今日は記念日だょ 

2007年04月29日(日) 20時55分
ちょっとした縁があってメールすることになって、今日遊ぶ約束をして遊んできました。

荒川くんは私が中学に入って一番最初に恋をした人。

その頃の私には告白する勇気も無かったし、自分自身に自信も無かった。
どうせフラれるのがオチだって自分でも言わなかった。と言うか言えなかった。

でもそのときはまだ言わなくて良かったんだよ。
そうじゃなきゃ今の私はいないもん。

今日、朝の9時半に土山駅で待ち合わせ。
合流して足早に神戸のモザイクに行きました。
店を見てぶらついて、一緒にハンニバルを見ました。
途中で怖くなって誠也の手を掴んじゃったりしてちょっとドキドキでした(〃▽〃)
無事に映画を見終わって次はユーパラって言う会員制のゲームセンターに行きました。約2時間そこのゲームセンターにいたんだけど、2時間ぶっ続けでカラオケボックスに入ってました。
ほとんどは誠也が歌ってたんだけどね(・∀・)
で、帰り際に誠也に
「めぐたん、僕の彼女さんになってくれませんか?」

と言われました。正直嬉しかったです。中学1年の時の思いが高校3年生の時に叶ったなんて凄いよね。
で、私の返事はもちろんOK!!! 健司さん以上に幸せにしてね。だから今日は記念日

そうだろうな 

2007年04月19日(木) 10時05分
いづれ健司さんも私も、好きな人が出来て、その人と歩んでいくのだろうなぁ。

そんな事を考えても遅いけどね。

私と健司さんは別れたの。今月の28日で私たちが別れてちょうど半年。
今頃つき合っていたら、ちょうど1年9ヵ月だったのになぁ。

すごくかなしいよ。

大好きだったんだから。でも健司さんが私の事を嫌ってしまったんだからしょうがないよね。

私の性格が問題なんだろうけどね。


でも私は未だに納得できない。

健司さんが私に別れを告げる理由となったのは、何でも思ったことを言うストレートさや、私が2年の時に寮役員をやっていて、とても忙しくて、寮役員を理由にして避けてると言われてしまいました。

1つ目のストレートって言うのは、健司さんが私と付き合った当時に
『何でも言い合える仲になろうな』って言う健司さんの言葉から始まった。

私は私なりにその言葉を忠実に守ってきた。

それを破ったのは健司さんじゃない。

2つ目の寮役員を理由にして避けてるって・・・。この事が1番傷ついてる理由です。

私が模範をしてたころ、健司さんは同じ寮役員の館長と言うのをしていた。館長より模範のほうが何倍も何十倍もつらかった。

久しぶりの再会 

2007年04月14日(土) 12時41分
今日部活に久しぶりに行った。
私は生徒会をしてるんだけど、入学式や入寮式、クラブ紹介の準備で忙しくて部活にいけなかった。
そうじゃなくても私は部活で前十字靱帯を痛めてしまってできない。

だから見学ばかりしてるけどね。

大学校の入学式もあった。健司さんは航空整備工学科に進学することになった。

私は正直戻ってきてほしくなかった。
だってこのままだと私は健司さんの事忘れられなくなってしまうから。


前進したい。正直R先輩は好きじゃない。しかも埼玉に行って操縦の勉強してるから遠距離恋愛。

耐えられないよ。

久しぶりにみた健司さんは相変わらず笑顔が素敵だった。

私の前で見せないで。
好きになってしまう。

私ってバカだよね。
いつもご飯食べるとき食堂を見回して健司さんを探してしまう。



本気で好きになってしまったんだもの。

すぐには忘れられないよ。

その前に忘れたくない。
早く思い出にしたい。

記念日 

2007年04月09日(月) 0時53分
新しい記念日。

私はやっぱりR先輩と付き合うことになった。

私が決めたこと。

私は健司さんの事忘れられたよね・・・?

