立ち上げ! 

January 18 [Wed], 2006, 0:55
本日よりブログを立ち上げました

立ち上げた目的は、卒業旅行を記録に残すため
俺は大学時代、何カ国か一人旅をしてきたので、卒業旅行はその締めくくりの意味をもつ

今回の旅行は今までで一番悩んで決めた。

何を目的に旅をするか?
それを満たせるのはドコか? 
一人旅をする上で、日本での行事に参加できないマイナスを考えた上での期間は?
費やすことができる金額は? とか色々。。。

ってことで、これから出発まで徐々に書いていくことにします
ヨロシク〜

ナにしよー????? 

February 02 [Thu], 2006, 1:58
旅の目的地。 それはいつも悩むんだけど、今回はその壁がいつも以上に厚かった。
ドコでなにしよう

ってか、そもそも大切なのは
ドコへ行くかを決めて何をするか
ではなく、
何をしたくて、それをするためにドコへ行くか

何を求めて行くかということはとっっっっても大切なこと。

ってことで、考えてみた。
今までした旅行の中で、自分が何に対して感動を覚え、何に対して楽しむことが出来たのか

それじゃぁ、具体的にあげてみようか。
ドイツ〜オーストリアの旅    なんつっても、列車からの車窓。 ドイツのどこまでも続く緑の丘に青い空。まさに‘世界の車窓から’にでも出てきそうな景色美しかった そして、初めて見るヨーロッパの街並み魔女の宅急便の世界にいるみたい

次の旅行でも、感動したのは、スペインのアンダルシア地方をバスで走ってたときドコまでも整然と続くオリーブの木々

長くなっちゃうのでもぅ言っちゃおう
一番感動したもの、見たいものって言うのは、‘景色’なんです。地球を感じたいんです

そして、旅ではずせないのは、ヒトとの関わり
これも絶対はずせない
現地のヒトじゃなくても、旅の途中であった日本人、そして外国人旅行者との交流。
ふとしたことで助けてもらったり、一緒にご飯食べたり、一緒に観光したり。
ほとんどが、その場限りの付き合いなんだけど、その小さな交流が心を温める力ってとても大切。
それがあるとないとでは、全く違った旅になる。
言葉が通じなくても良いんです心が一瞬でも通じ合えばそれは立派な国際交流
そして、素晴らしい思い出になるんです

ってことで、今回の旅で求めるもの。
それは地球の雄大さ偉大さを感じることができる景色
そして、ヒトとの交流

さぁっこれをもとに、行く国探しをしよう

ドコ行こかー T 

February 03 [Fri], 2006, 4:00
自分が旅に求めるものは 地球の美しさ、そしてヒトと接することということを確認できた

さぁさぁ、どこ行こう
地球の大自然を感じれるとコ。
思いついたトコ。

「大自然を感じるために・・・」
ケニア 
で本物のサファリを見た〜〜〜い
さだまさしの ‘風に立つライオン’ていうのを聞くとその思いがさらに強くなった
この曲聞いてたらアフリカの美しい情景が浮かんで、行きたい気持ちをメッチャ刺激されました
でも残念ながら、今年は異常気象でスゴイ熱波らしいです。しかも、コレラか何かの予防で定期的に薬を飲まないといけないらしい。リスキーだし、お金かかるし、チョイめんどいしかも、飛行機があんまり飛んでないぶん、お金が高いんですそしてサファリツアーも結構高いらしいです。ムリ

アメリカのどっかの街とグランドキャニオンかヨセミテ国立公園
アメリカっていつか行けそうな気がするんよねぇ〜あえて卒業旅行の一人旅で行かんでも・・・って思って。いつかは絶対

南米
行きたいことは行きたいんだけど、う〜〜ん・・・なんかね。。。

「ヒト」
近場のアジア
近いからこれからでも行けそうだし、今まで行った中で似たようなトコもありそうだしねぇ〜。

中東
かなり行きたいねぇ〜その中でも特に興味を持ったのがイラン〜トルコ〜ギリシャ
イランってスゴイ人が良いらしいし、しかも日本人にとってイランって危険って言うイメージがまず先行するじゃんでも実際はすごいいいとこらしいです。世界ふしぎ発見でもやってたし俺にとってスゴイ興味をかきたてる国でも最近イランの大統領の発言がイランを危険な立場に立たせようとしている。そして、核問題。イランは見送ろう
そしてトルコ。トルコが俺を呼んでない ってことでココは無いな

続く。。。

ドコ行こかー U 

February 03 [Fri], 2006, 4:24
地球を感じることができる、人と触れ合えるトコで探してて見つかったのがモロッコ→チュニジア→南イタリア
モロッコで砂漠が見たいモロッコの砂漠はスゴイいいらしいよ〜しかも人もかなり良いらしいしかもアフリカという響きチュニジアも歴史が深くて良い国らしいしかもかなり未知ワールドカップで戦ったくらいしか知識無いじゃん興味わきますそして南イタリア南は北のほうよりマイナーだけどかなりいいらしいよ〜そして2年前に行ったナポリのピザが忘れられないしかもポカポカしてるしね人も良い暖かいとやっぱ気分が良い旅行も楽しい

