残酷なのかね 

January 21 [Thu], 2010, 0:02
友達でも何でもない、ただの知人の、一見幸福に見える不幸を見ていながら
修羅場にすらならない虚しい未来になると知っていながら
何も言わない、何もしない、ただ見ているだけなのは。


年末近くから昔の夢をよく見るようになった。
言葉が話せ、自分の意志で動けていた頃の父
まだ生きていて元気な頃の妹
何気ない会話が交わせていた
皆笑顔だった頃の家族の夢

妹の夢を見る度に、目が覚める頃、涙を流してる
思い出に囚われそうになり、夢だと気付き現実に戻る為に

日々に想う事はもうあまりない
世の中の男性にはもうあまりまともな人は残っていないのだろうか
世の中の女性で男性の事を信じてくれる人はあまりいないのだろうか
今日の晩御飯は何にしようか
明日の仕事はどうしようか
そんなことくらい
未来の事は考えなくなった

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:waterclock
読者になる
2010年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる