今までありがとう 

September 10 [Mon], 2007, 22:39
こちらに移転しました〜。

http://ameblo.jp/walking1212/

ファーストピアス 

September 03 [Mon], 2007, 23:11
先月末にピアスをあけた。
痛いのでは?とか、金属アレルギーが出たらどうしよ、
とか心配してて、あけようかどうしようかと一年くらい悩んでたさ。

病院であけてもらったんだけど、すごいあっけなく、
ものの数分で終わったので、拍子抜けだった。
こんな簡単ならさっさとやればよかった……と、
自分のへたれっぷりに愕然。

それはともかく、
ファーストピアスは一ヶ月つけっぱなしにして、
そのあとでなければ市販の好きなデザインのをつけられないのだが、

あけて一週間もたっていないのに、
手作りアクセサリーのサイトとか、あちこちまわって、
なんだかたのしい。
はやくつけられるようになりたいな〜。

トンボ玉のとか、すっごいかわいいの!
ガラスとか、ビーズとか、
宝石よりも、チープでファンシーなのがたまらん。

いろんなとこでアホのように買いあさりそうでこわい。

くるりライブに行ってきた 

August 31 [Fri], 2007, 15:12
ロック系のコンサートってはじめてだったけど楽しい!
叫んでも歌っても踊ってもオッケーだもんね。

新しいアルバムから全曲と、「ロックンロール」「東京」など有名どころもちらほら。
古いファンも飽きないだろう構成だったと思う。

それにしても岸田さんすごい!
かっこよいギター、かっこよい指揮棒、かっこよい第九独唱!

若干二十四歳のドラマーがまたすごい。超絶技巧ドラム。若さのパワーか?!

歌って踊れるザ・サスペンダーズ、これまたGJ! 私も入りたい!一緒に踊りたいです。

すばらしいハイクオリティなステージ、音楽的にバラエティ豊かでとにかく楽しい。
くるりのライブって毎回こんなすげーの?
ぜひまた行きたい!

夏休みは、はじまる前がたのしい 

July 31 [Tue], 2007, 20:51
「時をかける少女」見たよ。 おもしろかった!

七月十三日って、たった一日をぐるぐるしてるだけなのに、
ハラハラドキドキで、時々コミカルで、最後は胸きゅんだったね。

なんとなく男の子向けの話だと思ってたんだが、
意表をついて少女マンガな展開。好みでした。

発展しそうで発展しない幼い三角関係が切なかった。
女子校育ちなもので、ああいう微妙さってなんかあこがれるさ。
青春って感じ。甘酸っぱいわー!

夏休み前のわくわくする気持ちを思い出させてくれるような、
さわやかなお話だったよ。


素直で明るいキキはどこにいっちゃったんだろ 

July 15 [Sun], 2007, 22:18
マジョ子さん、やってるとつい見ちゃうなあ。

私勘違いしてたんだけど、
ジジと喋れなくなったのって、ジジに彼女ができたからでも、
熱出してスランプに陥ったからでもなくって、
ただ単純に、

恋しちゃったからだったのね?

それで最後、トンボを助けて魔法力が回復した?という場面でも、
ジジは「にゃー」とかないてるだけなわけか……。

せつないなー。

なんか最近、こういう
少年少女が「おとなになっちゃった瞬間」みたいなのに弱いよ。

歳かな……。

美容院行ってきた 

July 12 [Thu], 2007, 20:18
ひさびさにパーマもかけて、根もとがプリン状態だったので、
色も入れた。

これでしばらくまた行かなくて済む……。はひー。

女子としては、髪をいろいろいじりたいのだが、なにがいやって、
美容師さんとのトークが苦手だ。

気を遣って話しかけてくれてるのはわかるのだが、
話下手だし、同じ気を遣うのなら話かけないで〜、って思っちゃう。

見ず知らずのひとに自分のことをしゃべるのが苦手。
同じ店に何度か行って、覚えられてて「その後OOどうですか?」
みたいなのも正直めんどい。

毎回毎回、
「学生さんですか?」
「ちがいます……」
「お仕事されてるんですか?」
「してません(バイトはしてるけど)」
「……(じゃあなんなの的な間のあとで)主婦ですか?」
「そうです……」
「お子さんいらっしゃるんですか?」
「いないっす……」
すみません会話の糸口すらなくて。といつも恐縮。
なんだか申し訳ないです。

でも最後は商店街と花火大会の話題になって、
あたりさわりなのない展開だったので、一安心。

ほ。

また大人になった 

July 06 [Fri], 2007, 23:20
歯を抜いたよー!

あの、私をさんざん苦しめやがった、憎き親知らずを!

抜くときは全然痛くなくて、あっさり抜けたけど、
時間が経つと、やっぱり腫れて痛い

親知らずは生えたときに大人になるのではない。
抜いて、その痛みに耐えてこそ真の大人と言えるのです。

モテない服 

July 01 [Sun], 2007, 21:53
よく行く雑貨屋さんのTシャツが可愛いのだ。
動物とか食べものとか、なんともキッチュな絵柄。

しかし以前買おうか迷っていたところ、となりで見ていた若い女子が、
「可愛いけど…モテなさそう」と一刀両断!

すごいなモテ至上主義。
最近雑誌でやたら目にするけど、こんなに普通の十人並みの子までが意識してるとは思わなかった。

そんなモテなさそうな服ですが、私は二枚買いました。

乙一の不思議な魅力 

June 22 [Fri], 2007, 20:09
乙一好きの友達から借りて何冊か読んでみた。

「夏と花火と私の死体」「暗黒童話」「GOTH」
「天帝妖狐」「さみしさの周波数」だったかな。

なんというか、乙一はストーリーはわりとありがちで、
短編はとくに読んでいてオチがわかってしまったりもするのだが、
そんなことより、ひねくれた少年少女の鬱屈した心理描写がうまい。

死とか、死体とか、ネガティブなものについ惹かれてしまう、
思春期の孤独感とか疎外感。
そういうのに引き込まれて読まされてしまう。

けっこうグロかったり猟奇的な話もあるのだけど、
読後感が妙に良い。

小説の魅力っていうのは、「おもしろい物語」以外の部分にも
あるんだなと実感した。

ひとはゆれ動く吊り橋のうえに 

June 16 [Sat], 2007, 22:51
オダギリジョー主演、西川美和監督の「ゆれる」を見る。

最初からただならぬ緊張感……! 目が離せない。
兄は吊り橋から幼なじみを突き落としたのか? 殺人? それとも事故?
謎をめぐって激しく揺れ動く、兄弟の心理劇です。

絆っていうものはいつでも堅固なものではなく、
じつは非常にもろく危ういものであるという恐怖。

はらはらどきどき。
でもラストにはちゃんと救いがあって、よかった。

しかし、オダジョーはセクシーでミステリアスで、かっこいいですな。
とても「仮面ライダークウガ」で

「見ててください! 俺の、変・身!!」

などとアホな台詞を言っていたひとと同一人物とは思えない。
オダジョーの青い時代。

「見てろと言われても……」
とか、彼の心もゆれ動いていたのかな。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:しゅうこ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1978年
  • アイコン画像 職業:専業主婦
  • アイコン画像 趣味:
    ・ショッピング
    ・読書-マンガ含めジャンルにはこだわらず
    ・音楽-libera,bac等ボーイズクワイアにはまり中
読者になる
2007年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Yapme!一覧
読者になる