【 更新情報 】

スポンサードリンク

脇の痛み「胆石」

脇の痛みですが、外傷によるものでない場合に脇に痛みを感じる原因の一つとして胆石が考えられます。

脇に痛みを感じる胆石とは、肝臓から分泌される、胆汁の成分が固まって臓器に溜まってできた胆石です。胆石の出来る場所によって名前が変わり、胆管に出来る物が胆管結石、胆嚢に出来る物を胆嚢結石、肝臓に出来る物を肝内胆石と呼ばれています。

脇に痛みを感じる胆石の症状は、主にみぞおちの痛みや右脇の痛み、そのほかには背中の痛みや張り、腰痛、肩凝り、大量の汗。他に吐き気や嘔吐、胸部の疼痛を起こすそうです。

脇に痛みを感じる胆石の検査は、主に超音波を利用した腹部超音波検査があります。また、胆嚢造影検査方法や、内視鏡を使った逆行性内視鏡的胆道膵管造影検査があります。

脇の痛み「尿管結石」

脇の痛みですが、外傷によるものでない場合に脇に痛みを感じる原因の一つとして尿管結石が考えられます。

脇に痛みを感じる尿管結石の症状としての投稿記事「最近左脇痛がするんですけど、何か病気になってないか心配です。普通に生活してると突然、左脇痛がして内部でチクチクッて感じで痛みます。」

脇に痛みを感じる尿管結石とは尿中のカルシウムやアミノ酸成分等が時間をかけて固まり、結石となるものです。腎臓の中の腎杯という部位に存在する間はほとんど症状が出ませんが、いったん尿の流れにのって尿管に降りてきますと、尿管は狭いためうまく通り抜けられません。尿管が反応性に痙攀を起こし、尿管結石独特の刺すような強い痛みが起こります。この疾患が致死的になることはふつうあり得ませんが、患者さんには死ぬほど痛いのが尿管結石に伴う疼痛発作です。このときに脇が痛む症状を伴う場合があります。

脇に痛みを感じる尿管結石の治療法としては、結石が小さい場合は鎮痛剤を用いて自然排出されるまで経過観察します。結石が大きい場合は、最も負担の少ない治療法の一つである体外衝撃波結石破砕術があります。体外の装置によって造られた衝撃波(音波の一種)を結石にむけて集中させて結石を砕き、砂状にして尿と一緒に体外へと排出させる治療法です。

脇の痛み「肋間神経痛」

脇とは両腕の付け根のすぐ下の所。また、体側と肘(ひじ)との間を指しますね!

脇の痛みですが、外傷によるものでない場合に脇に痛みを感じる原因の一つとして肋間神経痛が考えられます。脇に痛みを感じる肋間神経痛とは、ろっ骨に沿って走る神経が何らかの原因で脇近辺が痛む症状のことですが、その原因は不明なものが多く、中年以降に多く見られるそうです。

脇に痛みを感じる肋間神経痛は、姿勢を変えた時や呼吸するとき、物を持ち上げる時に脇に痛みが現れるのが特徴で、発症している時に咳やくしゃみ等の生理現象から、ちょっとした外部からの力を加えられることで肋骨を骨折する危険性があるそうなので、注意が必要です。

脇に痛みを感じる肋間神経痛で一番多いと考えられる原因として、不自然な姿勢をとった時やまた運動不足・疲労によって神経が骨や筋肉にはさまれて(絞めつけられて)突然起きる原発性ですが、ただしこの脇の痛みが持続する時間は短いそうです。

脇の痛みを緩和させる肋間神経痛の治療として一般的には鎮痛薬を服用したり、患部に湿布を塗布して様子を見ます。長引くようであれば局所麻酔薬を使用して神経をブロックさせます。また東洋医学に代表される鍼治療、低周波治療が有効とされる場合もある。
P R
カテゴリアーカイブ