ワキガは何歳まで?女性と男性の比率はどのくらい?

May 26 [Mon], 2014, 6:01
ワキガは中学生の年齢の頃に発症してにおいが強くなり、
思春期の頃を過ぎると匂いが減少する人も居ます。

そのように一過性の場合もあれば、
大人になってもずっと続く人も居ます。

女性の場合、長い場合には閉経するころまで
続くと言う人も居ます。

これは女性ホルモンが減少するにつれて
アポクリン腺が縮まる為に匂いが少なくなるのです。

ただ、何歳までかと言うのはその人によって
変わってくるので判断は難しいところです。

冬には汗をかくシーンが少なくなるため
匂いはほとんどしないことが多いです。

しかしやはり夏になって気温があがると
汗をかく機会がふえるので匂いが強くなる
シチュエーションが増えます。

ワキガの男女の比率は2:8で、
圧倒的に女性の割合が多いのです。

また時々、左だけや右だけなど片方にだけ
症状の出る人も居るようです。

手術するのも女性のほうが多いそうなのですが、
やはり費用的に高額になりますし、
100%確実に臭わなくなるものではないので
手術はおすすめできません。

私もワキガでこれまでに色んな方法を試してきましたが、
一番効果のあったのは下記のワキガ対策です。
  ↓     ↓     ↓




私の場合、1週間ほどでほとんど臭わなくなりました。

ワキガ対策商品ではダントツの効果があると思いますよ。