奪われたい非日常と取り戻した日常と。 

November 11 [Sun], 2007, 23:47
「お父様は、私がお嫌いですか」

精神的にも肉体的にも文字通り「瀕死」の状態になって帰ってきた私を待っていたのは、
まるで何事もなかったかのような日常で、
感情を表すことができなかった実の両親は如何いう理由からか
すっかり普通の表情を取り戻していた。
きっと養父が何かやってくれたのだと思う。
だって、消えていくあの人は奇麗に微笑んで・・・・。
元々表情が少なかったらしい父も、最近は偶に微笑みを浮かべたりする。
それでもその表情が私に向けられることはなくて。
自分が過去に散々言ってきたことを棚に上げて、少し、悲しい。
養父のもとで殆ど育った、成長しきった娘と話すことはないというのかもしれないけれど。
そして、昔散々言った酷いことを怒っているのかもしれないけれど。
今思い返しても、子供だったとか両親がそんな状態だったら仕方がない、
とかそういう事を通り越した酷い、醜い言葉を言ったと思う。

「何故」
「だって、」

言って、何といったらいいのか答えに詰まってしまった。
だって、だなんて、子供の言い訳見たいで、
しかも多分これから言うことも子供の駄々と変わらない。

おとうさんがおはなししてくれないの、だなんて。

突然できた二人の兄の方が、余程言いたいことを言える。
そして、彼らが言うには私は脳に言葉を留め置きすぎるのだという。
「もっと感情の赴くままに言葉を放っても良いんじゃないのか」、とは、上の兄。
「まあ、セイヤさんは感情の赴くままに言葉を放ちすぎて、本部長に色々押し付けられてますけどね」
とは、下の兄。
特殊な状況で育ってきたはずなのに、彼らの言葉はとても素直だ。
軽い言葉ではない。
でも、心のままに放たれた言葉は心に響く。
あんなふうに、何のこだわりもなく私も言葉を紡げたはずなのに。
でも言葉は――――――だから・・・・。
誰の言葉だっただろう、言葉は・・・・?

「君を」
「え?」

咄嗟に反応できなくて、思わず目を瞬いた。

「君を」

繰り返して、父は久しぶりに私を見つめた。

「嫌いだと思ったことは、一度もない」
見つめた瞳は見慣れた、紫苑の色をしていた。

「けれど、言葉は重いものだから」
「ー・・・っ」
「軽々しく、放ってはいけないと思った」

茫然と見つめる私に、彼は「昔話をしようか」と。

困ったように、微笑みを向けた。

なんてゆーか。 

October 11 [Thu], 2007, 23:44
余りにほっときすぎたので、出没してみた。
溜めに溜まった小話も放出したい・・・・。
そ・・・・その内・・・・近いうち・・・・。

凄いよ、ノーマット!! 

June 16 [Sat], 2007, 23:50
「ルルーシュってノーマットみたいだね」
「は?のー・・・なんだって?」
「ノーマットだよ!電気蚊取り!だって、電気入れてるだけでバタバタ蚊が落ちてくるんだよ?!もうこれはルルーシュ意外に例えようもないよ!」
「ー・・・・・お前は俺をなんだと思ってるんだ!!」
みたいな。
久しぶりの日記がこれって言うのはどうなんだろう。
でも、ルルは無駄な色気でバタバタ人を落としてたら良い。

それにしても、ノーマットの破壊力は素晴らしいです。
ここ最近、24時間フル稼働ですよ。
そりゃ一ヶ月用が半月で使い切るわ。
でもGには効かないんだよね・・・。
あぅあぅ・・
梅雨入る前に一回業者に来てもらうべきかなぁ・・・。
ボーナスがG退治に消えるって厭過ぎる。

ご・・ごめん・・・; 

June 07 [Thu], 2007, 22:27
雲雀さんのひみつ日記を見たら、昨日「誰も遊んでくれないの さみしいよ・・・」って書いてあった。
えと・・・ごめん・・。
mixiと、仕事でいっぱいいっぱいだったよ。
もうmixi一本に絞った方がいいのかしら。
でもそうなると雲雀さんがねぇ・・折角ここまで話すようになったのにぃ・・

