君はペット 〜嵐な5匹〜 

March 08 [Tue], 2005, 0:59
大変遅くなりましたが、やっとこさっとこパロを載せる事ができました

第1弾は君ぺのパロでございます
って言ってもかなりサンタ仕様になってしまっていますが

Episode1は大ちゃんが主人公でございます
犬に嫉妬するっていうね
けどこういう気持ちサンタとしてはありなんですよ!
サンタも以前、元彼の飼っていた猫にジェラスウィー感じましたもん
バカですね。。。
しか〜し!好きな人と四六時中一緒に居られるとなったらペットにだってなりたいさ
そんな気持ちを込めて書いてみました☆

そんなこんなで微妙な落ちで終わってしまったことは非常に反省でございます
次回Episode2は翔くんが主人公のこれまた一風変ったお話です
良かったら読んでやって下さい

小説を読んで下さった全ての方に感謝の気持ちを込めて。。。
そしてこのページを読んで下さった方にも本当に感謝です

お疲れ様でした&ありがとうございました
それではまた。。。

《絶対王様》3話&最終話 

February 12 [Sat], 2005, 3:06
はいど〜も〜あなたの和久サンタです〜(笑)
はい。調子に乗りました

ということで、まず最初に・・・。
《絶対王様》最終話まで読んで下さって誠にありがとうございました
この度無事に最終章まで更新出来たのは温かい皆様のお陰です
本当に感謝×2でございますです

早速ですが・・・まず3話。
この回はサンタ自身、ちょっぴり切ない感じで書きたかったんですよ
虐めっ子松潤が愛情をどう表現していいのか解らず、嫉妬で感情に任せてヒロインを自分の物にしてしまおうと思うんですが根が素直で純粋な松潤はそれが出来ず・・・。
やっとヒロインの気持ちも松潤に動き始めたのに、自分の感情で精一杯な松潤はそれに気が付かないんですな
なんかもどかしい感じを出したかったのと、好きな子ほど虐めたいって感じの松潤が少し成長して一方的な感情では相手を縛れないと・・・相手の気持ちを自分に向けることは出来ないと
知るわけですよ・・・。
まぁそんなんで、3話は若干切ない感じに仕上げてみました。

そして最終話。
HAPPY ENDが大好きなサンタ。
こんな展開しか思いつかず申し訳ない。
それでもやっぱり生みの親として最後は結ばれて欲しい訳ですよ
友情出演の櫻井さん。
ココだけの話。
只今すでに続編を書き始めておりまして、そちらの方で櫻井さんはもう少し多目に出る予定です(笑)櫻井さんファンの皆様もう少しお待ち下さい

そして制作裏話なんですが、このお話はやっぱりタイトルを決めてブラック松潤を全面的に押し出す話が書きたい!!そう思いまして書いた作品なんですが。
書き出したらもう一気に最終話まで書いてしまったお話で・・・。
こんな事滅多にないんですけどね
そして本当は裏サイトを作ろうかなぁ〜なんてブラックサンタの呟きで思ってたわけですよ
そんで続編をその裏サイトで掲載しようかなぁ〜なんて思ってたんですが
サンタのサイトに来て下さる方が引いてしまったらどうしようという恐れもあって辞めました(笑)いつか出来たらイイなぁ〜なんて思ってますけど(密かに)
その時は引かずに付いて来てくれたら嬉しいなぁ〜なんて思います

それではココまで読んで下さった皆様に心を込めて・・・。
ありがとうございました

《絶対王様》1話&2話 

February 10 [Thu], 2005, 16:01
はいはい〜
今回は松潤の長編《絶対王様》でございます
もうタイトル決めた時点でこの話は彼でしか書けない
そう思いました
そして今回のヒロインは先生でございます
禁断の匂いがプンプンしますな(笑)
松潤が生徒じゃ授業にならんでしょ
手取り足取り・・・ハイ。セクハラですね(苦笑)

兎にも角にも1話は悪戯っ子世に憚る的な内容になりました
てか悪戯っ子っていうか鬼畜。。。
まぁ結果的にはサンタの目指す方向に進んでくれたんでOKです(笑)
職員用の下駄箱でのシーン。。。
本来ならばもっとやんわりお話を進める予定でした
けどまぁしょうがないよね〜
健全な男の子だし。。。

第2話では大人な松潤登場でございます
自分で作ってて何なんですけど、2話目の台詞が好きなんです(笑)
やるために彼女が居るんじゃない的な。。。
玄関で無理矢理チューした人の台詞とは思えないですよ(笑)

