実習船りあす丸、ハワイへ マグロはえ縄漁を経験

January 26 [Wed], 2011, 13:30
県内水産高校の共同実習船りあす丸(畑川秀雄船長、499トン)は24日、宮古市の藤原埠頭(ふとう)を出港した。同市の宮古水産高海洋技術科2年生13人と同校専攻科漁業科1年生8人、久慈市の久慈東高総合学科2年生4人が乗船。生徒は約2カ月間の航海で、ハワイ南西海域でのマグロはえ縄漁実習などを通して海の仕事を学ぶ。


 出港式には両校の実習生のほか、父母や同級生らが出席。見送る宮古水産高の金野仁校長が「船酔いなどつらいこともあるだろうが、乗船実習は貴重な体験で大きな感動を得られるはず。自信と達成感を胸に帰ってきてほしい」と激励した。

 同校の井戸端愛莉(えり)生徒会長(食物科2年)は「今まで学んできたことを生かし、成長して帰ってきてください」と呼び掛けた。実習生を代表して同校の田代義紀君(海洋技術科2年)は「規律や責任、協力の大切さを学んできたい」と決意を述べた。

 同級生や父母らは岸壁に集まって紙テープを船上に投げ込み、船が離れていくと大きく手を振って見送った。

 りあす丸はハワイ南西海域の漁場でマグロはえ縄漁実習を経験し、3月18日に宮古市に戻る予定。唯一の女子実習生となった宮古水産高の吉家さゆりさん(海洋技術科2年)は「船へのあこがれがあった。男子生徒に負けないよう頑張りたい」と語った。


seo 青森
ともん
不動産情報
青森中古車センター
青森
http://waka1204061.blog15.fc2.com/
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/waka1204061/index1_0.rdf