悪意の森 

2012年09月27日(木) 20時32分

「悪意の森」上・下
タナ・フレンチ(著)/安藤 由紀子(訳)

出版社:集英社(集英社文庫)
価格:800円



少年時代に二人の友人が森で行方不明になり
一人残された主人公。

20年後、主人公は刑事として
遺跡発掘現場での殺人事件の捜査のため
離れていた故郷へ戻ってきます。

この事件と20年前の失踪事件との関係は・・・??


事件の捜査の進展と共に
主人公の過去、現在に至るまでの出来事なども
少しずつ語られていきます。


小さな街の解決されなかった事件。

森が・・・様々な人の思い出と重なってゆきます。



「MWA(アメリカ探偵作家クラブ)賞」の最優秀新人賞をはじめ
アンソニー賞やバリー賞、マカビティ賞などの数々の最優秀新人賞に輝いた作品。
作者のタナ・フレンチは、女優・声優をしてきた方だとか。


正直、最初読んだときは、数々の賞を受賞した作品とは思えず
それほど、魅力を感じることができませんでした。
でも、しばらくして2回目を読んでみると・・・
なんだかとっても面白く感じて、楽しく読むことができました。
(といっても、愉快な作品というわけではないですよ)


受賞歴から他の作家との比較をしたり
設定やタイトルからミステリってこういうものって
先入観で読んでしまうとがっかりしてしまうかもしれません・・・。

ちょっと変わったミステリだと考えると
新鮮に映り、楽しむことができる作品になると思います。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アドラー
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1947年7月4日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:栃木県
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書
    ・映画鑑賞
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる