わらわら新歓中〜! 

2017年04月10日(月) 23時29分
新年度がやってまいりましたね。

1年生の皆さん、ご入学おめでとうございます(´▽`*)☆
受験、よく頑張った!えらい!

わらわらにも、ぜひ初々しい新メンバーを迎えたい。
ということで、2・3年生が新歓頑張ってくれてます

4/8には、信大・県看合同でカレーパーティをしました!
40人もいた
すごくわらわらしてた…


信州大学での学習会は、
4/6、4/10と、
すでに2回もやってみました!


…が、こっちは2回とも、

1年生がひ、ひとりも来ない…( ゚Д゚)!!笑
やばいさみしい…!!

でも1年生いなくたって、いつものわらわらを楽しんでるもん(強がり)
次は絶対、1年生に来て、一緒に楽しむんだ…!!

次回、4/17.乞うご期待。


前置きはこれくらいにして。


――――――――

4/6の学習会では、2年生ふたりが発表してくれました。

タイトルは「子どもの貧困」。

近頃はけっこうニュースなどでも取り上げられるようになりました、「子どもの貧困」。
日本の子どもの相対的貧困率は16%。
6人に1人が相対的に貧困なんだよーって。

そんな中、
「貧困は自己責任だよね」っていう意見もよく聞かれるようになった気がします。
貧困なのにゲーム機持ってるじゃん、お金遣いが荒いだけでしょ、とか。
頑張らなかったからそんな貧乏になってるんじゃん、とか。

わらわらの学習会では、
子どもの貧困の事例を書いた新聞記事をみんなで読んで、
「ここ自己責任じゃん」って思うところに線を引いてみるという作業をしてみました。

そのうえで、「自己責任論」を乗り越え、医療者として何ができるのか、を考えてみました。


生きてる中で何が分かれ道かなんて、そのときはわかんないし、
貧困が自己責任かどうかなんて、遠いところから眺めて決めつけられるようなもんじゃないよなーと思いました。

不健康になった人を前にして、「貧困が原因?じゃあ自己責任だね」って審判を下すのが医療者の役割ではないと思うわけです。

「貧困が健康に悪影響を及ぼす」というエビデンスが出ていることを考えると、
貧困問題自体に医療者が目を向けるのもとっても大事なことだなーと思うわけです。

子どもの貧困問題に対して医療者ができること…なんて、壮大なこと、結局正解など思いつかないけど、

正解がないからって考えなくていいわけではない。

正解のない問いを、
医療者になる同期と、先輩・後輩と、他専攻の人と、
一緒に知って悩むのもわらわらなんだなぁ。…たぶん!

ポスト信州について!! 

2016年12月13日(火) 15時22分

こんにちは(*^▽^*)
12月に入り、信州はものすごい勢いで冷え込んでおります
手が痛い(笑)

さて、そんななか・・・
なんと!
ついに!!
いよいよ!!!

ポスト医ゼミin信州2017

を開催することが決定しました!!ヾ(≧▽≦)ノ
いぇ〜〜〜い

日程はまだ仮ですが、2月18日〜19日の2日間開催を考えています
現在、1年生を中心に準備を進めていますのでお楽しみに!

今回のポスト信州のテーマは、  「障害」  です
(以下 副実行委員長より)

 なぜこのテーマに決定したか・・・理由は、2つあります。

  1つ目は、最近は障害に関する出来事が多くあり、障害への関心が高まっているということです。
障害者差別禁止法の施行や相模原障害者施設殺傷事件、24時間テレビでの障害者の扱いの問題(感動ポルノ)、そしてパラリンピックなど、今年は障害に関する出来事が多くありました。
社会の中でも、障害に対する関心は高まっており、常に時代の流れに左右されてきた「障害観」が今、大きく変化しようとしているのでは、と強く感じています。
これからの障害観を作っていくのは、今、そしてこれからを生きる私たちであり、だからこそ、「今」、障害について考える時なのではないでしょうか。

  2つ目は、障害を自分の身近なこととして考えて欲しいということです。
これは、障害を持つ当事者である私が、障害者という立場から伝えたいことです。
障害を持つ人が、普段どのように生活していて、どんなことに困っているのか、という実態は、あまり知られていないことだと思います。実際、私も足が悪くなるまで、考えたこともありませんでした。
人間誰しも、障害を持つ可能性があり、身近に障害を持つ人はいるんだ、ということを認識して、障害についてもっと知ろう、という気持ちを持ってもらいたいと強く願っています。 ポスト医ゼミin信州2017副実行委員長

ポストに向けて学習を重ねていく私たちにとっても、発表を見に来て下さる方々にとっても、考えが深まったり、新しい発見と出会えるような、有意義な企画を目指して、これからも学びを進めていきます

ぜひお越しくださいね!
冬の信州で会いましょう〜♪

学習会(11/17)「早期体験実習を通して考えたこと」 

2016年11月18日(金) 17時15分
今回の学習会は…なんと!!
1年生の2人が発表してくれました〜!ヾ(≧▽≦)ノ

テーマは「早期体験実習を通して考えたこと」

早期体験実習とは、1年次の夏休みに行わせていただく実習のことで、
介護型医療施設等の実際を見学・体験させていただくというものです

頭では分かっていても、いざ目の前に利用者さんがいらっしゃったときに感じてしまった自分の浅ましい考え。
学生にはできないような、職員の方々の誠意と利用者の方との間の信頼関係。
上手く表現ができない方に対しての「分かろうとする気持ち」。
わずかな変化から感情や意思をくみ取る、利用者さん同士の関係。

考えること、感じたことはたくさんありましたが、今日のSGDポイント(ディスカッション)はこれ!
・感想
・なぜ重症心身障害者の方に介護と医療を尽くすのか?
・施設の限界について(できること、足りないこと)


正解はないと思いますが、私たちが医療者であるために考え続けていかなくてはならないと思いました。
 誰かを幸福にできる医療
 施設という(広く一般から見た)非日常
そんなキーワードも話し合いの中で出ました。


今日発表してくれた1年生は、実習でお世話になった方からこんな言葉を頂いたそうです。
「あなたは、あなたにしかなれない医者になる」
この言葉に自覚と勇気をもらった学習会でした( ˘ω˘ )

合同学習会!! 

2016年11月13日(日) 19時21分

こんにちは
先日、信州大学と長野県看護大学の合同学習会がありました(^^)/ 場所は信大!
参加者は、
信大:1年生7人 2年生1人 5年生1人
県看:1年生3人
とまぁ1年生の多いこと!!活気があって前途有望でございます

内容(テーマ)は、「障害を今考える」と「周産期・NICU」の2本立て
どちらもポスト信州のテーマ案に大きく関わるお話でした

「障害」については1年生が発表
今年は障害に関する出来事がたくさんありましたよね。
障害者差別解消法、相模原障害者施設殺傷事件、24時間テレビ、リオオリンピック・・・
障害に関心の集まる今だからこそ、私たちの障害観を考えようという発表
自身の体験も混ぜながら話してくれて、障害(バリア)は普段の生活のすぐそばにあるのだなと思いました

「周産期」については5年生が発表
ドラマ化もされた、マンガ『コウノドリ』を取り上げてお話ししてくれました!
もしも産まれてくる赤ちゃんに障害があったら?
治療拒否を申し出られたら?
生命の誕生という感動の瞬間は、まさに奇跡の瞬間・・・
そこに対峙する私たちが考えておくべきこととは?
知識も経験も浅い私たちですが、多くのことを考える時間になりました。


ポストに向けて着々と準備・学習が進んでいます(*´ω`*)
充実した、中身のある企画になるよう、頑張っていきましょう

来てくれた県看のみんな、遠くまでありがとう!
信大も1年生がいっぱい来てくれて嬉しいよ〜
ありがとね( ˘ω˘ )

2016年活動振り返り 

2016年11月13日(日) 18時30分

こんにちは!(*^▽^*)
久しぶりの更新ですが、今年もちゃんと活動してましたよ〜(笑)

というわけで!

