【 更新情報 】

スポンサードリンク

物忘れ外来とは?

物忘れの原因は様々ですが、症状としての物忘れは素人では判断しにくいものもあります。
物忘れ外来では、物忘れの症状がどういった原因によるものなのかを検査・診断します。
主な検査方法としては、CT、脳波、血液検査などや、神経科のソーシャルワーカーによる
細かい状況の把握などをふまえたうえで、
物忘れ外来専門医師の総合的な診断となるのが一般的の流れようです。
最終的な診断までは3〜5回くらい通うことになります。

最近急に物忘れが増えたように感じたり、身近な人の様子がおかしいと感じたときはまず、
物忘れ外来を受診してみましょう。
物忘れに関して専門の機関ですので安心です。

物忘れ外来はあまり馴染みがないかもしれませんが、全国に数多くあります。
全国「もの忘れ外来」一覧
何事もそうですが、物忘れについても早期診断と早期治療が大切です。
気になることがある場合は気軽に相談しましょう。

物忘れ外来とは?

物忘れの原因は様々ですが、症状としての物忘れは素人では判断しにくいものもあります。
物忘れ外来では、物忘れの症状がどういった原因によるものなのかを検査・診断します。
主な検査方法としては、CT、脳波、血液検査などや、神経科のソーシャルワーカーによる
細かい状況の把握などをふまえたうえで、
物忘れ外来専門医師の総合的な診断となるのが一般的の流れようです。
最終的な診断までは3〜5回くらい通うことになります。

最近急に物忘れが増えたように感じたり、身近な人の様子がおかしいと感じたときはまず、
物忘れ外来を受診してみましょう。
物忘れに関して専門の機関ですので安心です。

物忘れ外来はあまり馴染みがないかもしれませんが、全国に数多くあります。
全国「もの忘れ外来」一覧
何事もそうですが、物忘れについても早期診断と早期治療が大切です。
気になることがある場合は気軽に相談しましょう。

認知症による物忘れ

認知症とは一度、正常に発達した記憶や判断力などの脳の知的な機能が、
病気など、なんらかの原因により、持続して低下した状態をいいます。
認知症が進行すると、今まで行えていた日常生活をも困難になってしまいます。
認知症の主な原因としては脳血管の障害やアルツハイマー病であること多いです。

認知症による物忘れはうつ病による物忘れと違って、
本人の自覚症状がないことが特徴です。
また、周囲の人たちも気付かないうちに症状が進行していき、症状があらわれてきます。
同じことを何度も口にするようになったり、以前はあった興味や関心がなくなったり、
ささいな理由で怒りっぽくなったり、毎日の日課をやらなくなったり、置忘れ・しまい忘れが多くなったり
などなど、
以前と比べて日常生活が変化したと思ったら、注意が必要です。
また、怒りっぽくなったり、性格が変わったと思われるときも同様です。
認知症による物忘れの特徴は、「うっかり」というものではなく、
ごく身近にあるものや一緒に住んでいる家族の名前がわからなくなったりと、
身の回りの当たり前と思われているものがわからなくなります。

認知症は早期診断と早期治療により、病気の進行を遅らせることや
症状を改善できる場合もあります。
「もしかしたら??」と感じたら早期のうちに医師や専門医療機関に相談しましょう。

脳外科疾患による物忘れ

近頃、急に物忘れが酷くなったと感じる場合には、
水頭症や脳腫瘍、慢性硬膜下血腫、もやもや病や脳内感染症となどいった
脳外科の疾患が原因であることも考えられます。
特に高齢者の場合は強く頭を打っていなくても、
軽い外傷程度で慢性硬膜下血腫が起こることもあるので注意が必要です。
こういった脳外科の疾患による物忘れの場合は、投薬や手術など、
脳外科的な治療をすることにより、物忘れも改善することもあります。

適切な診断を受けることで、脳外科的な原因による物忘れは回復が期待されます。

うつ病からくる物忘れ

物忘れの要因の中に、うつ病からくるものがあります。
うつ病からくる物忘れの場合は、自分が物忘れをしているという自覚があります。
中高年者の中には、様々な事情によって神経症やうつ病を患う人が一般的に多く見られます。
こういった人たちは、集中力が散漫になってしまいその結果、もの忘れが起こります。
うつによる物忘れの場合は抗うつ剤や抗不安薬などが有効です。

しかし、うつ病と言うものは「心の風邪」とも呼ばれ、心の病です。
なかなか表に出て来ず、独りで悩んでしまっている人も多いと思います。
周りの人もなかなか気付いてあげられない状況もあるでしょう。
最近何だかやる気が出ないとか、意味もなく気分が落ち込んでしまうことがあったり、
食欲がなかったりするなど「いつもと何かが違う」と感じたら、
まず、専門医療機関に相談してみましょう。
うつ病とはある日突然やってくるものですが、必ず改善する病気です。
酷くなってしまわないように、初期症状を逃さないことも大切です。

物忘れとは?

誰もが「あれ…、あれってあれだよね」なんて、言いたいことが咄嗟に出てこないことがありますよね。
人の名前なんか特にそうじゃありませんか?
うっかり物の置き場所がわからなくなったり、「うっかり」ということもたびたびだったり。
必ずしも高齢だからということもなく、性別問わず、若者だって経験している物忘れ。
人によっては「最近物忘れが酷くなって…」と悩んでいる人もいるかもしれません。
物忘れとはそもそもなんなのでしょうか?

物忘れとは、頭のどこかに記憶されたものを思い出すことがうまくできていない状態で、
記憶力の衰えとは関係ないのです。
老いも若きも経験する物忘れですが、40歳を越えた位の人に多くなるのはやはり、
老化によって、脳の働きが衰えてきたからだと言えるのです。

しかし、物忘れには単なる脳機能の低下によるものだけではないのです。
うつ病などの精神的なものからくる物忘れや、
認知症などの脳神経の病気によるもの。また、常用している薬剤によって起こることもあります。
単なる「物忘れ」ではなく、病気が潜んでいる場合があるので、
最近特に…と心配な方は一度物忘れ外来を受診されてみてはいかがでしょうか。