県看卒業生から★

2009年03月18日(水) 20時29分
こんにちは
先日無事に卒業しました〜県看のみさとです

遅くなってしまいましたが・・・
県看の卒業生から追いコンのお礼をここで・・・
みんなのをぁたしが代わりに書かせていただきますね

あさみ
追いコンとても楽しかったです
グループ対抗のボーリング、公園ではしゃいで遊んだこと、鍋を囲んでの交流会・・・
準備とかいろいろありがとうございました
皆からもらった思い出が詰まったアルバムも嬉しくて何度も読み返しました
ありがとう

今回久々にわらわらのみんなに会ってとても安心したし、たくさん元気をもらえました
これで最後なのかと思うととても寂しい気持ちでいっぱいです
もしかしたらまたちらっと顔出すかもなので・・・
その時にはまたみんなの元気な顔を見せてください
4月からは気持ちを新たにお互いがんばりましょう
本当にありがとうございました
それでゎ


ひろ
素晴らしい追いコンありがとうございました
後輩達の頑張りでわらわらがどんどんいいサークルになっているんだなって実感しましたッ
そしてアルバムとかプレゼントにはすごい感動しましたッ
すごく楽しかったです
来年は信大が医ゼミの会場ってことでこれから忙しくなると思いますが
精一杯楽しんでそしてやり抜いていってください


あすみ
国試前の応援メッセージ、追いコンありがとう
夢中になったボーリング
大笑いしながら遊んだアルプス公園
食べて飲んで、寝るのも忘れてよくしゃべったね
本当に楽しい時間を過ごすことができました

1年生
初めてちゃんと話したね
私のことを知らない人ばかりなのに心のこもったメッセージをありがとう
2年生
1年間わらわらを引っ張ってくれてありがとう
きっと大変なこともあったよね
でもみんなのおかげでこんなに活発なわらわらになったと思うよ
3年生
本当に頼りになります
よく話したね
仲良く活動してこれてよかったぁ
同期のみんな・・・4年間お世話になりました
みんながいたから私の学生生活は充実していました
学年会をやることになったら忘れずに私をよんでね
私も長野に来るときは連絡するからね

さて、今年は信州医ゼミ
その過程には大変なこともあると思うけど、信大と県看で協力して頑張ってください
応援しています
夏休みには顔を出せたらいいなと思います

では体に気をつけてねまた会う日まで



・・・と、みんなからのメッセージでした
最後にぁたくし、みさとからみんなへのメッセージです


国試の時から、追いコン、卒業式のときまで・・・
本当にありがとうございました
みんなのをたぁ〜っぷり受け取りました

わらわらはぁたしの4年間の学校生活に欠かせないモノでした
そしてたくさんの学びと同時にたくさんの出会いがありました・・・
友達、後輩、先輩・・・そして大切な人も笑。
それからたくさんの思い出
いろんな場所にも行ったなぁ

たくさんのモノをくれたわらわらで4年間みんなと楽しめたことを誇りに思います

また夏にでも会いましょう
信州医ゼミ県看と信大で協力して、たくさん話し合って笑って泣いて・・・
楽しかったって思えるものにしてください

同期のみんなは学年会の連絡にはちゃんと返信するよーに笑。

長くなってしまいましたが・・・
以上県看の4年生からでした

学習会

2009年03月12日(木) 1時52分
ご無沙汰してます(*_*)信大内ですら学習会不参加の人と情報交換ができて無かったことを反省しています。も少しまめにupしていきましょうね

信大は週一ペースで現地実行委員会を開き、学習会を通しテーマを探ったり、迫る新歓の打ち合わせを行っています。 
前回は3・11に浅間は本郷公民館で18時より2時間半程度行いました。参加者は人でした。

