winter岐阜☆報告

2013年02月25日(月) 15時30分
ひとがたくさん!!!!



おはようございます,こんにちわ,こんばんわ
初めての方は初めまして☆ 信大OT3年わっしーです.

この土日,winter医ゼミin岐阜に参加してきました.
簡単に報告いたします!! 




初日,講演会は
小児ホスピスの第一人者である多田羅竜平先生でした.


イギリスでの小児ホスピスのことを紹介してくださり,
また苦痛とは,緩和ケアとは,日本でも実施していくとしたらバリアは何か・・・などお話ししてくださいました.


イギリスでは,子どもを育てるということは地域で行うという考えがあるそうで,地域の関係が希薄になっている日本の現状では,簡単には導入できそうにない部分も多いのです.
でも私は,素直に,小児ホスピスっていいものだなと感じました.


高齢者に関してもホスピス/緩和ケアというものが十分に整っているとはいえない現状の日本・・・子どものことより先に高齢者のことを解決しないといけない→というのが印象に残りました.


また緩和ケアという言葉に,終末期のイメージが伴っている現状があります.
なので,子どものこととなるとなおさら,「緩和ケアチームが介入するなんて,まさか私の子はもう・・・」と抵抗を感じてしまうそうなんです.
でも痛みをとる介入←と考えると,わが子のために導入したいものですよね??


緩和ケアに対するイメージがもっと前向きなものになるとよいのかなと思います.




その後,SGD(途中から夕飯を食べつつ…)

わらわら女子↓のいた班










そして宿に移動して交流会です.今回は,会場が血液型ごとに別れました.

↓これは・・・B型かや?酔う前ですね.





卒年の先輩方も(遠くから)いらっしゃってました.国試おつかれさまでした.





そして2日め,分科会です.





こちらは「うんこについて」の分科会前・・・発表者(お茶を飲んでいる)も気合い十分です.


夏にも話題となったこの分科会,うんこだって重要な所見です.
それぞれの健康の指標として,何があるか(私は疲れると,すぐ口内炎が出るよ〜とか,化粧のノリが違うよねとか)楽しく話せました!!


その他の分科会も,参加者が多かったですし,
SGDでの意見交換がいいものになったのではないでしょうか?


私自身は,T期目の実習を終え,久々の企画参加で,たくさんの医ゼミストに会えて,すごく楽しかったです.


これから先,winter山梨,2準委とあります!
そして追いコン,新歓・・・など各地でのイベントも多くなり忙しいかと思いますが,頑張りましょうね.
2013年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wara2
  • アイコン画像 誕生日:6月22日
  • アイコン画像 現住所:長野県
読者になる
Yapme!一覧
読者になる