数年前になりますが新居が完成して引越しした際デスク

February 22 [Mon], 2016, 13:17
数年前になりますが、新居が完成して引越しした際、デスクトップパソコンの移動には全力を尽くしました。
引っ越しの時は、娘は3歳、息子が1歳だったのですが、写真データが全部パソコンのドライブ内にあったのです。



運ぶときの衝撃でデータが壊れないようにたくさんのクッション材を使って梱包しました。会社さんも本当に丁寧に扱ってくれたのでデータは壊れることなく運ばれ、傷もありませんでした。



同じ町内など、転居先が近い場合は専門会社を使わなくても、家族やお友達の手を借りるなどで、引っ越しはできます。その方法ですが、まずは自家用車で運べる分の引越し荷物を何度も時間をかけて新居に運び入れます。



少量ずつ時間をかけて運んでいくことで自家用車で無理なく、しかも十分な引越し荷物を運搬できます。
そうはいかない大型家具については、トラックを借ります。


このレンタルトラックで効率よく運び込んでしまいます。なかなかこの通りに都合良くいかないかもしれませんが、それでも支出をまあまあ安くできます。コート類、スーツなどハンガーに吊してある衣類の荷作りをする時に多くの引っ越し会社でレンタルサービスしてくれる運搬専用の衣装(自分だけで選ばないで、身近な人や店員さんに相談するといいかもしれません)ケースがありますから、これによって衣服をスピーディに梱包できるようになります。ダンボールを使って荷作りをしていくとなると箱の中に立たんで詰める手間が必要となります。



でもこの衣装(自分だけで選ばないで、身近な人や店員さんに相談するといいかもしれません)ケースのような転居専門アイテムを利用するとハンガーにかけてある状態で、すぐケースにどんどん移動指せて梱包できます。
新居で行なう荷ほどきも同様にハンガーのまま取り出して、クローゼットなどに収納していくことが出来て便利です。

大きな家電や家具などを、転居スタッフがトラックに運び入れたりするのを見ると、ふと、落下指せたり、こすって傷つけたりしないか、心配して見ています。
段差に引っかけて落下指せてしまい、壊れてしまったということになると大変ですから、見た目にも丁寧に引越し荷物を運んでくれる転居業者は信用でき、頼りにしています。転勤が多く、引っ越し経験は多い方ですが、引っ越し作業は業者と伴に行なうようにしていますが、運がいいのか、引越し荷物をぞんざいに運ぶような会社に遭遇したことはありません。万が一、家電などの破損があったりすると、引っ越し会社から補償を受けられるので、引っ越しは自分で運んだりするよりもプロに丸投げした方が、もしかしたら損しないのではないか、と思うようになりました。引っ越しの際の挨拶回りなんて古いと考える人もいるかもしれませんが、やはりご近所トラブルを未然に防ぐという意味でも必要不可欠ですね。贈答品にも気を遣ったほうが良いのですが、のしのマナーで戸惑う方も多いようです。

あまり堅苦しいものも良くありませんので、外のしを使うのが一般的ですね。

表書きはご御あいさつで、下には自分の苗字を記名するように指定すれば転居の挨拶として似つかわしいものになるでしょう。引越し荷物を運び出すときに冷蔵庫が準備できていなくて、搬出時にゴタゴタすることもあると聞きます。
冷蔵庫は転居に備えて、前の日までに冷蔵庫内のものを出しておき、その後、スイッチを切って水滴貯めパレットにじわじわと貯まった水を捨てておくと準備完了です。冷蔵庫の中のもの、特に生ものや氷は、冷蔵庫の電源を切るまでに使い切るようにし、冷蔵庫で保管するものは買わないようにして少しの間、冷蔵庫なしでもしのげるようにしておくべきです。
先週の土日を使って、引っ越しを終えました。転居作業が全てオワリ、部屋の電気をつけて明るくなったとき「ここに住むんだ」とジーンときました。その後、思い切って奮発し、普段ならぜいたく品の宅配ピザとお寿司、それから好みのワインも用意して引っ越しが無事終わったお祝いをしました。新居での生活も楽しみいっぱいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:拓海
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wavrcekeekasie/index1_0.rdf