狂犬病予防接種・・・の不思議 

2006年02月08日(水) 11時03分
知人の見舞いで訪れた病院の週刊誌に目をやっていたときに、、、
「狂犬病予防接種・・・必要なし」という見出しに目が行って、、、
内容を読んでいたが、途中で帰らなくて、、、中途半端になった。

昭和25年に制定された狂犬病予防法、、、
それから55年、、一人の罹患者もいないが、3年に一度の予防接種を義務つけられている。
約1000万匹おいわれる愛犬家等の負担金額は約400億円という。
う、、凄い。また登録料や手数料を入れるとこの倍の金額となる。

安全の国、日本だけに必要な法律かもしれないがその裏にうごめく
不思議な業界や行政の思惑・利権の影が見え隠れする。

その負担金を有効に利用できると思われる。
災害救助犬や盲導犬などを育成するのに数百万円の金額が必要になるらしい。
当方も提携している「石川県災害救助犬連合会」なども、
育成費用捻出に苦労されているようで、、
これらの費用に当てることも考えられるだろう。

この内容はおくが深いので、じっくりまとめて再度書き込んでみたい。

高~、、、MRI 

2006年02月06日(月) 10時09分

MRIでペットに優しく 登米・迫導入の動物病院

 宮城県登米市の動物病院が、動物用の磁気共鳴画像装置(MRI)を導入し、ペットの検査に活用している。研究機関でも動物用の導入事例は少なく、動物病院への設置は珍しい。ペットの負担を軽減した治療に威力を発揮しており、獣医師の紹介や口コミで東北各地から飼い主が訪れている。

 MRIを導入しているのは、登米市迫町佐沼中江1丁目の菅原犬猫病院(菅原旭浩院長)。
 イタリア・エサオテ社製で、半導体の加工などを手掛ける大洋電子(大河原町)が国内総代理店を務め、農水省の承認を昨年取得した。基本的に人間用と同じ仕組みで、大型の永久磁石の間に患部を置き、コイルで磁場の変化を検出して断面図を撮影する。

 エックス線撮影やコンピューター断層撮影(CT)に比べ、炎症や腫瘍(しゅよう)を鮮明に映し出すことができ、特に脳や脊髄(せきずい)の検査では威力を発揮する。患部の特定が容易なため、部位を絞り込んで放射線を当てるなど、ペットの負担を減らしながら効果的な治療を行うことができる。

 昨年11月に本格稼働した。炎症の有無など調べたい症状に応じた撮影方法や、さまざまな角度からの撮影を行うには、一連の検査に2時間程度かかる。麻酔も必要なため、現在は週に数件の利用にとどめている。

 MRIは一式7500万円と高価。飼い主が支払う検査料も一回に5万―6万円かかるが、「一昔前に比べ、ペットの病気に対する飼い主の関心が非常に高く、需要は十分にある」と菅原院長。

 菅原院長は現在、東北大の大学院生として、がんの早期発見に使われる陽電子放射断層撮影装置(PET)などの研究に取り組む。「人間向けの医療技術は遠からず、動物の世界にも広がるのではないか」と話している。



高〜、、、、!

傷ついた犬や猫の救援に奔走 

2006年01月31日(火) 9時58分
 ▽保護施設建設目指す

 特定非営利活動法人(NPO法人)「犬猫みなしご救援隊」(本部・広島市安佐北区)は、人間の無責任な飼い方で傷ついた犬や猫を助ける活動を続けている。戌(いぬ)年を迎え「命の大切さを認識して」と呼び掛け、里親や保護活動への協力者を募っている。

<祇園の事務所で中谷さん(左)らと生活する犬や猫たち>

 救援隊は、ペットショップを経営する理事長の佐々木博文さん(37)=安佐北区可部=と、個人的に犬猫愛護にかかわってきた理事中谷百里さん(43)=安佐南区祗園=が一緒に活動を始め、昨年二月に法人化。虐待を受けたり捨てられたりした犬猫を保護して里親を探すほか、適正な飼育を進める啓発にも取り組む。賛助会員約三百人で、実動メンバーは十人程度だ。

 中谷さんの自宅がある祗園支部には、犬六匹と猫九十匹が暮らす。虐待で病気やけがをした猫、ペットとしての商品化で無理な種の掛け合わせをしたため脳や視力に障害が生じた犬たちだ。

 佐々木さんが本業の仕入れ先で「売り物にならない」と処分される前に引き取って来る。当初は人におびえ、時に凶暴だったが、少しずつ人や社会に慣れていく。「自然に逆らうようなひどい行為」。中谷さんが生後二カ月、生まれつき聴力がないダックスフントを抱いて力を込める。

 佐々木さんも店に来る飼い主の身勝手さに驚いている。「やっぱり飼えない」と返しに来るケースも多く、理由はほえて言うことをきかない▽引っ越しのため▽イメージと違った―などという。「すべて人間の勝手が引き起こした結果。人間と同じ命であると認識し、きちんと考えてから飼ってほしい」