昨日は入学式だった。別れた健司さんは第一志望に合格しなくて、併設校である大学校に入学した。
だからまた同じ寮で生活を共にするのです。

正直、会ってしまったらまた好きになってしまう。
だから会いたくない。
いい加減忘れたい。

過去のこと忘れて前進したい。

だから今私は前進します。
アナタを忘れるために。

そうだと思った 

2007年03月30日(金) 21時33分
そうだと思った。

3月23日に今年卒業されたR先輩に告白された。
私はまだK先輩の事が忘れられなかったから返事を伸ばした。

私は、前進しなきゃいけないって分かってた。
K先輩も私のことなんか忘れて、今は新しい彼女と仲良くしているでしょう。

だから忘れなきゃって思ってた。

R先輩の事、嫌いじゃなかった。反対に、学校にいたときとても仲良くしてたし、良い印象の人だった。

だから私はR先輩を信じようと思った。

先輩のコトバ信じてみようとおもった。



だから私は決心してR先輩と付き合うことにした。

R先輩は今年から大学生になるわけで、埼玉に行っちゃうの。

私は寮生活してて、離れ離れになってしまうけど、反対に毎日会ってるよりか久しぶりに会うぐらいの方が良い関係を保てると思ってた。

私の考えは甘かった。
そのR先輩にも前に私と同じタメの彼女がいたんだ。

その彼女がニュージーランドに留学に行ってる時に現地で会った日本人のタメと関係を持っちゃったらしいの。

それが原因でR先輩は彼女と別れることになったんだ。

まだその彼女の事忘れられないくせになんで告白なんてしてきたの・・・・・
もう私誰とも付き合わない。

別れてから5ヵ月だね 

2007年03月28日(水) 11時10分
私と彼が別れてから5ヵ月が経ちました。

彼の中から私は消え去ったでしょう。

でも私の中からは貴方の存在は消えてない。

日に日に貴方への気持ちが膨らむばかりよ。

もう叶わぬ恋って分かってる。

貴方には私と付き合ってたときから、貴方と同じクラスのS先輩の事が好きだったよね。

気持ち知ってた。でも知らないふりしてた。
本気で好きだった、だから貴方を失うのが怖かったの。

私って何で大切なモノを失ってからじゃないとその大切なモノの大切さに気づけないんだろう。

後悔した。
何度も自分を責め立て、苦しんだ。
その度に貴方の笑顔ばかり思い出してしまって、私の大好きだったその笑顔をもう1度私だけのモノにならないかな。

なんて考えてる。

私のせいでこうなったのよね。
全部私のせいよね。

こんな甘い考え、通用しないって分かってる。


でも私は貴方を本気で愛してた。

もう一度振り向いてくれませんか・・・。

初記事デス 

2007年03月27日(火) 1時56分
コトバって不思議ですよね。

人を元気にさせたり、落ち込ませたり。

皆さんにも今まで生きてきた中でWORD'S OF MAGIC〜魔法のコトバ〜というのがあるでしょう。

私もありました。私は今高校生で夢を追いかけて地元を離れ寮生活をしています。
そこで出会った1つ上の元カレの言葉すべてがWORD'S OF MAGICでした。

いつも彼のコトバに助けられた。
だから今の私がいる。
何度も挫けそうになった。
その度に私を支えてくれた大切な存在ー

一瞬一瞬が魔法にかけられたように幸せだった。
お互い寮生活で忙しくてあんまり会えなかったし、地元にもあまり帰れなくて、ろくにデートなんてしてない。

そんな中で私たちは1年3ヵ月やって来れた。

幸せだった。
2人でずっと一緒だからねと夕焼けに向かって誓い合った。

今では1人でずっと一緒にいたかったと涙を浮かべて夕焼けを眺めてる。
あの幸せな日々に戻れないのかな。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wardsofmagic
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1989年4月22日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-Mr.Childrenとスピッツが大好きです沒チにスピッツの魔法のコトバ大好きです
    ・スポーツ-私は武道系の部活に所属してます搓mZを卒業時でも続けていこうとおもっています。
読者になる
私は寮生活をしている工業高校2年の女の子です尠日更新していこうと思うので是非みてくださいね
2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる