アイデンティティの形成

March 23 [Mon], 2015, 11:27
ひいては古代中国の教育機関だった「太学(たいがく)」が
その名の由来とされる。日本においては古くから足利学校(栃木県足利市)などの
例で「学校」という語は用いられてきたが、明治政府による小学校および師範学校が
設立される以前は、寺子屋、藩校、学問所、私塾(松下村塾などが有名)などと
呼ばれる施設が一般的で、名称に「学校」と付く教育施設は少なかった。
つまり、国民としての”アイデンティティの形成”(人々の多様性を抑え込み、
似たような性質 ”同一性”を持たせること)が学校に期せられたのである[1]。
学校教育の拡大と義務教育制度の普及により、20世紀からは学校の数が飛躍的に増大した。
明治初期に、小学校および師範学校が設立された。そのとき、教科書は
江戸時代使われていた往来物と呼ばれる既存の書籍が中心だった[4]。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆめこ
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/watakaregyu/index1_0.rdf