彼の厳しく焦点ショーで楽屋マークジェイコブストリーバーチ 通販

August 30 [Thu], 2012, 11:35
彼の厳しく焦点ショーで楽屋マークジェイコブス

私はそこにすべてのことを簡単なものの疲れている、 マークジェイコブスは彼の厳しく焦点ショーでステージ戻って言った。私は厳格かつ規律ある何かをしたかった。 だからジェイコブスは砂時計のくびれから、漫画っぽい女らしさの異なるビジョンに目を向けた、ペプラム- 取りつかれた、ペンシルスカートディオール時代のサイレンセックスショップの秘書とdominatriceshisに後者のソースは、マークジェイコブスのハンドバッグのミラー化された滑走路の家がショーの独創的なゴムの服を生産並んタフト白特許列によるほのめかし;シースドレスやスカートで働いていた 洗練された新しいszdmthsaレベルに材を取った魚のスケールの層があります。



  マークジェイコブスのバッグが堅く結合またはダブルフェイスの生地、ゴム、あるいは漆塗りのワニで達成驚異的な身体qjrwipibqsを持っていた。 彼らは?早いAlaを誘発シルエット·トゥ·ザ·見栄え-bodynを成形してもGaultierheyされていなかったとき(五十バレンシアガと思う)が劇的standawayました。 とトートマークジェイコブスとその定義されたベレー帽から、おそらくロイ·リキテンスタインheroinerピースの伝説的なパフォーマンス·アーティストリーBoweryostが特大の水玉模様で覆われていたような(スティーブン·ジョーンズ、ジョージ·キューカーiconically年代にファッションショー·シーケンスに対して、エイドリアンのデザインに触発さ 古くさい1939映画の女性)は、そのホースとウェッジヒールの雪のブーツに押し込められた足首までの長さのポップソックスへ。

  マークジェイコブスの靴はスプラウスとラクロアの栄光の日々を呼び起こす彼らの衣服に嵌め込まれているように、彼は眉を上げる。 私は知りませんと、彼はふざけて言う。 私にはひどくaujourd'hui気分だよ!このシーズンは、ヘアスタイリストグイドパラオとベテランメーキャップ係フラン?OISのNARがショーで61の女の子のそれぞれの個々の外観を作成するために頼まれていると、必然的に、彼らはいくつかに彼らの類似点をのろける アイコンマークジェイコブス財布の彼の設計プロセスで考えているようです。 ジョージーBadielは70年代と80年代のイヴ·サンローラン滑走路のスターだったムー、マルティニーク島出身の美しさのように不気味に見えます。

  服はすべていくつかの乱暴にファッショナブルな流行病の犠牲となったかのように、マークジェイコブス財布ドットは、毛皮の上に表示されるか、プラスチック製のスカート上のパコRabanneike形成にリンクされ、保税ウール上にエンボス加工であった。 水夫のズボン、または硬い、空気圧ハンドバッグ上の留め具の美しくカットペアであってもボタンは、逃亡中の斑点のように見えた。 サテン片に再アップリケ、奇数軟化ruffle.Itはすべて非常に首をかしげたくなるような、遊び半分のだったブドワール黒いレースマークジェイコブスハンドバッグ販売のドットから猶予があったかというと、あなたが知っている。 。 。 我々は退屈! Jacobsutは各部分がカットの私たちが挑発的、変幻自在ジェイコブス氏に期待する発明の支配を明らかにしたと述べた。

  ここではマーク·ジェイコブスのドレスの中で最も若いチームは覚え​​ていないというモデルやファッションは甘美ムーと両性具有Jenyハワースのようにしており、時ジェイコブスのフリルとフリルとドレープとエマニュエルウンガロの年代クチュールconfections.Evenの印刷カクテル 参照は、過去に自分たちのルーツを持って、今シーズンと同じように、それは彼の創造的なプロセスをアニメーション化し、二十一世紀にしっかりと彼のルックスを持ったモデルです。 それぞれの女の子がで歩き、あなた色のうちの一種、ジェイコブスは説明しています。 あなたは彼らのマルベリー着色のための魅力的な、または面白いように見えるそれらの服を入れて、また自分のキャラクターのためにあなたは50種類の女の子なしで一緒に50ルックスを置くことができませんでした:それぞれの女の子に一目見てそして、あなたはそれについて考える時間がない。 ので、彼らはそれを新鮮さを与えていないこと。非常に迅速かつ自発的なものだし、それはあまりにも勉強やルックス、最後には完璧であったとしても、あまりにも不自然szdmthsg感じることはありません。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/watchestoo23w/index1_0.rdf