乾燥肌の救世主『ワセリン』日中使うのは、NG??

July 25 [Mon], 2016, 18:47

どの化粧品を使って保湿してもカサカサと乾燥していたのに
ワセリンなら、しっかり保湿を実感できる方がいます。

また、敏感肌のせいで化粧品を使えないという方でも
ワセリンなら顔にも塗ることができる方は、結構多いです。

ですから、ひどい乾燥肌や敏感肌の方にとって
『ワセリン』は、頼れる保湿剤で必要不可欠な物だと
思っている方が大勢いらっしゃるのではないでしょうか。


けれど、そんな方々でも日中は、
ワセリンを使わない・使えないという方が、
ほとんどです。

なぜなら、

・使用感が、べとべとしている

・油焼けを起こす可能性が心配


このふたつの理由でワセリンを
日中、使用できていないのではないでしょうか。



●ワセリンで油焼けして色素沈着してしまう??


『油焼け』とは、
ワセリンを塗った状態で紫外線に当たると
色素沈着してしまう事を指します。

ワセリンを塗ると『油焼け』を起こすという情報が、
お化粧品販売サイトなどで、よく載っています。

けれど、現代ではその心配はありませんので
安心してください。

現在のワセリンは、精製技術が高いため、
不純物がほとんど取り除かれています。

ですから、ワセリンを塗ったせいで、
油焼けや色素沈着することは特にありません。


逆に日中は、日焼け止めの下に
下地としてワセリンを塗ることをおすすめします。



●ワセリンを日焼け止めの下に塗るのがおすすめ



お肌が敏感な方は、日焼け止めでトラブルが
出てしまうことがあります。

特に紫外線吸収剤は、肌への負担が大きいです。

ワセリンは、皮膚の表面に油性の膜をつくってくれるので、
外からの刺激をブロックして肌の中へ入らないようにしてくれます。


ですから、刺激の強い日焼け止めを肌に直接塗らずに
下地としてワセリンを薄く塗るとお肌へのダメージが防げるのです。



●日中使えるベトベトしないワセリンがあります。


ワセリンが、日中も安心して使えることは、
解ったけれど・・・

そもそも、ワセリンがベトベトしすぎていて
薄くのばして使うのが難しいですよね。

おせじにも使用感が良いとはいえません。

お肌を優しく保護してくれる高純度なワセリンで
べたつかないのがないかなと探しつづけた結果、

ワセリンなのにべたつかない『mamori保護美容液』という
ワセリンを見つけました。




敏感肌やひどい乾燥肌で
ワセリンだけが頼りだというあなたに知ってほしいワセリンです。


これなら、日中もワセリンを使えます。
お肌を保護してもらいながら、日焼け止めを塗り
メイクすることだってできますよ。

『mamori保護美容液』が気になった方は、
今ならモニター価格で試すことが出来ます。

詳しい内容は、下記の公式ページからご覧ください。
↓ ↓ ↓