娘さんを幸せにします

March 24 [Sat], 2012, 3:34
先日両家に結婚の挨拶をしてきた。色々な気持ちがあったまま、予定に流されるまま。
私の実家でパパとママに背筋を正して、「これまで2年ほど同棲していく中で、わんこさんと2人で一生を過ごしたいと思い、本日は結婚のご挨拶に参りました。一生幸せにします。まだまだ未熟ですが、二人で支え合って頑張っていきます。この先迷惑をかけることもあるかと思いますが、どうか見守っていてください。何があっても精一杯わんこさんを守っていきます」と彼が言った。
今まで一度も見たことのない彼の真剣な姿で、正直驚いた。
パパも姿勢を正し、真っすぐにこちらを見つめ、「えー…異論はありません。何かこちらでできることがあれば支援しますので遠慮なく頼ってもらえればと思います」と優しく、そして真剣な口調で言った。
ママはパパに促され、「うちの娘をよろしくお願いします」と頭を下げた。私はただ黙って、彼を見つめ、パパを見つめ、テーブルを見つめ。なんだか気恥ずかしさを感じたのはきっと、私がまだ幼いからだろう。
それに比べて、2つしか歳の離れていない彼が、とても立派で、大人に見え、自慢に思えた。
シーンとして。少し気まずい雰囲気をパパが和ませた。
「ベティちゃんからは?」「なにもないデスー」ベティを座らせジェスチャーさせる。

そこでやっと開放感。
「羊羹食べたい」と私のおどけた一言で、挨拶終了。

もう結婚の話はしていたし、わざわざ大阪に来て改めて挨拶を形式的にするのは必要なのか、と疑問に思っていたが、実際に終わってみて『やってよかった』と心から思った。

それまであったモヤモヤがなくなり、不思議と決意と実感が芽生えた。

入籍まであと約3ヶ月。この日の感覚を忘れないようにしたいと、そう思った。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:わんこ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1988年
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:福岡県
  • アイコン画像 職業:家事手伝い
  • アイコン画像 趣味:
    ・ダイエット-サイクリングと水泳と食事制限が主。
    ・ファッション-服だいすき!嫌なことあったときはショッピングに限る。
    ・恋愛-恋愛を趣味カテにするってなんだw
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる