希望の雫 しずく

March 13 [Fri], 2009, 14:18
希望の雫とは、008年4月から6月にかけて青森県のひょうの被害を受けたリンゴだけで作られたストレートジュースです。県農村工業農協連合会(JAアオレン)が製造・発売しています。集荷されたひょう害リンゴ約13万箱のうち3万箱で「希望の雫」を生産したそうです。

希望の雫の名前は、被害に遭っても希望を失わず、前向きに生産を続ける農家の意欲的な姿からつけられたそうです。

通常、ジュースの劣化を防ぐため酸化防止剤(ビタミンC)が加えられます。
しかし、風味やあじわいがだいぶ変わってしまうため、希望の雫では「密閉搾り」という独自の製造方法がとられているそうです。そのため生の果肉に近い色や味、香りが楽しめるのだとか。

1ケース(1リットル瓶6本)1980円(税込)

楽天市場のりんごストレートジュース 最安値でも350円ですから……

紅玉の里青森倉石で作ったりんごジュースストレート果汁100% 1リットル

1本あたり330円はりんごのストレートジュースとしてはかなり安いんじゃないでしょうか。

ちょっと飲んでみたいですね。

★りんごストレートジュース 1リットル 楽天市場

★希望の雫 ひょうの被害わけあり りんごストレートジュース

ひょう害ワケあり リンゴ

March 13 [Fri], 2009, 12:48
ひょう害ワケあり リンゴって知ってますか? 食材宅配のオイシックスさんの産直宅配でいま売られているリンゴの名前です。

2008年5月26日。青森県津軽郡 りんごの名産地として有名なこの土地に大粒のひょう(雹)が降りました。
それは史上最悪とも言われるほどの激しい降り方でした。

ちょうどリンゴが実を結んだばかりの時期だったので、ひょうが当たって傷ついたりんごの表面には大きな傷あとが残ってしまいました。

中身はきれいなのに、見た目が悪いためその商品価値は激減。市場では見向きもされなくなってしまったそうです。

引き取り手がつかなくなった、ひょう害リンゴ。
大きな農園がつぶれ、農業をやめる人が続出。

残った生産者さんたちも、
年収は例年の半分以下になり、
肥料を買うお金にも困っているらしいのです。

そんななか、ちょっと見た目は悪いけど、中身はいい食べものを販売し続けていたオイシックスさんでは、
このひょう害ワケありりんごを産地直送で発売することになったそうです。

ひょう害ワケあり リンゴ 約2.5kg……りんご8〜12玉
税込 1,780円 送料無料

ひょう害ワケあり リンゴ 約5kg……りんご12〜16玉
税込 2,980円 送料無料

ひょう害ワケあり リンゴ 約10kg……りんご32〜36玉
税込合計 4,980円 送料無料

1人暮らしなので、私は2.5kgのセットをオーダーしてみました。届くのが楽しみです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wakeariringo
読者になる