epiphone crestwood 1967-8 

2017年03月16日(木) 13時10分




春のミニハム祭りということで。
エピフォンのオリンピックブームが私の中で一時ありましたがオクターブが合いにくいので全売り。


そのグレードアップ版であるこのクレストウッド。元から低いフレットが打たれているようです。
低いフレットは音程がいいのでよろしい。


ネックの幅は広い。カマボコっぽい感じね。


ファイヤーバードと比べると下のレンジが狭くてギュッとした音がでます。


カミソリクランチ系やSGっぽいサウンドが欲しい時に良い感じ。





gibson 1965 firebird v non reverse 

2017年03月04日(土) 18時07分



ずっと欲しかったぎたぁ〜
(パーフリ)


ということで来ました。ノンリバ。


このギターは鈴木茂もそうだが、なんといってもスティーブウィンウッドが使ってたので前から気になっていた。


シンシナティのストゥージズやグランドファンクと共演したライブでの音がメチャカッコよくてね〜


そんで日本だとどこかしら改造されてんのが多くて、アメリカから買いました。なるべく無垢な子を選びました。




出音はオリンピックに似てますね。
それがもうちょっと音量デカくなってガッシリしてる感じですかね。


っいうかなぜか結構タマ数が少ないですね。


ギブソンのなかでも茂が言ってた通り、フェンダーよりのギターだなと。このピックガードがそうさせてるんじゃないかな。


だがチリチリしてる感じはギブソン、ミニハムならではですな。


音程もギブソンにしては良く、何かと使えそうな感じ。


試奏
https://instagram.com/p/BRNaZAOhiZV/

ムスタング ブリッジ 固定 超簡単バージョン 

2017年02月25日(土) 11時51分
ムスタングのグラグラブリッジ、ビンテージファンはなるべく変えずに音程の不安定さの改善をもとめるわけで。


スペーサーをかましたり、
ブリッジのポストにテープをまきつけるのも有りますね。


私が提案するのはこれ




ポストに一回り大きいスプリングをはめる方法。


1.完全に固定しないことでムスタングのチャラい良さは保つ


2樹脂じゃないので音がこもらない。


3そんなに動かない。


4多分安い。


わたしはパーツで余ってるやつからハメましたけどこんなスプリング、どんなんでも良いでしょう。


元に戻すのもたやすいのでおすすめ。



ムスタングでひいたギターソロの曲
https://youtu.be/dglkC0YzrB4










eko rokes model 

2017年01月09日(月) 11時31分



ekoのrokesモデルは滅多に出ないモデルでして。普通に10年以上探していました。
ベースを先にみつけて、これがカッコよくて音がいい。
ekoのコブラベースはもってて、仲間のvoxベースも。
総じて音が良かったんで期待は高かったんですが。

これも音が良い。
試聴
多分ピックアップがデュアルモンド製らしく、ハーモニーのベースっぽいニュアンスもあります。

ベースのつくりもそれらと比べて少しデラックスな感じ。

ekoの謎木材と思われる、羽根のように軽い一本。

ビザールと侮れない一品です。


そんでギターもイタリアのコレクターに譲ってもらいましたが、こちらも悪っぽい音がでます。

ekoのギターは耳が痛くなるような高音がありますが、似た感じ。
こちらもデュアルモンドだからか、それらをほんの少し高級にした音です。
試聴
ロンウッドっぽい。





fender swinger 69 カスタム 

2016年12月04日(日) 23時40分
ワタさんの一番好きなシェイプのギターは
フェンダースウィンガーなんですが、
元々はフロントに1PUのものしか存在しません。2PUのものをもとめるなら、再発のサードパーティのものしかない。
まあでも、本物以外は偽物な訳で。


しかしビンテージのスウィンガーをいじるのはちょっと歴史的にいかんのですよ。
200本くらいしか存在しないギターですからね。


するってぇと、運良く既にザグられているswingerを発見。
これならさらに改造してもいいよなと思いました。


ピックガードは元々ついてたのがオリジナルではないので、ザグってもらいました。
白も用意したのですが、驚いたことにduosonicとかと互換性がない。さらに細身のピックガードなのでした。


そして追加のリアピックアップ。
69のピックアップはリード線が細いやつになっているのでそんな風なピックアップを探しました。ドンピシャはなく、70年代のものでガマン。


PUセレクターもわざわざビンテージのやつ取り寄せるっていうね。


そんで配線はネック側で普通のフロント、ミックス、リアになってて。
リア側で並列、直列が選べるというネット情報のやつを採用しました。


ムスタング系でトグルスイッチだと萎えるのであくまでも当時swingerが仲間にいれてもらえてたらこう。という感じです。


音も思ったより良く、ビシッとしています。


北海道のteenarama!にカスタムをお願いしました。大変素晴らしい仕事。
ありがとうございます。




















gretsch duo jet white 1963 

2016年11月20日(日) 22時01分




わたしの中でデュオジェットのダブルカッタウェイブームです。


ソリッドシリーズというのは嘘で、チェンバー構造です。


この少し前のモデルと比べると、このバーンズビブラートのもののほうがホロウっぽいです。より柔らかい。


生音がジャンガジャンガ的に鳴ります。
アンプ通すと、ほんといい音で参ります。
音以外のなにかがずっと鳴っているような
トローンとした感覚。
そこまで軽くはないですが、小型のセミアコみたいな感じで使っていきたいところ。

