちゃった人はそう思うだろうし、ワタシも紆余曲折の後にようやく開業出来た時には、「諦めなくて良かった」 と思った。
しかし、若者に将来のことを相談された時にはこの言葉は使わないなぁ〜。
だってこれって結果論だもん。

「宝くじは買わなきゃ当たらない」
これだな。

走るための義足であって、走れる義足じゃない

March 16 [Fri], 2018, 22:06
オリンピックが終って、パラリンピックが開催中ですね。
障害者スポーツにどれほどの人が興味があるのだろうか? っていうのは置いておいて・・・

スポーツ用義足がテレビで紹介されたりすると、突然増える義足屋への問い合わせが、「アレを履けば私も走れますか?」 ってやつ。
特別な義足じゃなくとも、子供なら勝手に走っちゃったりしちゃうものだし、若者なら少しの練習で走ることは出来る(切断部位にもよるけどね)。
しかし、なぜか問い合わせをしてくるのは高齢者が多いんだよねぇ。
しかもいくら説明してもわかってくれない。

仕方ないので来店してもらい、目の前でワタシが走るところを見せる。もちろん普段の義足で。
そして、初歩の練習方法を教えて、「これが出来るようになったら、またお越しください」 と。
その後、「出来るようになりました!」 なんて人は来ませんでしたけど・・・

イチロウ選手と同じグローブを使ったって、野球をやった事が無い人がいきなり出来るようにならないし、カール・ルイス(古い?)と同じ靴を履いたって速くは走れないっていうのと同じなんだよねぇ。

それが、若い人なら説明だけでわかってもらえるのに、人生経験を積んだ高齢者がなかなかわかってくれない。
本気で走りたい人は応援したいし協力もしたいけれど、努力もしないで結果だけを求める考えが気にくわないんだよなぁ〜。

障害者スポーツでは道具の性能も大切だけれど、何よりも選手本人の能力が勝敗のポイントなのは健常者のスポーツとなんら変わりはないのです。
日本ではスポンサーがつきにくい中で、彼らはとてつもない努力をしているんですよ。

吸える元気があるうちに

March 15 [Thu], 2018, 18:38
先週買ったショートピースが美味くて美味くて。


買っちゃいました。缶ピー(笑)
昔は、「確かに香りはいいけれど、キツくて吸えねぇ〜」なんて思っていましたが、煙管に出会ってから「タバコを味わう」ってことを覚えましてね。
こういうタバコもようやく嗜めるようになりました。


ついでにしばらく使っていなかった煙管も手入れをして、一晩加湿した刻みで一服。
やっぱり美味い!
煙管の場合、紙の味?を感じないのがいいね。

タバコの銘柄は今まであまり変えなかったけれども、いろいろと試してみるのも楽しいかも。

「天に唾する」 みたいな感じ?

March 12 [Mon], 2018, 21:22

今じゃ立派な?ヘビースモーカーのワタシですが、タバコを吸い始めたのは30歳を過ぎてからなんですよねぇ。
しかも喘息もちで呼吸器系が弱かったので、タバコを嫌う人達の意見もよくわかるのです。
でもね。
これだけは違うよなぁって思うのが、「値上げして買えないようにすればいい」という意見。
ようするに「税金を上げろ」って事なんだけどさ。

税額ってそんなふうに決まっちゃっていいのかなぁ~?

なんだかさぁ〜、民主主義の限界みたいなものを感じるんだけど・・・
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kaz
読者になる
2018年04月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像Kaz
クラス会 (2018年04月18日)
アイコン画像Kaz
クラス会 (2018年04月18日)
アイコン画像湘南のT4
クラス会 (2018年04月18日)
アイコン画像copersucarf5a
クラス会 (2018年04月18日)
アイコン画像Kaz
気分ダウン中 (2018年04月12日)
アイコン画像Kaz
ストライクゾーンの拡大 (2018年04月12日)
月別アーカイブ