ウィンドウショッピングで我慢

February 08 [Fri], 2013, 13:16
1960年代に台東した量販店は、セルフ自己方式を導入するなど、徹底した経営の合理化でロウプライス戦略を行い、流通業界では百貨店を凌ぐ勢力を構築しました。
家電量販店が苦境に立たされているのは、ファッション分野で成長著しいファッション・カテゴリキラーに追い上げられているからです。
まず、量販店のメンズスーツの売り上げが、ロード側の紳士服店の増加により、大幅ダウンしました。服地の調達から生産まで、流通合理化を追求しているからです。

私は、ブランド浸けで暮らしてきました。といっても、残念ながら、こちらのダイアンのワンピースなどのブランドを山ほど所有している、ということではないです。そうじゃなく、なにしろファッションに関わる仕事をしていると、ブランドと向き合うこと、それこそが仕事の一部、その意味でブランド浸けなんです。
もちろん新しいブランドが登場したとか、あるいはこれまでのブランドから新しい商品がはっぴょうされたとすると、とにかく自分で試してみなきゃ、仕事だから。となることも少なからずあった。シゴトと生活信条とは別だときっぱり割り切ることもできただろう。だが、私の場合、どうもその片のところはきわめて曖昧であったのも事実だ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サチ
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wampee/index1_0.rdf