 救援隊は行政による不妊や去勢手術の助成金制度の設立などを求めるほか、最終的には保護施設の建設を目指す。募金などの問い合わせは、ブリーダーズあんとん内佐々木さんTel082(819)2693。

↓ ポチっと押して下さい ↓
◇◇ 人気プログランキング 参加中!◇

このまま雪は降らないのだろうか、、 

2006年01月30日(月) 10時21分
大雪が続いて、雪掻きに追われた10日前から、大雪の影は潜めた。近所の校庭の地肌も見えてきたようですね。予報は、今週末から再度の雪のようで、、、大雪にならないことを祈るばかりです。



昨日、兼六園下を車で通過するときに、コリーちゃんとの散歩風景です。
車の中からだったので、、、後姿となりました。

小春日和の一日だったので、ワンちゃんも気持ち良さそうでした。

↓ ポチっと押して下さい ↓
◇◇ 人気プログランキング 参加中!◇

散歩の数が減ってきたねぇ 

2006年01月26日(木) 12時39分
小雪舞い散る金沢の道は、雪に覆われ車で圧接され歩きにくい。

夜には、気温も下がってつんつるてん、、転ぶ、、ワンちゃんも転ぶ、、ストレス。

そんな、ストレスを受けてまで散歩しないのだろうか?

通りで見かける散歩数が減ってきたように思える。

<犬そり・・むつごろう王国>

そして、昨日厳しい辛いニュースもあった。

犬の散歩中、、、逃げた犬を追いかけて・・・列車事故・・・死亡。



・・・黙祷。

“犬に負けた”岡崎実戦お預け
男児にかみつき重傷負わす 犬の散歩者に実刑
犬と猫と目線の関係

↓ ポチっと押して下さい ↓
◇◇ 人気プログランキング 参加中!◇

愛犬チャンプ 

2006年01月24日(火) 11時33分
愛犬チャンプ



2月号<VOL159>にて、「どうすればいい?愛犬の腸内環境改善」という
テーマで掲載された。

最近、お腹の弱いワンちゃんが多く、ストレスやアレルギーが要因だという。
強い体つくりを心がけたいなら、まず、腸内環境改善が必要と、
日本獣医畜産大学助教授の「左向先生」が訴えている。

健康は「腸」によって決まる。善玉菌を常に優位に保つ必要があると、
日頃から腸内環境を整備しておこう。

<乳酸菌Daワン>

次のページに腸内環境を調整する多くの商品が紹介されている。
その中でも、犬由来の乳酸菌を使用している商材は潟Yームの「乳酸菌Daワン」だ。
他は、便の臭いを取るとか、サプリメント系、ハーブ系などの商材が多かった。
金額もうん、、、安価で良いのでは、、、。

全国紙だから、ズームさんもさらに忙しくなるかもね。

↓ ポチっと押して下さい ↓
◇◇ 人気プログランキング 参加中!◇

改善が見えないと去っていく 

2006年01月20日(金) 13時23分
雪のちらつく寒い一日となったが、大雪にならなくて一安心。
こちらは風が強くて体感温度はかなり低く感じる。
最低気温が氷点下となったときは、 「パッチ」(ももひき)をはかなければ
九州生まれのわたしは生きてゆけない。

<不動産屋さんの前の痩せたワンちゃん・・中に入れられないの?、、可愛そうに>

通りで散歩するワンちゃんたちも寒そうに目をしばしばさせている。

昨年の10月から進行中の柴犬アトピーのワンちゃんが
ステロイドをすぐに外して症状が悪化。
ま、予定通りの進行なので、少しの時間を待てば安定できると
予想していた。
12月の初旬まで乳酸菌の摂取量が不足していたので変更させ、
それから1ヶ月、、、厳しい状況に居た堪れなく、自然回復を
ストップした。いろいろな情報が耳に入るだろうし、目の前の
我が子を正視する事も厳しいということは理解できる。

アトピーにはその犬によっていろいろな処置方法があるのだ、と、
知人の情報で去っていった。寒い時期も影響したし、部屋内外の
温度差も影響しただろううし、不安空気もあるだろうし、、、
「春まで何としても頑張ります」という言葉も、毎日の苦しさと
すぐに良くなる情報の元にダウンした。
原因が一つのアトピー症状に処置法は一杯あるのだろうか?

血液検査によって食事制限、抗アレルギー剤、、そして保湿剤、
スキンケア、、、最終的には一時的にステロイド剤で、、、と
ならなければよいと思う。酵素やビタミンB群も同様の
生理物質で効き目は抜群だが、その後がステロイドのような症状が
出てくるし、、、、。


3ヶ月の乳酸菌摂取で根源とされる物理的処置は出来ているのだが、
表面の処置は時間がかかるのをみんな待てないようだ。
これは人間にも言えることだが、、、出来るだけ長い期間を設定して
進行してそれ以内の期間で仕上げてしまう。が、相談フォームでも
多くの返答に少し短い期間設定でしたのが問題だった。
今までのボランティア結果だったが、、、はじめての期間だけに
、、それも柴犬小型なので、、、どんな方法でも頑張ってもらいたい。

早くよくなってくれ〜。

ペット情報誌<フリー> 

2006年01月18日(水) 16時43分
PETDAYS<ペットデイズ>

<表紙>

北陸内での月間ペット情報紙だ。

フルカラーで写真もきれいだし、構成もなかなかのものだ。
社長はデザイナーらしい?<ある人の情報>、
さすが、色やバランスは完全といってよい。
さらに今度は「タウンページ」ならぬ「イエローページ」というペットショップや
美容室、動物病院などを網羅した案内情報誌をだした。

<内容・構成>

それに「アトポス」も「その他」で掲載した、、2万円。

<本の挿絵を出した・・人間用>

高いか安いかは、、、あ、うちはペットについては収入がなかったんだ、
すべてボランティアで動いている。・・
が、夏からは有料としてサポートを行う。
北陸地区でこの情報誌が欲しい方はお送りしますよ、、、、
なかなかです。しつこいけど・・・・。

<う~、仲良く、、いつも通るコースをしっかりとした足取りで・・・少しお年のようですが>

雪も降らないので、散歩も楽そうですね、、でも、寒い。
明日からは、また雪模様なのでしょう。


<ペットデイズ1月号>

今日、そしてまた明日書くエネルギーを充電するためにクリックお願いします。→人気ブログランキング


アレルゲン処置について 

2006年01月13日(金) 14時21分
日本の42頭のアトピー犬に陽性反応が見られたアレルゲンについて

アトピー性皮膚炎の診断や治療のために重要なアレルゲンは地域によって異なります。
日本のアトピー犬で最も有力なアレルゲンを見分けるために、
アトピーと診断された42頭頭の犬に対して皮内試験および特定抗原IgE分析試験を
行いました。皮内試験には、8つのアレルゲングループ
(木、雑草、イネ科植物、ハウスダストマイト、カビ、食物、上皮、節足動物)から
抽出した26種のアレルゲンを使用しました。

それら8グループの24のアレルゲンとタラやヒラメのような魚に対する
特定抗原IgEの測定にはイムノドットアッセイを用いました。

42頭中最も多く陽性反応を起こしたアレルゲンはハウスダストマイトでした
(皮内試験;29/42頭、69%、特定抗原IgE分析試験;23/42頭、54.8%)。
2番目に多いものは日本スギ花粉(皮内試験;21/42、50%、特定抗原IgE分析試験;
7/42、16.7%)でした。両検査で、20%以下にカビや食物の陽性反応が見られました。

<お腹のアトピー症状>

皮内試験において、猫の上皮に対する陽性反応はしばしば認められましたが、
特定抗原IgE分析試験ではほとんど見つかりませんでした。
両検査で反応が一致したものは26例でした:ハウスダストマイト(21頭)、
日本スギ花粉(5頭)そして小麦(1頭)。この研究で、
犬にアトピー性皮膚炎を引き起こすアレルゲンで最もよく見られるものは
ハウスダストマイトと日本スギ花粉でした。

犬にもサプリの時代なの? 

2006年01月11日(水) 11時43分
戌年にちなみワンちゃんの記事をいたるところで目にします。
この新聞でも最新の様々な犬用のグッズが紹介されていました。
サプリメント、無添加のフード類、毛皮やドレスのファッショングッズなど、
人間顔負けの「お犬様事情」に、ただ驚くばかりです。



私が子供のころは、室内犬は珍しく、外に犬小屋があって当たり前。
寒くてかわいそうだといえば、犬は寒さに強いものだと論され、
食べ物は人間の食べ残しや「ねこまんま」でした。
それでも元気に育っていました。



しかし、今や、人間自体がサプリメントに頼る時代になっています。
犬も同様なのでしょうか?
犬がセーターを着てホッとカーペットに寝そべり、
運動不足だからとといってダイエット効果のサプリメントを与えられている姿は、
まるで事情のわからない私には可愛いよりも不思議に見えます。

<これが本当だよねぇ・・・>

「犬は喜び庭駆け回り・・・・」が本来の姿かな? 

とも思いました。     <能美市 石田敦子さんの投稿>

※私もそう思います。
■プロフィール■
■ナナヒカリ■
■夢を食べること■
■一人っ子■
■女の子なの■
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
アイコン画像褌一丁
» 狂犬病予防接種・・・の不思議 (2008年10月21日)
アイコン画像森田犬のしつけ中
» 狂犬病予防接種・・・の不思議 (2008年10月04日)
アイコン画像汁大臣
» 狂犬病予防接種・・・の不思議 (2008年09月30日)
アイコン画像みしゃ
» 狂犬病予防接種・・・の不思議 (2008年09月27日)
アイコン画像ちちち
» 狂犬病予防接種・・・の不思議 (2008年09月24日)
アイコン画像
» アレルゲン処置について (2006年10月22日)
アイコン画像
» アレルゲン処置について (2006年10月22日)
アイコン画像賞金有り♪抽選有り♪ランキング
» 散歩の数が減ってきたねぇ (2006年01月29日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wanwan-b
読者になる
Yapme!一覧
読者になる