わらわらの活動の紹介もかねて、今年のわらわらの活動をまとめてみました!
全国企画は入っていませんが、お願いします(^^;

<1月>
・ポスト医ゼミに向けて学習・・・

<2月>
・ポスト医ゼミin信州開催!
 テーマは「現代人のこころ」

<3月>
〜春休み〜

<4月>
・新入生歓迎学習会 第1~6弾
 テーマは「福島ボランティアに参加して」 「現代人のこころ リメイク版」など
 企画は「カレーパーティ」 「BBQ」など

<5月>
・学習会
 「大学生活をenjoyするために お金編」 
 「熊本被災地ボランティアに参加して」 
 「群馬医ゼミ全準の報告」
 「講演会」(講師として信大の先生にご協力をしていただきました。)

<6月>
・学習会
 「引きこもり報道について」
 「未受診妊婦と生まれてくる子供たち」
 「ドキュメンタリー『笑って死ねる病院』」

<7月>
・学習会
 「絵本から考える医療」
 「医療者が憲法を考える意味」
 「日本と海外の比較」

<8月>
全国医学生ゼミナールin群馬!!
〜夏休み〜

<9月>
・振り返り企画
 群馬医ゼミを振り返って・・・

<10月>
 「ポスト医ゼミについて」
 「留学を経験して 私の夢」
 「死と終末期医療」
 「アメリカ大統領選挙に関して」


その他細かなものもあり、全ての活動をここに載せられているわけではありませんが、
こうしてみるとなんというか感慨深いものがありますね・・・(個人的感想)

そんなわらわらの現在はというと、通常の学習会に加え、
ポスト医ゼミin信州に向けて絶賛活動中でございます。(´∀`*)ウフフ
集約はまだ先になりますが、みなさんどうぞお楽しみに!!

わらわら忘年会・・・の前の合同学習会 

2015年12月26日(土) 14時31分
今日はわらわら忘年会!!
30人以上が参加する予定です♪
忘年会の前は信大×県看で合同学習会です( ´艸`)
信大医学部の1年生から、
2月予定のwinter医ゼミの講師の先生の紹介と、
「認知行動療法」についてのプレゼンなーうっ(≧∇≦)/

今日の学習会は!! 

2015年11月27日(金) 18時34分
こんばんは♪

今日のわらわら学習会のテーマは!!!

「モデリングとアイデンティティ」

1年生からの発表です♪

がくしゅうかい! 

2015年10月16日(金) 21時34分
信州大学2年みたろーです( ̄▽ ̄)
松本はもう寒くなってきて、我が家ではこたつがちょっと前から稼働中です。

そんな寒い今日この頃、というか今日
一年生4人が発表してくれました!

皆、話の作り方とか(先輩のガヤのあしらい方とか)上手くなってきたなぁと素直に感心。

テーマは「モーツァルトから学ぶ医療における音楽の可能性」ということで、なんかカッコいいですよね。
僕のクラシックみたいな音楽のイメージは、漠然とこんな感じでした。

なので音楽と医療って全く繋がってなかったです。うん。

まず最初にモーツァルトの説明をざっと聞きました。モーツァルトの曲には1/fの揺らぎっていうものがあるとか、音の周波数によって身体の中で響く場所が違うみたいな話がありました。

その後は、実際どういった医療の場面に音楽が用いられてきたのかであったり、音楽療法について実例を使って説明がされました。

音楽の人体に及ぼす影響の凄さに感嘆しつつ、実際医療の現場で使っていけるのかのSGDなどを行いました。

音楽療法についての定義がまだまだ曖昧であったり、どうしてもエビデンスがまだまだ取れていないことから、今すぐでの導入は中々難しいかなぁというのが本音ではありますが、あくまでも補助的に様々な場面で使っていけるのでは無いかなぁという風に感じます。

音楽が久しぶりに聴きたくなった今日の学習会でした。
こんな希望的観測を持った学習会でした。

信大学習会(*´∀`)♪ 

2015年10月15日(木) 19時48分
投稿遅くなってすみません(;_;)
初めましての方もいるでしょうか?信大看護2年のゆうなです(*´∀`)

先週木曜日は6年生の松本さんに「臨床実習を終えて」というタイトルで発表していただきました

最初に医学科の方たちが6年間でどのような実習を行っているのか説明してくださりました。
早期体験実習、アーリーエクスポージャー、ポリクリ、アドクリなど
他専攻には聞き慣れない言葉がたくさん(;・ω・)

個人的には看護体験実習をしてることにびっくりです( ゜o゜)

他の職種の人がどのような仕事をしてるかはなかなか知る機会もないので実際に体験できることはいいことですよね(*^^*)


SGDでは今までに行った実習、楽しかったこと辛かったことなど話し合いました!