学習の内容はがん難民コーディネータについてでした。そう県看と同じネタです。趣旨としては、同じ内容を学ぶことで共通性のある意見を持てるか、また僕の興味分野である国民の医療へのアクセスについての具体例として学ぶことでした。インスパイアされただけで、手抜きでは有りません
今回資料不足で詳細な活動や立ち位置がはっきりせずもやもやとしたものは残りました。意見としては
絶望している患者さんにとっても、全てを説明しきれない医師にとっても頼もしい
という好意的なものもありましたが、
ボランティア、素人が死の際に立つ患者に対し治療法を斡旋することについて、どれほどの責任を感じており、また失敗した際には、果たして責任を負えるのか
という意見も有りました。評価や責任の所在を明確にし、システム化することにも
資格、職として責務を負えるほど機能し得るか
との疑問が呈されました


新歓について、
日程は4・9(木)、14(火)、17(金)、23(木)、28(火)あたりを予定しています。
内容は@名のある医療人の講演、A分科会の実演、B医ゼミOBOGDrの講演、C医療ものの映像メディアの上映 を企てています。より良いアイディアが有ればお助けください。

時間の都合上、詳しく話せそうに無かったので、来週に持ち越すことにしました
というわけで来週の信大の現地実行委員会は新歓について集中議論を行います。
勝手ながら時間はいつもより早めですが、よろしくお願いしますm(_ _ )m

3月9日 追いコン

2009年03月10日(火) 12時38分
こんにちわ
県看1年のはにょと、えりたまです

昨日は、松本の目の湯で追いコンがありました

今回の卒業生は、信大から1人、県看からは4人でした

噂によると、日中はボーリングと、アルプス公園にいったらしいです。(二人とも途中参加です)
夜は鍋パーティーをして、鍋をみんなで囲んで食べました
先輩たちの感動のプレゼント渡しあり、婚約会見(?)あり、卒業生からのサプライズのケーキの贈り物あり、ケーキ入刀(初めての共同作業)あり、大いに盛り上がりました
ちょっとした疑問が・・・ボーリング最下位のチームへの罰ゲームはどうなったのでしょう(笑)


短い間でしたが、こんな素敵な先輩方と一緒に活動できたことをとても幸せに思います
卒業されてしまうのは寂しいですけれど、先輩たちが残してくれたことを大切にしながら、夏の本番に向けてこれから頑張ります
これからも見守ってくださいね
ご卒業おめでとうございます
先輩方の4月からの活躍を応援してます

信州医ゼミにきてほしぃ☆

2009年03月10日(火) 10時47分
こんにちゎ

信州医ゼミが本格的にスタートしています。
現地のみんなゎいま、とても熱ぃです
昨日ゎ追いコンが松本の目の湯でありました
(また、1年生のえりたまちゃんがこの様子を報告してくれます。)

先輩方からの思ぃを引き継いで、わらわらゎまた大きな一歩を踏みしめています。

今日も夜にゎ学習会があります。今ゎ週2回で行っています。

そんな中、是非信州の魅力を医ゼミにきてくださった方と共有できたらと思っております
そこで、前にもブログで書いた実践分科会の進行も始めました

温泉とマッサージ

まだまだ絞りゎこれからですが、看護の視点から少しでも考えられたらと思ぃます。

手を握る、肩を寄せる、痛ぃところをさする、
看護の場面でさりげなくみられるこぅぃった場面。
これも看護技術の一つだと思ぃます。
癒すって何だろぅ?
永遠のテーマです


そんな、この分科会作りの学習会。計画を今隣にいるえりたまちゃんと練ってます
とりぁぇず、とりぁぇず?