マルコムヤングとgretsch jet シリーズ 

2016年11月07日(月) 17時13分





マルコムヤングが最高すぎて、ずっとダブルカッタウェイのグレッチのファイヤージェットが欲しかったんですけど、やっと見つけました。


サウンドは最高なんだけどちょっと配線がおかしいので直してもらっています。


その間、そのちょい前のスタンバイスイッチのないデュオジェット黒も入手しまして、
こちらもすごく良い音。


マルコムのものは色々変換があるが、バーンズビブラートの赤いやつのほうがちかい。
でも右下のボリューム二個の位置がちがう。スイッチと入れ替えただけかもしれない。


初期のビデオでは自己流のピックガードでPUの穴を隠してる。








左側のカッタウェイのもう一つの穴が何なのか気になる。


そうそう。簡単モデファイとしてはリアの方が弦に遠いので、シムればよりバランスよくなります。試してみてね。


追記


どうもミニスイッチ、ミニスイッチ、追加ボリュームのようだ。
左上のカッタウェイの件ね。

このボリュームでミドルのハムが混ぜられたのかもしれない。

fender stratocaster 1964 

2016年11月05日(土) 15時20分



きてしまいましたね。
ストラトキャスターです。
デイトは1964DEC。

昔から憧れの音といえばモンタレーのジミのストラトでして。
トラロゴのやつ。

あれは65年かもしれないすけど、スペック的にニアなこいつを選びました。
かなりコンディションがよく、
キレイです。

音もとてもよい。
スチューデントモデルと比べると、高いんだぞ!っていうしっかりした音程がでてきます。

逆にブルースにはスチューデントモデルの方が曖昧で向いてるかも。


とにかく弾いていて気持ちがいいので、こればっかり弾きたくなる。
名器には理由がありますな。

talkin'about treeberrysのおもいで 

2016年09月18日(日) 20時59分



録音で覚えてること
この頃はブリテッシュビートが大好きだったのでミックスはモノラルと決めていた。


全曲を新宿ジャムで、1日で同録で録った。


タスカムのアナログMTR
イナはリッケンの360
渡来はフェンジャパのジャズベース
イワセさんのスネアは深胴のやつだったと思う。


4チャンをもう一台用意して、1/4にピンポン。2/4にイナ、3/4にワタ、4/4にパーカス。
歌は全部ピンポンダブルトラック。


プレイバック聴いてタルかったんでテープの速度をかなり上げている。


ミックスは笹岡。


そうそう。リッケンはスパイダースの井上さんのインタビューを読んで全部フロントPUで弾いてもらってる。アンプでハイ上げ。


1.デモテープにも入ってたと思う、我々のテーマみたいな曲。イナ作。


2.デイブクラークファイブ意識。
最後ギターが止まるはずが伸ばしてる。
発音ひでぇな。曲はいい。
ワタ作。


3.この曲はユートピアの抱きしめたいぜを意識して作ったといってた気がする。曲がサイコー。
イナ作。


4.デモテープにも入ってたと思う、初期の曲。演奏はこの中で一番いいと思う。イナ作。


5.最後ギターをとちって唯一一瞬だけオーバーダブしている。
シンプルでいい曲かも。ブレンズリーの歌詞をパクっている。
演奏はよくない。
ワタ作。


6.これも演奏がいい。最後はドラムソロで終わるはずがイワセがごねてフェードアウトになった。歌詞はブリテッシュビート狂の私のことらしい。フーのメンバーがでてくる。
イナ作


7.唯一ワタ作でイナボーカルのパターン。結構曲づくりがオタクっぽい。この当時一番新しい曲だったと思う。


8.これもデモテープにはいってた。ボーカルが弱々しい。最後に歌って疲れてたのを覚えてる。またもや曲づくりがオタオタしい。
ワタ作。


9.コリンブランストーンのマネをしてイナが歌っている。デモテープにはいっていた。
イナ作。


10.唯一のゲスト、笹岡がキーボードで参加。ジョージフェイムっぽくしたかったんだっけな。曲はいい。歌詞の乗せ方にまだ課題がある。ワタ作。


11.ベストトラック。イナの名曲。フーみたいな演奏にホリーズのボーカリゼイション。っていうのがこの頃のテーマ。まあまあできてる。迫力はないけどね。


12.こういうメロディ希薄なやつをヨゴレ系とバンドで読んでた。ホリーズのセットミーフリーがインスパイア元じゃないかな。





rickenbacker 625 1963 

2016年08月20日(土) 12時36分







謎のリッケンバッカー625が来ました。
ジャックがありえないとこについています。


もとの部分がすっぴんなので改造ではないらしいです。


アーム横に銀パネを追加してるのでピックガードが浮いてるっていうとこがキカイダーっぽいです。


初めて買ったリッケンバッカーは現行の620なんで予想はついてたんですが
重い。レスポールみたい。


まあ重いギターは音が伸びるので良さはそれなりにあります。


リッケンバッカー唯一のリードがとれるギター!って感じ。


そして音がまっすぐ飛んでく感じ。


音程も良いんですよねコレ。


アームも楽しく、重いギターは荒く弾いても大丈夫なんでパンクみたいのにも向いてるんじゃないですかね?


見かけによらずストロングなギターでした。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:渡来宏明
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる
シンガーソングライターマルチプレイヤーの渡来宏明です。
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像てんびん
» fender swinger (arrow musiclander)1969 (2013年03月07日)
アイコン画像leo
» hofner 1967 (2013年02月12日)
アイコン画像わた
» 中原めいこ (2011年05月02日)
アイコン画像ワダ
» 中原めいこ (2011年05月02日)
アイコン画像マーセラ
» ワタさんのアルバムレビュー (2010年03月18日)
アイコン画像わた
» アルバム予約開始しました (2009年12月09日)
アイコン画像マーセラ
» アルバム予約開始しました (2009年12月09日)
アイコン画像240
» マイクネスミス/ magnetic south (2009年11月15日)
アイコン画像わた
» wattack records shop オープン (2009年06月05日)
アイコン画像原盤隊員
» wattack records shop オープン (2009年06月04日)
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wattack/index1_0.rdf