私は今までの実習では、実習をこなすことに必死で楽しいというより辛いこととしか思えていなかったです(゜゜;)
学年があがって少し心にゆとりが出れば楽しいと思えるでしょうか…?

その後に興味のある分野を中心に実習を楽しむ
という話をしていただいて自分の興味のある分野はなんだろう?と考えるきっかけになりました!
SGDで班の人の興味のあることも聞けて楽しかったです♪


最後に患者さんに感謝するというお話がありました!

ベッドサイドに付きっきりで人がいるということは、患者さんの負担になってしまいますよね。
それでもいつも笑顔で迎えてくださって勉強のためならと、自分の病気のお話をしてくださり、ときにはありがとうと感謝される

そういった経験ができることは患者さんの協力があってからこそで本当にありがたいことですよね(*´-`)


1年後にはまた実習が始まりますが患者さんへの感謝を忘れず、楽しいと思える時間を少しでも送れるように今は知識、技術を身に付けようと思います(^O^)


なんだか文字しかなくて感想文のようになってしまいましたが…

読んでいただきありがとうございました(*´∀`)♪

合同学習会! 

2015年10月06日(火) 0時10分
お久しぶりです!
3年生のかみです。紙です。

先日、久しぶりに県看と合同学習会しました〜〜(*^^*)♪
県看からは1年生2人と4年生1人松本まで来てくれました!


まず、信大の4年生が、うつ病や統合失調症など精神疾患について発表してくださいました。



うつ病の再発を防ぐにはどうしたらいいのか?
統合失調症の方が社会復帰するにはどうしたらいいのか?
授業では扱われなかった部分の疑問からスタートした発表でした。

精神疾患を抱える方と向き合うことは、こちらもエネルギーが必要かと思います。
また、周りの偏見もあるかもしれません。
ただ、「今この人はとても苦しんでいるのだ」ということはちゃんと覚えていたいなと思いました。


またSGDでは、
「身近に自殺願望がある人がいたら、支えられるだろうか?」という話をしました。
わたしは引きずられやすいので頼りにならなそうです。
他の人の話を聞く限り、
「共感はしても、自分と他人の境界をしっかりもっていられること」が大切なんだろうな…と思いました。
あと「物事を深く考えすぎない」こととか。

今後、スキルとして必要になりそうだなぁと思いました。
だれか教えてください。



次に、ポスト医ゼミについて話し合いました。
あ、ポスト医ゼミ開催することになりましたー(/・ω・)/\(・ω・\)

実行委員長は…1年生のTMKくん

時期未定、内容未定!

何やろっかー、と色々出し合ってみました。
わくわくが広がる時間

楽しいポストにしていきたいですね〜


そのあとみんなで
縄手通りを歩き、松本城に行き、パルコに行き、晩ご飯を食べ…
なんか大学生っぽいことしてる!!と思いました。笑
楽しかった!


県看のみんな、来てくれてありがとう


みんなの感想文!

1人目!
今日は信大との合同学習会に参加しました。
普段の講義では得られないことや勉強する楽しさを感じました。
また色んな学科の人たちと交流ができてとても楽しかったです。


2人目!!
今日は信大と合同の学習会でした!
鬱と統合失調症の発表では、意外と患者数が多いことや治療といっても効果が曖昧なままの投薬治療が主に行われていることなどを知り、イメージと違い驚きの連続でした。
そして、そのような人との向き合い方は難しいと感じました。他の人との全く違う意見、感想も聞きさらに考えさせられました。

3人目!!!
今日は久々に県看と一緒の学習会でした。とっても新鮮でした(*^^*)
分科会では精神疾患についてどのような病気なのか、どのように治療されるのかという基本なところから教えていただきました。
SGDでは偏見がなくなるには何が必要か?など少し難しいところまでみんなで考えて、このようにみんなで考える事が大切だよなと思いました。
また、発表の中でも知り合いに死にたいって言われたらあなたは何て言う?という問いかけに何も浮かばなかったので考えたいなと思います。医療系は鬱
になりやすいらしいので…
それから!ポストについても話しました!これからみんなでやっていけたらなと思うと楽しみですヾ(*´▽`*)ノ

2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wara2
  • アイコン画像 誕生日:6月22日
  • アイコン画像 現住所:長野県
読者になる
Yapme!一覧
読者になる