ってことで、モロッコ→チュニジア→南イタリアってコトになりました

旅の期間 〜1月半ばの話〜 

February 06 [Mon], 2006, 6:37
一人旅の期間。せっかく行くんだからなるべく長く行きたいじゃん
春休みの予定を考えよう。

基本的に予定無し。。。

う〜んわかりやすいこと

でも、その中で唯一入ってる予定はサークルとゼミの追いコン
これには出るのだ

サークルの追いコンは1月1日の時点で、3月の18日になるかもって聞いてたんで、
そんなに早く決まってるんだし、その頃には帰国してたほうが良さそうなので、
3月17日までに帰ることは確定。

さぁ、いつから行こう。残すはゼミの追いコン。
春休み中盤に開催されると、一人旅がかなり短くなっちゃうので、ちと困ったんだが
タメの人日程を見ていると2月は6日以降に開催される可能性が限りなく低いことがわかった☆
そぅすると、2月のチョー前半か3月になる。話の流れ的に2月のチョー前半になりそうな気配☆

決まった出国は2月6日じゃッ

卒業旅行は2月6日から3月17日の38泊40日に決まったとさ

スノボーとか旅行に誘ってくれたSクン、ゴメン。。。
その他、色々誘ってくれたみんな、ゴメン。。。

たぶんお土産買ってきましゅ〜。たぶんね

航空会社選び と いざ入金 

February 06 [Mon], 2006, 7:16
行く国はモロッコ→チュニジア→南イタリアで決まった
どうやらこの3つの国をカバーしようとしたらアリタリア航空(伊)かキャセイパシフィック(香港)しかないらしい。チケット料金だけならアリタリアはキャセイよりちょっと高いけど、キャセイは経由する空港の数が多いので、税金とか諸費を合わせるとあんまり変わらないことが判明。そして移動時間が結構長いためアリタリアに決定
でもキャセイ使ってみたい航空会社の一つ
だって、客室乗務員がキレイで有名だし、ハーゲンダッツが出るって言うし(バカ)

そしていざ入金
俺はピッタリ振り込んだはずなのに、旅行会社で確認すると額が足りないらしい。
えっ!?
どうやら俺は千の位と一万の位を入れ替え入金してしまったとか。(ex.98000円を89000円と入金)
そ、そんなはずは、そんなはずはないのじゃーー
ボタン押すときATMに向かってぶつぶつ口に出しながら何度確認したことかって感じなのに
そのときちょうど、ポケットに入れていた手が紙を捕まえた
普段なら真っ先に捨ててるはずの入金書だ〜
やはり俺は間違えていなかったのだ
やったね
あーゆーもんは確認すまで捨てるもんじゃないねぇ。。。

チュニジア入国 そして・・・  T 

February 06 [Mon], 2006, 7:44
今回の旅では飛行機が4回使える。日本〜イタリアの往復とモロッコ〜イタリアの往復。
さてチュニジア入国はどうしたものか?
アリタリアは使えない。
最初、チュニジアへはモロッコとチュニジアの間にある、アルジェリアをバスで突っ切ってやろうと思ってたんだけど、どうやら、この国は内戦が激しく、国境が封鎖されているらしい。
行けたとしても、俗に言う‘自己責任’が問われるとか。。。
ってなると飛行機?正直、旅行中飛行機というのはあまり使いたくない。
だって、高いし、なによりも、単なる移動だけって感じで、旅行しているのに味も素っ気もないじゃん
最も楽しみにしている電車やバスで会う、現地人や旅行者との交流がほとんどできなくなってしまう。ってことで、イタリアから船で入っちゃることにした
ネットで色々調べてたら、ナポリからチュニジアの首都、チュニスまで船が出てるではないか
急に視界が開けたって感じ
何曜日に出てるんだろう
・・・。
冬はでてない・・・らしぃ
お先真っ暗に
こうなったらチュニジア大使館にでも行って、イタリアからの入国を聞いてみようと思ってたある日、ネットでヨーロッパ、北アフリカあたりを旅行してる人のサイトに出会った
その人はナポリ辺りからチュニスまで船で移動してるではないか。しかも12月
これは直接聞くしかないと思い、いざメール!数日後、返事が返ってきた。
非常に丁寧に船会社や料金、曜日、チュニジアのことまでメール教えてくれた。
お〜ジーザス
 
続く。。。

チュニジア入国 そして・・・  U 

February 06 [Mon], 2006, 8:29
どうやらチュニスへの船は、ナポリではなく、そこから列車で一時間くらいのサレルノっていう街から出ているらしい。毎週金曜日24時発で翌日20時着。ティレニア海、20時間の船旅(素敵〜)
完璧
これで、大まかなルートは決まったも同然あとはチュニジアからイタリアへどう帰るか。
これは簡単に見つかった。チュニスからシチリア島まで船で。月曜日の夜から火曜早朝まで8時間くらい。近ッ
完璧

ってことで決まりました。
モロッコ2月7日〜2月22日 ローマ〜ナポリ2月22日〜2月24日 
チュニジア2月25日〜3月6日 南イタリア〜ローマ3月7日〜3月16日
予定はこれが全て。あとは知らん。出発数時間前の今に至ってもよぅ知らん。
まぁ、こんなもんで良いっしょ☆現地で会う色んな人や情報を元にフレキシブルに動けるのがバックパックを背負って旅する楽しみだし!そんな感じで今までやってきたし。そういう感じです。

旅のお供 〜本部門〜 

February 06 [Mon], 2006, 8:31
最近、旅では必需品以外のものも結構もってってる。
それを紹介してみようか。

まずは本。

今年の夏の旅行から、誰かが言ってた、バックパッカーのバイブル『深夜特急』沢木耕太郎T〜Yのを持ち歩いている。
もぅほとんど読んでいるが、今回持ってくのはX、Y巻。
旅先でフィニッシュを迎える。 詳しくは次で。

3冊目 『マラケシュ心中』中山可穂
これはタイトルだけで決めた。見つけたのも偶然。ブックオフで100円の本探してたら、
バイトのお兄さんがこの本をポンと、積んである本の一番上に置いた。それが出会いだった。
ちなみになぜこのタイトルを買ったかというとマラケシュというのがモロッコの都市の名前です。
もちろん、この本の中にモロッコの情報が入っているのを期待して。
本に書いてある風景が目の前にあるって、凄いことだと思わん

4冊目 『そういうふうにできている』 さくらももこ
さくらももこの本を以前から一度読んでみたいと思っていた。
100円コーナーに2冊あって、面白そうなタイトルがこっちだった。以上

5冊目 『ハンニバル地中海世界の覇権をかけて』 長谷川博隆
まだ読んでないから全然わからないんだけど、紀元前の地中海辺りの戦争の話。
ハンニバルとかカルタゴとか聞いたことある人もいるんじゃないかなぁ?
今回チュニジアと南イタリアはハンニバルの辿ったルートというのを耳にしたので、
ちょっと勉強してから行こうと思い買ってみた。
でもこれ、文庫サイズのくせに800円もしたんよ高ッ

これだけ持ってってどれだけ読むのやら・・・。ほんとは白夜行も買おうとしてた。
だって、旅行中ドラマみれんし〜。まぁビデオとるけどね。
でも、原作と、ドラマとか映画は両方見ないほうが良いかもしれない。
だってどっちか(たいていドラマ、映画)ががっかりするジャン!?

という幹事のたびのお供、本部門でした。

その他のお供 

February 06 [Mon], 2006, 9:00
1つ目 トランプ
これが意外と使えるんだわ〜。日本人数人とあったりして、ふとした時に時間が余っちゃったりしたらかなり使える代物!!現地人とも遊べるし、大きな国際交流のツールです!

2つめ タバコ
俺、普段全然吸わないんだけど、旅行中は吸うんです。
なぜならこれも国際交流のツールだから!!
どっか人が集まるトコいったりして、タバコに火をつけてあげたり、日本のタバコよ〜って
1本あげたりすると、喜ぶこと間違え無し!!タバコ1本以上の思い出ができること間違え無し!!!
実際、チェコで葉巻を吸おうとしているおじいさんに火をつけてあげたら、葉巻を1本くれて昔のチェコの思い出を1時間くらい語ってくれたんよ!良い話じゃない?

3つめ バンホーテンの空の缶
サハラ砂漠の砂を入れて持って帰ってきます。

4つめ CDウォークマン
タイで3000円くらいで買ったヤツ。いちおう‘SONY’とはかいてある。
これもチョー暇なときとかに聞く。
暇なときじゃなくても、ある曲を聞いてるとき、スゴイ思い出に残る出来事が起きたら、
次からその曲を聴いたらその思い出がよみがえるんじゃにかなぁというのを期待して・・・。

5つめ 4ヶ国語会話帳
2年前買ったけど、その時は全然使わなかった。今回も使わないかもしれないけど、チュニジアはチュニジアの言葉とフランス語しか通じないとか・・・。観光地はそんなことは無いと思うんだけど、少し田舎行
ったら。。。チョットびびってます。でも会話は心と心です!!!たぶん使いません!!

6つめ ジジ
後輩からもらったアイピロー。お守りとしてもってきます!

以上!!
時間が無い〜。早くしないと家出る時間になっちゃう><
駄文&つまらん文で申し訳ない!!
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wataru_grad
読者になる
Yapme!一覧
読者になる