「biglobesimlineキャンペーン」に関して、調べてみた。あきぽんの格安スマホ調査結果

March 01 [Tue], 2016, 19:58
最近よく耳にする格安SIMについて、いくつかのポイントをご説明します。この5月より、その電話機が他の事業者で使えないように制御していた「SIMロック」というものが解除されることになり、今後これまでの電話代よりもさらに安価にすることが可能な格安SIMに流れる人が増えていくと予想されます。現在ある大手の携帯会社、ドコモやau、softbank、ではどこでも大体月々の料金が7000円程度、と言う人が多いと思います。格安スマホや格安SIMを利用すると、その携帯代が約半額の月2000円〜4000円になるのです。安いですね。イオンでも格安スマホとして、「イオンスマホ」を販売しています。また、格安SIMではドコモとAUの回線を使用しており、電波も安定しています。なので、「格安SIM=電波悪い」はただの噂や推測にすぎません。ドコモやAUと電波状況は同じです。大手キャリアで何がネックかと言いますと、契約をする時に2年契約なのです。その途中で解約するとお金が発生したりします。しかし、格安SIMの場合2年も長い縛りではなく6カ月という短い期間なのがうれしいところです。データSIMのご利用であれば、契約期間のしばり・最低利用期間の設定が無いことがほとんどなので、これもとてもメリットになると思います。ただ一点注意が必要なのは、格安SIMの場合、@docomoや@ezwebといったキャリアメールが使えなくなってしまうこと。








プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Taichi
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wanstusvtreehb/index1_0.rdf