てかね、サンタは恐らく精神的Mだからこんな男の人大好きなんですよ(何言ってんだ私)
今回は私情挟みまくってお送りしますよ〜(爆)
気合の入れ所間違ってる気がするけど
もう出来上がってるお話なので、続きも良かったら読んでやって下さいまし
それでは今日はこの辺で。。。

さようなら〜

《真実の方程式》 

February 08 [Tue], 2005, 14:12
はいはい・・・。
どうも和久サンタです〜

今回の制作裏話は櫻井さんを主人公にした《真実の方程式》

じゃぁ今回はサンタの小説が出来上がるまでのお話をしようかなぁ〜なんて思うわけですよ
まず今回のお話に限らずなんですが、
小説家さんだったりドリ書く方の中にはプロットと呼ばれるもの立てる方いらっしゃるんじゃないかと思います
しかしサンタの場合、一切プロットなる物を立てません
お話の大まかな筋すら考えません
じゃぁどうやってお話を考えているのかと申しますと・・・。
重要なのがタイトルです
サンタは大概のお話、まずタイトルを打ち込んでそのタイトルに沿ったお話を後から打ち込んで行きます
ですから、書いてる途中でタイトルを忘れることなんか当たり前だし、
気が付いたらタイトルを完全に無視してる場合が多々あります

勿論、今回も例外では無く・・・。
しかも今回の小説に至っては、最初サンタはタイトル打ち込んで
相葉ちゃんが主人公のつもりで書いてたんですよ
気が付いたら相葉ちゃん同級生役で出て来てるし・・・。
主人公の話し方櫻井さん寄りだし・・・
相葉ちゃんの小説を書こうと思ったのも大野さん同様、短編の数が少ないかなぁ〜と思って決めたんですけど・・・何故途中から櫻井さんの話になってしまったんだろう
サンタも不思議でしょうがない・・・。

けどまぁ結果的には櫻井さんで良かったかなぁ?なんて思ってます
だって相葉ちゃんが女の子玄関のドアに押しやって接吻かましまくるなんてしなさそうだし・・・
こういう野獣基、ワイルドな感じは櫻井さんか松潤て感じですよサンタ的には。。。
けど接吻浴びせるようにした割に理性を働かせてる感じが櫻井さんかなぁ?
なんて。。。しかも墓穴掘ってるし・・・。
この辺がヘタレ櫻井出ちゃった感じですか(笑)
けどヘタレてる櫻井さんには無償に親近感湧くのでサンタは結構好きですよ

そんなこんなで今回の短編も読んで下さった全ての方にありがとうございました
そしてお疲れ様でした〜

ネタバレ注意報発令!! 

February 07 [Mon], 2005, 11:37
どうも×2和久サンタでございます

こちらのお部屋は今日から更新でございます
いやいやめでたい

そんで、ここは一体何のお部屋かと申しますと・・・
小説解説部屋でございます
ブログを使ってその日に更新された小説の解説・制作秘話なんかを語っちゃおうかなぁ〜・・・なんて。。。
ですのでネタバレ注意なのでございます
小説をご覧になった際には是非こちらにお越し下さい


早速、本日更新致しました
大ちゃんが主人公の短編小説《今日からずっと・・・》。

このお話は本当何も考えないで書きました
キーボードを叩くその瞬間に任せて出来た感じです☆
何故主人公が大ちゃんだったのか
理由は至って簡単でございます。
大ちゃんの短編が少なかったから。。。
本当それだけなんです
けど散々ですよ。
酔っ払ったヒロインを介抱して、2回もゲロ吐かれて
その挙句に記憶にも留めておいてもらえないなんて・・・
そしてあの言われよう・・・。
もう踏んだり蹴ったりですね

しかしそれでも健気な大野さん
ああいう時、大ちゃん反論しなさそ〜
なんて勝手に思ったりして・・・。
裸で寝ても何もしないってのが私的には大ちゃんかニノかなぁ〜なんてね
アレは大ちゃんなりの誠意ってことで・・・。

まぁ結果的には致してなかった2人ですが、サンタとしてはそっから始まる恋愛も在りなわけですよ。。。
恋愛ってのは軟派だろうが、映画のような在り得ない出逢いだろうが、体から始まろうが
出逢った2人が『運命の出逢い』と言えばそうなんですから
コレ極論でしょうか

そんなこんなで、《今日からずっと・・・》
読んで下さった皆様にありがとうございます
2005年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ジーナ
» 《絶対王様》3話&最終話 (2005年02月12日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:waku_santa
読者になる
Yapme!一覧
読者になる