数年肝臓の機能が落ちている人々

May 28 [Tue], 2013, 22:51
お酒に含まれるアルコールやお薬、合成された食品の添加物等を酵素により分解して無毒化する機能の事を解毒(げどく)と呼んでおり、肝臓の大切な職責の一つと言えるでしょう。
30歳代で更年期が訪れたとすれば、医学的な言葉で表現すると「早発閉経(そうはつへいけい)」という疾患を指します(我が国の場合40歳以下の女の人が閉経する症状のことをPOFと称しています)。
脳内のセロトニン(5-HT)神経は、自律神経を調節したり痛みの鎮圧、様々な器官の覚醒などを操作していて、うつ病(単極性気分障害)の患者では機能が弱いことが分かっているのだ。
肝臓をいつまでも健やかにキープするには、肝臓の解毒する作用が衰退しないようにする、即ち、肝臓を老けさせない対処法をおこなうことが重要だと言われています。
「肝臓の機能の悪化」は、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP(ガンマGTP)等3つの値によって知ることができますが、ここ数年肝臓の機能が落ちている人々が明らかに増加しているとのことです。
亜鉛は、遺伝情報(DNA)やタンパク質の合成に関わる特殊な酵素や、細胞・組織の代謝機能に関わっている酵素など、約200種類以上ある酵素の構成物質として絶対なくてはならないミネラル分なのです。




参考になったサイト>>アルコール依存症の入院治療と強制入院について
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:わんこ
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/waodp/index1_0.rdf