HYTのスカルマオリ

January 08 [Fri], 2016, 17:58
「抽象的なスケルトン形を作り出したりスケルトンをまったく新しい方法で解釈することは私達のスタイルがありませんでした。
ただスケルトンそのものを作りたかった。」HYT の CEO ヴィンセントフェリーアド(Vincent Perriard)は言いました。

そして誕生したのが HYT 方法で遠慮なく(!) スケルトンをダイヤルにインポートされた新しいスカルコレクションでした。
もちろん 、HYTの長期的な液体を活用する流体力学(liquid mechanics)はそのまま適用ました。
実際スカルコレクションは、むしろ多くの説明よりも、一度見ることがよりよいほどビジュアルそのものでインパクトが感じられます。

今回は 、HYTがスカルコレクションのバリエーション格スカルマオリ(Skull Maori)を新たに発表しました。
既存のスカルよりもはるかに強烈になりました。

HYTのアートディレクター慈悲は、今回はスカルをさらに強調したかった、
それは簡単に接することができない伝統メティエ・ダール技法であるハンドエングレービング方式を使用して見せてくれたかったし。
ここでマオリ族のタトゥーを取り入れたのです。 おかげでスカルの顔が確かにはるかに華やかヘました!

ご覧のようにスケルトンの形を成している薄い管の中で液体が動いています。
これが時間を指すアワーマーカーを支配。 まあ、 これは HYTで続けてきた方式だからそれほど新しいものではありません。

ただし、ここで注目すべき部分が管の形状です。 直径が 1mmにも満たない薄い管にスケルトンの外観を作ること自体も決してたやすくはありませんでした。
ところが、特に顔の角で折れる四つの部分、 その中でも、ほぼ 90度近く折れる下の部分は、特に高難度の技術を要しました。
細いガラスを曲げなければならないという点で、そうでした。

液体がこのように角度が急激に折れる部分を無理なく通過することができる程度に十分な力を提供しながらも、同時に正確な時間を見せなければならすることがカギでした。
長年の研究開発の末 、12時間が通過する間に液体が各区間を 「適切な」 間隔、「正確な」 速度で動くようにすることに成功しました。
参考までに 、6時方向にある、まるで昔のカメラしわ装置を連想させる部分が微妙に膨張して収縮しながら、液体がスムーズに動くように支援します。

もう一つ注目すべき点があります。 分はどこを確認することができますか? 正解は 「確認できない」です
スカルマオリは分を別々に表示していませんでした。 ひたすらインジケーター一つの時間を表示することにより、(分だけ液体の位置に経験則するしかありません)
スケルトンの原始的な感じと一致するようにしたいと思っ説明ですね。

おかげで視線は静かに液体が動く管、 そしてダイヤルのほぼすべてを占めているスケルトンに差し込みがちになります。
また、そのような視線を妨げないようにするためなのか、既存のコレクションとは異なり、今回はダイヤル側はムーブメントをほぼ見られなくデザインしました。

スケルトンの目そのものにも、特別な機能が盛り込まれています。
右眼はパワーリザーブを見せていた、 パワーリザーブが使い果たす頃に達する目がますます暗くなる式です。
左眼には超ダイヤルを隠しています。

HYTはこれをこう説明します。 スカルマオリは最初に着用した人が時間を確認する時計ではなく、 時間が着用した、これを見守る時計とね。
「Let time look you straight in the eyes!」と表現したが、 いくつかの深遠することはし。

サイズは 51mmで、ブラック DLC チタンとゴールド素材をミックスした素材で披露し、 全世界の 15ピースのみを満たすことができるとします。
レーザーでパターンが刻まれたストラップも尋常ません。

残念ながらスカルマオリは公式動画が別に持っていない代わりに、 マオリのバージョンの援助(!)とすることができるスカルコレクション関連映像ではなく、します。
スカルマオリと液体が動く様子や駆動する原理は同じです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:watch-7750
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/watch-7750/index1_0.rdf