「陸清遠』

August 03 [Mon], 2015, 16:48
そんな暖かい日に、私は意外に彼女に出会えて、どんなにサプライズです、彼女の美しい顔を、彼女は私の最も好きな白衣を着て雪のような白い、クチナシの香の風の中で、私はまるで夢の中のあの人に出会って私が、私が思うに、彼女は私の宿命。私は彼女を助けてくれた、私は医者で、見知らぬ人を救うことができないだから、まして彼女。我喜欢她秋水一般眼睛,我喜欢她薄如翼嘴唇,我喜欢她的古灵精怪,我喜欢她的优雅端庄,甚至我喜欢她的梨花带雨,我什么都喜欢,只要是关于她的,我都情不自禁地喜欢,我想她魅,是蛊,是毒,让我上瘾,让我沉迷,可是,我仍然心甘情愿,我仍然义无反顾,我以为我的爱能给她幸福,我以为我付出的爱,她也会同样地回馈给我,可是,我错了没,我像一个爱情里的傻子,被玩弄,被嘲笑,我终于成了爱情的俘虏,在无人的戏台上,唱着一个人的独角戏,我始终想不清为什么,是我不够好,还是有什么原因,可是,为什么,不给我一个理由,就这样让我成为了一个不知所云的感叹号,我每天借酒消愁,我不知道为什么,难道是因为她吗,不可能,我不爱她,一点也不,我努力地规避,还是不敢正视这场伤痕累累的爱情,我不愿意服输,可是,从一开头,我負けたかもしれない、彼女にとってはこれまでないから過ぎて、私は彼女を嫌い、彼女に怨みを懐くいわれは私を離れて行って、彼女は私を恨んで人形を落として、勝手に渡した彼女は私を舎てのようにおおう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:意外にも当日
読者になる
2015年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wannghui/index1_0.rdf