ぃぇ、決定です。春休み中ゎ

日程:毎週火曜日(3月17日・24日・31日・4月7日)
時間:9時〜12時
場所:パソコン室


で活動していきます
興味ある方ゎ、その場で調べるので、気軽に参加してみてくださぃませへへ
議事録を毎回記録し、前回までの内容や課題などについてまとめているので、自由に出席欠席できます。
えり(3年)か、えりたま(1年)が持ってます。聞ぃてみてくださぃ

また、足浴を月1回で実習室で行ぃます
4月に温泉企画もするつもりです実践してみなぃとね


がんばりますそれでゎ
                             えりたま  えりぃ


3月5日の学習会

2009年03月06日(金) 17時51分
前回の学習会に続き、医療システムと、患者さんのための医療について話し合いました。
医療システムといっても、範囲がものすごく広いので、私は保健師の仕事について詳しく調べていこうと決めました
「患者さんのための医療」というテーマになったのは、きっと何かひっかかることがあったからではないか、という意見が出たので、今の医療で、患者さんにとってマイナスになっていることとして、どんなことがあるか一人ずつ言っていきました。
特定検診、医師・看護師・助産師不足、3分診療、退院後のリハビリの問題などがあがりました。
医師不足の対策としては、給与を上げることのほかに、医師になるための教育費を削減し、医師になる権利を広げるという意見もあがって、へぇ〜と思いました。
看護師不足は、免許を持っている人の仕事への復帰を求める広告などをよく目にしますが、もし自分が将来看護師をやめて、もう一回、患者さんの命に関わるというのは、怖いことだなぁ、と思いました。
次の学習会に向けて、自己学習を進めていきたいとおもいます      看護大・1年  
     
酒井 沙織

3月2日 学習会

2009年03月05日(木) 15時23分
あーもう3月なんですね
でも、風は寒いし、昨日は雪が降ってたし…春はまだまだ遠いです

今回は春休みに入って初めての学習会でした
内容は…
1)終末期医療について(新聞記事から
2)ガン難民コーディネーターについて 

3)医療システムについて
検査とか治療とか行為に対しての評価だけで、内容(かけた時間とかコミュニケーションとか)が評価されないのはどうなんだろうという話。

そもそもコミュニケーションを評価できるのか
評価されるから‘やる’っていうのはされる方もする方も微妙な感じがするし
でも、評価されないってのも…
診療報酬みたいに点数で評価するんじゃなくて、独自の評価方法があったらいいね
などなどの意見がでました

いずれにしても、医療におけるコミュニケーションの重要性を医療者が理解して、技術を身につけることは‘患者さんのための医療’に欠かせないものかなあと思いました

                                           県看・1年 春奈

   
                                       



2月26日 学習会

2009年03月01日(日) 23時30分
今回の学習会では先日合同会議で決まった、これからの学習会の方向性<患者さんのための医療>についてみんなで話し合いました
まず、自分の考える患者さんのための医療について語ってもらいました
患者さんの気持ちに寄り添った医療、ひとりひとりにあった個別性のある医療、「死に方」を大切にした医療患者さんを“人”として考える医療などの意見がでたり、
その一方で、患者さんに感情移入しすぎてしまうと必要なケアが提供できないのではないのかという意見も出たり…
患者さんの気持ちを一番に考える一方で、医療者として自分に何ができるのかを考えていくバランスが大切なのではなんでしょうかね

みんなの話を聞いてみて…
患者さんが望む医療と医療者が最善だと考える医療には“ミゾ”があって、その2つがよりよい形で合わさったものが「患者さんのための医療」になるのかなあ…
その中で患者さんと医療者、どちらかが一方的に主張するのではなく“一緒に考えていく”、また“患者さんの自主性を引き出していく”という姿勢が必要なのかな…
と思いました

その後、患者さんのための医療をするために今足りないものはなんだろう 
どんな環境だったら、患者さんのための医療ができるだろう
ということについても考えてみました

足りないものとしては…
人、コミュニケーション能力、お金、愛、第3者の理解、システムなどなど。

あと、医療者が働きやすい環境患者さんのための医療につながっていくのかなという意見も出されました身体的にも精神的にも余裕を持って、患者さんと接していけたらいいですよね

                                          県看・1年 はるな


2009年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wara2
  • アイコン画像 誕生日:6月22日
  • アイコン画像 現住所:長野県
読者になる
Yapme!一覧
読者になる