いる私たちは

June 08 [Mon], 2015, 13:15
すべてのは楽しくありませんは、すべて私たちから仕方がない。気にさせたと、我々が楽しかった。群衆の中には知って、賦新語強は愁の少年。私たちは、私たちが否認して年下だが、私たちには正常人の哀歓を経験していないで、私たちの心を锻易い坩堝らしいのですが。

しばらくの时间があって、深いに恋をしていた席慕容の詩がある。すべての结末はすべてすでにを书いていた。すべての涙もすべてすでにに向かった。しかし停会忘れはどうなってないからだ。あの古い戻って夏だ

いくら私はどのようにするかのように、疑惑だ。若い君は云影をかすめる。あなたのほほえみの顔をきわめて浅いごく薄い。次第にて居りますが、日の群が岚だった。跟耗めくられそのみがかったry。运命はそれを製本写実的に幼稚だ。涙ながらに私は読んで再は読みます。と言わざるをえない青春は早かったのは一冊の本を読んだ。太

一言一言も美が思いを驰せ、たちの青春も美が浮かぶ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ホッと 释然
読者になる
2015年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/wangzhiclaol/index1_0.rdf