デイリー【9月14日】 

2004年09月14日(火) 8時57分
−8:45
NYはほぼ変わらずでしたが、テクニカル的には上値の限界まで来ていますよね。
週間市況で書いたとおり日経225ももみ合う展開になりそうです。
目先に強気になれない人は(私も含めて)、今日あたりから徐々にポジションを軽くしていって、あとは仕手っぽい銘柄で遊ぶ程度ですよね。
中長期投資は、この後の下げで押し目買い出来るよう準備します。
冷静に考えて9月は難しい月なんですからね。
下げに備えてテーマを変えて行きます。逆行高しそうなもの。
1662石油資源とか、4772デジアドとか・・・

−11:40
日経225は11300円がやはり厚い壁となりそうです。
急落はしないものの、ここ数日上がっていた銘柄は調整色が強まりそうです。
値嵩ハイテク株など、物色の対象も移りつつありますね。
この局面では引き続き1662石油資源、4772デジアドあたりのスイングトレードを狙ってみます。
2763FTコムは一服ですね。チャートはまだ崩れていません。

−16:30
4772デジアド、ICFのあおりを完全に受けてしまいましたね。
実はお金が繋がっているという話。。。
デジアド、ICFは極端でしたが、店頭株は今日はきつい下げでした。

さて、気付いていますか?
ジャスダックの外国人投資動向が、9月第1週で9週間ぶりの買い越しに転じたことを。
今日は全体的に叩かれましたが、信用残が軽くなればいよいよ店頭株が主役になりそうな気配。
完全に出遅れてますからね。

デイリー【9月13日】 

2004年09月14日(火) 1時38分
−9:10
おはようございます。今日はとりあえずテクニカルリバウンド。
極端な強気はNG。以前から書いていますように、中長期で欲しい銘柄の安いところだけ拾いましょう。
週後半には、来週の市場環境の悪さが意識されると思います。
2763FTコム、言うことなしですね。

年初来高値を更新した5480日本冶金工に注目。

−13:50
2763FTコム、再び年初来高値を更新です。
ここで高値を更新した意味は大きいですね。

銘柄【Week 9/13】そのA 

2004年09月13日(月) 1時36分
エム・ピー・テクノロジーズ (3734):9/4から注目
底値圏であること、業績・財務良好であることに着目しています。
あまり買い急ぐ必要は無く、押し目買いに徹すればいいでしょうか。
  
ネットワンシステムズ (7518):9/4から注目
癖の悪い難しい銘柄ですが・・・。外資が手がけているという噂あり。

日本冶金工業 (5480) :★9/13から新規
鉄鋼は熱いですよね。外国人も買っている模様ですが。

石油資源開発 (1662) :★9/13から新規
9月末に子会社上場の噂あります。真偽は別として、噂が出ているというわけですから・・・。
原油はテーマですから、業績も悪くは無いでしょう。

アセット・インベスターズ (3121) :★9/13から新規
本日引け後、第三者割当増資を発表しました。
株価が400円前後だったころ、とある有力筋から「800円を目指す展開になるだろう」と耳打ちされていたのですが・・・。ここ最近の動き&割当増資で現実味が帯びてきましたね。

市況【Week 9/13】 

2004年09月13日(月) 1時24分
先週後半の機械受注及びGDP改訂値が市場予想より遥かに弱かったため、先週末はその悪材料を織り込む展開となった。
これら指標に関して、国内エコノミストは「個別指標を見るとそれほど悪くは無い」と語る者が多いものの、相場を支える
外国人投資家には良い印象を与えないだろう。そして上値突破には外国人買いは欠かせないのである。

日経225は11000円をサポートラインとしたことから、テクニカルリバウンドにより今週前半はそこそこ堅調であることが予想される。
しかしながら、週後半になると、翌週の休日の多さ・ファンド中間決算による利益確定など市場環境の悪化が
意識される可能性が高いと考える。
恐らく、今週は11000円−11300円のもみ合いから、後半は11000円前後を挟む展開になるのではないか。
その後11000円割れの展開から、10月にかけて11600円トライ、その後更に調整という展開を予測する。

銘柄【Week 9/13】その@ 

2004年09月12日(日) 1時30分
■スイングトレード&中長期投資 注目銘柄
エフティコミュニケーションズ (2763):8/27から注目。
年初来高値777000円を抜いて、大相場になりつつありますね。
短期でも十分に取れましょうが、中長期での資産株に出世してくれるかもしれません。
複数のファンドに設定されています。

サミー (6426):8/20から注目。
10月1日にセガと統合(共同持ち株会社)。
統合相場に期待しましょう。
セガとの統合比率が1対0.28であるため、セガロング×サミーショートのアービトラージが入るものの、結果としてサミーの需給を良化させています。

ワークスアプリケーションズ (4329):9/4から注目
底値圏でのもみあい続きますね。ここは業績が大化けする”かも”ということで注目しています。コンサルティング業への移行が業績の大幅悪化を招いた前期の反省を生かし、本来のビジネスモデルへの修正を急いでいるようです。ファンド設定、多数。

エスケーエレクトロニクス (6677):8/19から注目
液晶画面用のフォトマスクにて ニッチトップ企業。9月末に3分割。
1050000円の買い板は一体何でしょうね?仕手性がありますから、突然吹き上がることがあるでしょう。とはいえ、中長期でもいけそう。

パシフィックマネジメント (8902):9/4から注目
業績良好・割安銘柄の不動産ファンド。中長期投資で。
不動産ファンドビジネスは、「不良債権の買い叩き」から「再生・バリューアップ」のフェーズに移行しました。物件の収益性は極端に2極化しています。このように市場の質は変化していますが、その規模はまだ拡大フェーズであると捉えています。

デジタルアドベンチャー (4772) :9/2から注目
目先は仕手化してますので、短期割り切りで。中長期でも狙えなくはないです。

市況【Week 9/6】 

2004年09月05日(日) 1時25分
恒例(?)のインテルショックで心配されたNY市場だったものの、
堅調な雇用統計がインテルショックを帳消し。 30ポイント程度の下げなら実質は上昇。

米国雇用統計がしっかりしたということは アメリカ経済の先行きがやや楽観的になったと同時に、
利上げもスケジュール通り行われるということ。
NYも目先しっかりするものの、上昇新波動に乗るのは難しいだろう。

これにて日経も10月にかけて11600円−700円近辺まで上昇し、 もみあう可能性が高くなってきた。
その後の上昇は更なる材料が必要だが、 テクニカル的にはそこから10500円近辺まで下がったほうが綺麗。

日経のテクニカル面では10月高値、 また、大統領選が11月ということで、やはり10月くらいまでは堅調であることを
予測できる。
その後は、上述した利上げの進行、更に恐らく原油高の復活などから 下落する可能性が大きい。
大統領選間際になればテロへのリスクも台頭するだろう。

以上より、10月半ばくらいまでは強気勝負。
11600円ー700円近辺の高値もみ合い時は天井を示唆するため、
その際は躊躇せずキャッシュ100%。
2004年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wakabu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる