重甲ビーファイター その3 

November 02 [Sun], 2008, 20:19

これが、ビーファイター達が操縦するビートマシン。
左から、ビートルーダー、スタッガータンク、レッドジャイロという名前のマシンです。

この画像は、当時出ていたDXポピニカのビートマシンの画像だけど、劇中のものも余し変わらない感じです。

とにかく、このマシンの魅力は、何といってもこの昆虫とメカという相反する二つのものを上手く融合させたデザインです。昆虫では絶対にありえないタイヤというものも普通なら少し違和感がありそうなものを、違和感なく上手く昆虫とヘリや戦車を融合させています。子供の好きな昆虫というモチーフと相まってかっこいいデザインだと思います。

しかも、このマシンのギミックも意外と凝っていて、一番左のビートルーダーの武装が真ん中のスタッガータンクの後ろのトランクに入っていて、逆にスタッガータンクの武装がビートルーダーに搭載されてるため、この2機をからめて遊ぶことができるのです。一番右のレッドジャイロにもクレーンが下部についてたりして、非常にプレイバリューの高いものになっています。劇中でもこのギミックが使われてるので良かったら見てください。

そして、後半登場の超ド級の巨大ビートマシン、別名スーパービートマシンがこれです。




その名もメガヘラクレス(すみません写真が小さくて)、まさにそのまんまのネーミングで見た目も名前の通り巨大なヘラクレスオオカブトのメカという感じです。これは上で紹介したビートマシンが昆虫とメカを上手く融合させたデザインと言いましたが、こちらはまさに昆虫そのものをメカにしたようなデザインです。でもこっちも素直にカッコイイと思えるデザインだと思います。俺はどちらかというと、メガヘラクレスの方が好きです。

しかもこのマシン、デカイだけじゃなく上の3機と合体することができるのです。そうすることで、最強形体メガビートフォーメーションとなり、上部に取り付けられた最強兵器メガビートキャノンを放つことができるのです。

今回はメカを紹介したけど、これからもマイペースに更新していくから、面倒臭がり屋だし、勉強もしなきゃいけないから更新できない日が続くかも知れないけど、そこは大目に見て。

あと、最近このブログを見てくれる人が少ないから、他の人にも見るように勧めてほしいです。あとコメントも。

ごめん、なんか頼みごとばかりになっちゃったねぇ(しかも上から)

それじゃ、また

疲れた 

October 29 [Wed], 2008, 22:37
今日は、学校で文化祭があって疲れたので、

ビーファイターの続きはまた明日にでも書きたいと思います。

それじゃ、また

重甲ビーファイター その2 

October 28 [Tue], 2008, 19:05
重甲ビーファイターの主な内容は、

ある日、世界中の昆虫たちが異常発生する、主人公の甲斐拓也は、昆虫族の老師グルから異次元からの侵略者対抗するために昆虫が大量発生しているということを聞く。そのころ、異次元からの侵略者ジャマールが攻めてくる。この敵に対抗するためにアースアカデミア日本支部は特殊戦闘服プロトタイプアーマーを開発するが、上手くいかない、そこに老師グルが現れて、3体のプロトタイプアーマーに昆虫たちの命を与え、昆虫の命を持った、生きた装甲服インセクトアーマーが誕生する。甲斐拓也とインセクトアーマーに選ばれた、片霧大作と羽山麗と一緒にジャマールに立ち向かう

これがビーファイターの第1話の内容で、ビーファイターはこの内容から分かる通り、異次元からの侵略者にインセクトアーマーを着た3人のビーファイターが立ち向かうというもの。

このシンプルな内容が、子供にも特撮好きにもうけて、この作品は大ヒットしました。

内容も、シンプルなだけではなく、主人公のライバルである悪のヒーローブラックビートが出現したり、途中でヒロインが交替して、より能天気で明るい女性に変わったことで作品の明るくなったり、終盤では、敵の組織内で内紛が起こり、幹部が次々に抜けていき、敵が内部分裂し、さらには最終回前に敵の首領が倒されてしまったり、と次々に新しいことが起きていくことによって、途中マンネリ化することも、視聴率不振になることもなく、大人気のまま最終回を迎えました。

特に、ライバルのブラックビートの登場によって、番組は盛り上がり、終盤ではブラックビートの正体が主人公のクローンだと分かり、最終回では主人公のブルービートとブラックビートの死闘が描かれるなど、ブラックビートによって、番組は一層盛り上がり、大人気作品となりました。

それでは、今回はここまでにします。続きは次回。

それじゃ、また

重甲ビーファイター 

October 23 [Thu], 2008, 21:23
みんなは、重甲ビーファイターって知ってますか

これは、1995年に放送された、メタルヒーローシリーズの第14作目の作品です。

これは、俺が小さい頃一番好きだった特撮ヒーローで、ウルトラマンより戦隊ヒーローよりもこれが大好きだった。

この作品の特徴はとにかく、子供向けで分かりやすくて、かっこいいことで、最近の特撮と違って、異次元からの侵略者と、正義のヒーローが戦うという分かりやすいものになっていて、子供でも、理解しやすい特撮ヒーロー王道の内容になっています。

デザインも昆虫をあしらっていてかっこよくて、メカや武器ももかっこよくて、味があるデザインです。

今までは、一回で全部書き終えてたけど、これからは、俺が大変なのもあるし、何より読みづらいという苦情が来たので、一つの作品を何回かに分けて紹介して、語りたいと思います。
だから、今日はここまでにして、続きは次回に書きます。
それじゃ、また

ハイパーホビー11月号 

October 21 [Tue], 2008, 14:44
みんなはハイパーホビーの11月号見ましたか

久しぶりに見てみたら、怪獣デザイン祭なんて企画が進んでたんですねぇ。

正直驚きましたよ。でも最優秀賞を受賞した機戦鎧獣さんの隕石怪獣ガメートかっこいいですよね。

全体的に重量感があるデザインで、目がなくて無機質な感じがゼットンに通じるものがあって、

まだ見てない人は機戦鎧獣さんのブログかハイパーホビーの公式サイトで見てみて下さい。

しかもブルマァクタイプでソフビ化されるらしいじゃありませんか

まだ見本品もできてないけど、これは、是非とも欲しいですね。

きっとハイパーホビー誌上限定で販売されるので、なんとか小遣いをためて買いたいです。

あと、友達にソフビなんかにそんな金かけんな。とか言われますけど、

自分の趣味だから気にしなくていいですよね。(でもちょっとオヤジ臭いかな

それじゃ、また
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:死神スカル仮面
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:10月26日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 職業:小中高生
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ-特撮ヒーロー、アニメ
    ・コレクション-ソフビ人形、プラモデル
読者になる
2008年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像死神スカル仮面
» 重甲ビーファイター その3 (2009年07月13日)
アイコン画像Kotton
» 重甲ビーファイター その3 (2009年06月10日)
アイコン画像あかさたなはまやらわ
» 重甲ビーファイター その3 (2009年05月30日)
アイコン画像マダオ
» 重甲ビーファイター (2008年10月25日)
アイコン画像美浪琴音
» 天体戦士サンレッド (2008年10月21日)
アイコン画像ドナルド・マクドナルドの使者
» メタルヒーロー (2008年10月13日)
アイコン画像死神スカル仮面
» 地上デジタルラジオ (2008年10月08日)
アイコン画像rasengan 
» 地上デジタルラジオ (2008年10月08日)
アイコン画像フルーツポンチ侍G
» 天体戦士サンレッド (2008年10月07日)
アイコン画像螺旋丸的なあれな人 
» ガンダムOO (2008年10月06日)
Yapme!一覧
読者になる