うぁ・・・。 

May 27 [Sun], 2007, 12:30
こっちにかくのもう一ヶ月ぶりくらい?
放置しすぎだ。
でも煩悩の吐き出し口がなくなるので止めるわけにはいかない・・ッ!!
それにしても今日は暑いですなぁ。
昨日今日と二日続けて布団干してます。
今日はついでに綿毛布もあらったれ!!とばかり洗濯中。
三時くらいには雨の予報が出てたけど、その頃までにはある程度乾くだろ。
いまとってもスザルルで女神の刻印パロをやりたいんですけど、これ原作字体を知ってる人いるんだろうか・・。
樹川さとみの結構前のファンタジーなんですけど。
ていうか、完結してないんですけど。
聖獣の生まれ変わりと聖獣が愛した乙女の生まれ変わりの話なのです。
ゼロルル双子。
スザが聖獣か幼馴染か悩み中。
もういっそランスゼロのスザルルでどうだろうか・・。
開発演習中にこんなこと考えてます

凄い夢を見たよ。 

May 01 [Tue], 2007, 23:15
何の脈絡もなくサスナル。
私・・・・・・・・ナルトは特に気を配ってなかったんだけど何で?!
でも、そのまま忘れるには惜しいネタなので小話。
ていっても、ネタを箇条書きですけど。
なんでこんな夢見たんだろう、欲求不満?
わたし、いーあーるおーをひとにこうかいするのはじめてかもしれな・・・・・!

洗濯機の予約を忘れた・・。 

April 26 [Thu], 2007, 21:47
仕方がないので、六時前に一旦起きて洗濯機を回して二度寝・・。
できたらね
mixiの方がだいぶ交友関係の限界を見せている感じです。
あれ以上、人は増えまい。
向こうでも好き勝手書いてますけど、実はあれでもいろいろセーブなのです。
だからスザルル嵐小話はこっちに書いたし。
そんなわけで、全然関係ないですが。
昨日は初任給でしたー。
指定銀行が近所にも会社近くにもなくて、未だ記帳すらしてないですけどね。
なんか暫くは暇をつぶせるものを買おうか、薄い御本を手に入れようか考え中。
取敢えず、銀行を見つけるのが先決です。
じゃないと使えない。

今日の帰り、満員電車の中で中々ときめく光景を目にしました。
半ズボンの!!少年二人組。
何でこっちの制服は小学生の男の子に半ズボン穿かせるんでしょうかね。
お姉さん、ドキドキしちゃったよ。
片方が目がクリッとした可愛い子で、もう一人が天パな少年。
可愛いほうの少年は、なんか分厚い参考書大の大きさの本を読んでいて、
もう一人の子が一生懸命話しかけてるのv
少年の読んでた本は、「解剖学」とか書いてありましたけどね・・。
小学生でそれかよオイ。
満員電車の中なんで、天パの少年がすいてる場所を探して移動しようとしたんだけど
それまで本読んでた少年が、離れていこうとした友達の制服のポケット引っ張って
「どこ行くの?」って言ってたり・・。
色々、オイシイ(笑)
犬×インテリカプも私好きだよ!!!!!

え、そうなの?! 

April 23 [Mon], 2007, 22:36
うちの雲雀たん、お誕生日らしいです今日。
おめでとーありがとー。
しかし一年経つのに一向に雲雀たまっぽくならないよね。
ほら、「噛み殺すよ」って言ってごらん?(笑)
今週のおざんぷ見てないので、十年後の雲雀たまがどうなっているのか大変気になります。
今朝山手線で読んでいる人のをちらーっと覗き見たんだけど、リボは見てないのよ。

観光してきました。 

April 22 [Sun], 2007, 22:55
浅草。
一人だったのがなんかアレですけどね。
揚げ饅頭やらお団子やら、色々食べ歩きましたよ。
最近、甘いものと言えば脳を強制的に稼働させるために食べるチョコくらいだったので。
最近眠さの余り、平日の脳の七割はフリスクで稼働しています。

こんな夜更けに。 

April 21 [Sat], 2007, 3:31
こんなことをしている場合じゃないです。
寝ろよ自分。
なんかここまで行くといっそ寝ない方が良いんじゃないかという気になってきます。
24時間超覚醒。









ー・・・・・・・・・・・・・・・・・・無理だな。














睡眠は私の命です。
その割に最近寝てないけど。
そういえば、今ケンケンの公式ブログ行ったら、
なんか療養の必要がーとか書いてあったんですけど!?
えぇ、何?!
2007年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
NAME;華
北海道のリトル東京とか言われている都市に生息。
趣味は濫読。本さえあれば生きていけます。
舞台も好き。某。女だけの歌劇団に地元に本拠地が無いのが一寸悲しい今日この頃。
http://yaplog.jp/watashidakeni/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:watashidakeni
読者になる
Yapme!一覧
読者になる